こども神話

2013年06月03日

子ども神話  ■ その 1 ■


こども神話が体感治安を悪化させる


               次の記事 : 子ども神話  ■ その 2 ■











有害情報規制に反対する人々の言い分に、

  「子どもによる犯罪、子どもに対する犯罪は
  減少し続けている。
  それをあたかも最近になって増加したように
  報道するマスコミに、一般大衆はだまされている」


というものがある。

マスコミによる煽りのせいで、体感治安が
一人歩きしているとして、こんな記事も出ている。
  (記事全文を引用したブログ。元記事は削除済み)


クローズアップ岡山:“子どもたちが危ない”…数字的には「?」 /岡山
 
◇「人を見たら不審者と思え」の風潮 お互い疑心暗鬼に

 昨年9月、「県犯罪のない安全・安心まちづくり条例」が施行された。
中でも重点課題は「子どもの安全」だ。各地で防犯パトロールが行われ、
県警は不審者情報のメール配信を始めた。だが、子どもたちは本当に
危険にさらされているのだろうか。【石戸諭】

◇信頼感育てることこそ

 「子どもたちが危ない」と言われる。条例制定に当たり提出された
検討委員会の最終報告でも、冒頭に挙げられたのが「幼い子どもが
犠牲になる凶悪事件の続発」だった。

 県によれば6月段階で、PTAなど516もの団体が通学路の
見回りなどの自主パトロール活動を行っている。
06年に県警に寄せられた不審者情報は965件で、
05年の542件から大きく増えた。県警は情報をホームページで
公開するだけでなく、8月からは携帯メールでも配信している。
目撃情報や事案の概要、発生場所の地図も添え、
1000人以上の県民が登録済みという。

 しかし、人口動態統計によると、0~9歳の子どもの死因で
「他殺」は85年の212人に対し、05年は69人。
約20年で3分の1に減った。県内でも85年の3人から0人に減少。
不慮の溺(でき)死(5人)や窒息(7人)に比べても少なく、
10代まで範囲を広げても他殺はない。子どもたちの安全環境は
必ずしも悪くなったとは言えないようだ。


 実は数字と人々の治安悪化感情にはズレがあるという。
前出の検討委員を務めた保育サポートNPO「あい・あい」の
中島久美子理事長は「数字上の事件は減ったかもしれない。
しかし、母親たちはテレビなどで報道される凶悪事件を、
他人事ではないと受け取めてしまう。誰がパトロールを
しているのかが分かっていないと、防犯活動すら
信用できなくなっている」と話す。

 治安・犯罪問題に詳しい社会学者の芹沢一也氏は
「治安悪化は根拠がない」と断言する。にもかかわらず、
危険な行動をする子どもに注意しようとした大人が
不審者扱いされたり、知的障害者施設が「不審者ではありません」
と訴える小冊子を作成せざるを得なくなったケースもあるという。
その結果、「近隣で気軽に声を掛け合う地域を目指しながら、
まったく反対の効果を生み出している」と芹沢氏はいう。

 実際にはほとんど発生していない凶悪事件対策よりも、
芹沢氏が指摘する「本当の安心とは、危険や困難に直面した際、
自治体や地域で支えるという信頼感」を育てることが
必要なのではないだろうか。

毎日新聞 2007年8月24日



しかし、それは大衆の原像を繰り込んでいない
一面的なものの見方であると考える。

必要なのは、90年代以降から徐々に浸透していった

  「こどもは純粋無垢で守られるべき存在」

という大人社会のまなざしが、犯罪一件一件の
重みを肥大させていった結果、犯罪件数は
減少しても総量として体感治安は悪化しているという
現象を招いている、という視点である。

当稿では、80年代に顕在化した教育問題の表面化に続く、
90年代以降の子どもの人権尊重傾向を根拠に、
体感治安の悪化の正当性を論証するものである。




「問題が表面化した80年代」

校内暴力・・・・・・・70年代後半から80年代前半にかけて頻発。
           文部省がはじめて全国調査を行った82年が
           ピークであったと思われる。

いじめ・・・・・・・・・校内暴力と入れ替わるようにして顕在化。
            発端となったのは、
            86年の中野富士見中学いじめ自殺事件から。

