2014年09月13日

警察の強権捜査の問題 - 警察に無邪気な信頼を寄せる規制反対派









         







冤罪以外の反対理由について : 
     
      警察の強権捜査の問題 :

        警察に無邪気な信頼を寄せる規制反対派



規制反対派はしばしば、単純所持規制が導入されれば、
警察の捜査権限が拡大し、その結果

  「警察が強権的捜査を始める」
    「国民生活を合法的に監視するようになる」
     「ほとんどの家庭が捜査対象になる」
      「国民のパソコンを片っ端から家宅捜索して、
        児童ポルノっぽいものが発見されたら逮捕する」

   「麻薬と違って児童ポルノは所持のでっち上げも簡単」

などと不安を煽って支持を集めようとします。

なんで警察がそんなことをするのかというと、

 ①検閲国家、統制国家の実現という陰謀
  ②権力に都合の悪い人間を社会的に抹殺する
   ③別件逮捕等に悪用して、捜査しやすくする
     ④警察官の点数稼ぎ

などの動機が挙げられるようです。

この動機の推察にもそれぞれ突っ込みどころがあるわけですが、
それはさておき、私が真っ先に疑問に思う事は、

  なんで警察は単純所持規制が実現するまで、
    強権的捜査をしないで大人しく待っているのか?


という事です。

児童ポルノ法で言えば、目的所持罪というものがあります。
提供や頒布目的で所持していれば違法になるのは
児ポ法制定時からずっとで、すでに15年近く経過しています。

規制反対派の予測が正しければ、今でも警察がその気になれば、

  各家庭を片っ端から家宅捜査する
    ↓
  児童ポルノっぽいものを発見する
   もしくは証拠をでっち上げる
    ↓
  「販売目的で所持してたんだろ!?」
    といいがかりをつける
    ↓
  自白を強制する


といった手順を踏むことは可能なはずですし、
証拠のでっち上げや自白強要は他の事件で
すでに何度かやっていた事実が明らかになっています。

もし児童ポルノ法でそんなことが簡単にできるのなら、
単純所持規制に反対する前に、
今すぐ提供や頒布目的の所持罪に猛反対して
廃案に持ち込ませなければなりません。
しかしなぜか、規制反対派はそのような動きを
ほとんど見せようとしません。
少なくとも、単純所持規制や創作物規制のような、
積極的な反対運動をやった形跡は見られません。

なぜか規制反対派は

   単純所持が違法化されるまで、
      警察は律儀に法と国民を守ってくれる


と無根拠に信じきっているようなのです。

自分たちの権力拡大の為に国民生活を不安に陥れようと企む程の
悪徳警察に対して、無邪気な信頼を寄せているのです。
これは、どう見ても論理矛盾であり、
規制反対派の浅知恵が見事に露呈しているとしか
言いようがありません。



単純所持規制が実現しようとしまいと、
警察は以前から強権的な捜査をしばしばやってきました。
私は過去の議論で、対案として何度か、
それは刑事訴訟法で解決すべき問題だ、という主張を行いました。

しかし本音を言うと、冤罪や強権的捜査を理由に
警察の手足を縛りつける事には疑問を感じています。

逆に言うと、警察が強権的に職務を遂行しようとするのには、
やむを得ない事情があると考えています。

なぜなら、警察は基本的 ・ 日常的に
  DQN を相手に仕事をしているからです。

接客業などでDQNの理不尽さに触れた事のある方なら
ある程度は分かっていただけるかと思いますが、
ああいう連中に常識は通用しませんし、
低姿勢で接していたら調子に乗ってつけあがるだけです。

ゆえに、相手に対し恫喝や罵声を浴びせてでも
精神的な威圧を加える必要があります。
この手法は、DQNではない一般人の犯罪者の中で、
しらばっくれて罪を逃れようとする者に対しても効果を発揮します。

その高圧的な態度が、無実の一般市民に向かうとしたら
これは確かに悲劇です。しかしその裏で、同様の手法により
何千人もの犯罪者の摘発や逮捕に成功してもいるのです。

 「たとえ1000人の真犯人を逃すとも、
  ただ一人の無辜の市民を刑することなかれ」


というのは確かに美しい言葉ですが、
治安維持を犠牲にしてまで、推定無罪の原則に殉じようと
本気で覚悟を決めれる国民がどれほどいるというのでしょうか?

そういった構造的な問題にどれだけ真剣に向き合えるかという
我々の姿勢と現実認識が問われているのあって、
警察の手足を縛っておいて 「やることはやれ」 などと無い物ねだりするような
無責任な物言いは、現実を無視したフィクション以下の虚言として
唾棄されるべきなのです。



                 (2014/10/18 entry)

         







トップページに移動




























captain_nemo_1982 at 18:00│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