登校拒否・・・・・・・戦後の貧困期以降長欠率は降下しつづけてたが、
           80年代あたりから上昇に転じる。

校則問題・・・・・・・校内暴力対策として明示化・規範化が進行した。
           しかし、行き過ぎに批判が続出。85年の日弁連報告、
            86年の臨教審答申などが校則の
           形式化・硬直化を訴えたのが代表例。

他に、戸塚ヨットスクール事件 (83年) など体罰問題。

管理教育批判が頂点に達したのは90年の神戸校門圧死事件。

事件が起こった神戸高塚高校は管理教育・
生徒指導推進校として高い評価を得ていたが、
行き過ぎた指導への批判が全国的な議論となり、
管理教育の大きな転換点となった。

このように、80年代末の教育状況は混迷を極めていたが、
行き過ぎた管理教育に代わる処方箋として、
校門圧死事件と入れ替わるように登場したのが、
「こどもの権利条約」 である。

89年に国連が採択し、日本が批准したのは94年だが、
90年にシンポジウムが開かれ、世論が形成されつつあった。

この条約の登場を機に、こどもは管理・教育される存在から
権利を持った主体へとして扱われて行くようになる。



「子供の人権・自由を尊重した90年代以降」

偏差値追放・・・・・・・・92年、埼玉県教委が先陣をきり、文部省も追従。
             93年の文部省高校教育改革推進会議で
             文部省方針が明確化された。  

指導要録公開・・・・・・93年、評価の公平化・客観化を目指し、
              川崎市教育委員会が全面開示を決定。

ゆとり教育・・・・・・・・96年、文部省・中教審にて、ゆとりを重視した
             学習指導要領を導入。
             99年に改正され、2002年から実施された。
             実施項目は、学習内容・授業時数の削減、
             完全学校週5日制の実施、
             「総合的な学習の時間」の新設、 「絶対評価」の導入。



               次の記事 : 子ども神話  ■ その 2 ■









トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 01:30|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

子ども神話  ■ その 2 ■


こども神話が体感治安を悪化させる


       前の記事 : 子ども神話  ■ その 1 ■   次の記事 : 子ども神話  ■ その 3 ■








その他、子どもの人権重視の象徴として、
90年代後半のブルセラ援交問題、酒鬼薔薇事件
2000年のバトルロワイアル規制問題をめぐる
各言論状況を述べておきたい。

ブルセラ援交に関しては、宮台真司が
旧来の倫理主義的言説は無効と切り捨て、
むしろ時代性の現れであるとの認識から、
社会システムをその変化に対応させるべきという主張を行い、
少女の自己決定権を肯定したとして脚光を浴び、
オピニオンリーダーと目された。



2008/8/4 追記

小浜逸郎は著書 「いまどきの思想、ここが問題」 (PHP研究所) の
「『コギャル・ブルセラ・援助交際』論を読む」 の中で、
女子高生売春を由々しき問題として浮かび上がらせた原因として、

  ①売春防止法以前も以降も、10代の売春少女は存在していたが、
   「女子高生」 が珍しかった時代からすべての10代少女が
   「女子高生」 と呼ばれる時代となり、プロとアマの境界が
   取り払われたことで、「普通の子」 と 「普通でない子 (売春少女)」
   とを識別する社会的指標が消滅した。

  ②「売春-買春は悪である」 という考えが市民権を獲得
    しはじめたのは、社会構造が大きく変化したここ数十年のことである。
    「人間は等しく個の尊厳を持つ存在として認められるべきだ」 
    という近代の原理 (タテマエ) が、市民社会の確立と
    安定の過程を通して、それなりに浸透し定着していったところに
    うまれた価値観の一つに過ぎない。


すなわち、女子高生の性モラルが低下したのではなく、
それらに対する社会のまなざしのありようが変化したのであると
指摘している。




また、97年におきた酒鬼薔薇事件では、
個人の異常性の問題であるという主張の一方で、
社会・教育・環境に問題を帰結させようとする
言論も多く見られた。

象徴的なのは当時の文部大臣小杉隆の
「心の教育」 提唱で、要するに教育に責任が
あったと反省の弁を述べたものであり、それと連動して
「子どもと話そうキャンペーン」 なども展開されたが、
これはまさに 「子どもは純粋無垢で守られる存在」
という当時の社会意識が、猟奇殺人犯である
14歳の少年にも適用されていたということがわかる好例である。

2000年には、バトルロワイアル問題が持ち上がった。
中学生が一クラス42人で殺しあうという過激なストーリーが
国会で取り上げられるなどして話題を呼び、
R15に指定されたことにより、民主党議員石井紘基と
監督・深作欣二の直接討論を頂点に、議論が各所で展開された。

PG12やR15指定が何の話題にもならなくなった昨今だが、
「子供同士が殺しあう映画だからこそ子どもに見せたい」
などという倒錯した議論が大手を振ってまかり通っていた
当時の言論状況が、いかに時代を反映していたかという点は、
記憶にとどめておく必要があるだろう。

「子どもは純真無垢で守られるべき存在」 という
社会認識が圧倒的に主流をしめる決定打となったのが
2001年の附属池田小事件である。

この事件以降、学校のセキュリティは強化が進み、
従来は地域に向けて開かれっぱなしだった校門も
施錠が常態化され、訪問する保護者も氏名記帳の上
名札を着用しないと校内も歩けないという状況をもたらした。

余談だが、俺は小学校を卒業してから大分立って、
初日の出をみるために明け方の母校に忍び込み、
屋上に上がって小一時間ほど東の空を眺めていたという
経験が一度ならずある。それを思うと隔世の感がある。


       前の記事 : 子ども神話  ■ その 1 ■   次の記事 : 子ども神話  ■ その 3 ■






トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 01:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

子ども神話  ■ その 3 ■


こども神話が体感治安を悪化させる



       前の記事 : 子ども神話  ■ その 2 ■







長崎男児誘拐殺人事件 (2003年)

この事件の影響で、地域住民が治安保持のために
防犯パトロールを組織する動きが各地で見られ始め、、
その数は2003年末から一年半で4倍以上に膨れ上がった。(PDF)

しかし、その動きと逆行するように、小学生が殺害される事件が
センセーショナルにマスコミを賑わせることになる。

高崎小1女児殺害事件 (2004年)
奈良小1女児殺害事件 (2004年)
広島小1女児殺害事件 (2005年)
栃木小1女児殺害事件 (2005年)
宇治学習塾小6女児殺害事件 (2005年)

特に奈良小1女児殺害事件では、被害児童が
GPS携帯を所持していたにも関らず犯行が起こったということで、
子どもの安全に対する危機感を増大させた。

また、犯人が小児性愛者であったことも取りざたされ、
宮崎勤事件に続き、オタク・ロリコンへの偏見を
大いに助長する結果となった。

また、2006年におきた滋賀県長浜市園児殺害事件は、
児童保護のための送迎中に、保護者である
中国人女性が園児2名を殺害したとして、
地域の防犯活動すら信じられなくなるというような
衝撃をもたらす結果となった。

時代が前後するが、長崎小6女児同級生殺害事件 (2004年) で、
メディアの影響 (カッターナイフを使ったテレビドラマ、バトロワ) や
インターネット上のトラブルが一因となったという報道が、
社会に与えたそれら媒体に対するネガティブイメージは
少なからぬものが有るだろう。

このように、80年代の管理教育の反省から始まった
「子どもは純粋無垢であり守られるべき存在」 という
社会意識は年々浸透・拡大し、子どもに対するセキュリティの強化を
親たちに促したにも関らず、それをあざ笑うかのように
児童殺害事件がマスコミに大きく取り上げられたのでは、
治安が悪化したという体感を親たちが持つのは
致し方ないといえるだろう。


嬰児殺数と児童虐待数の推移に関しても
述べておきたい。

嬰児殺件数は減少傾向であるのに対し、

児童虐待件数は異常な勢いで伸びていることがわかる。

これは、児童の虐待に対する社会意識が高まり、
潜在化から表面化へと推移している結果であると取れる。

こちらは2000年に愛知県の医師から取ったアンケートだが、
児童虐待の通告義務を、なんと47%の医師が知らなかったという。

児童虐待の内訳で、「心理的虐待」 「育児放棄」 が
半数近くを占めているという各種結果
にも注目すべきだろう。

また、児童虐待の相談件数統計が1990年から始まっているという
事実は、当稿の主張を裏付けるものであるといえる。


       前の記事 : 子ども神話  ■ その 2 ■







トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)