2014年09月13日

検証 ・ 海外の冤罪事例  授乳写真事件 1









         






冤罪が起きやすいという反対理由について : 
     
    単純所持規制をやってる外国では冤罪が多発してるけど? :

        検証 ・ 海外の冤罪事例  授乳写真事件 1


児童ポルノ等関連事件(海外) | AFEE エンターテイメント表現の自由の会
      (web 魚拓)

我が子への授乳写真は児童ポルノ?

  2003年 アメリカ 児童ポルノ 不起訴処分

ジャクリーン・メルカド Jacqueline Mercado(母)
ジョニー・フェルナンデス Johnny Fernandez(未婚の父)
ロドリゴ (1歳児、息子)
パブリッツォ (4歳児、前夫の息子)


2002年11月テキサス、我が子ロドリゴとフェルナンデスの
入浴中の写真を現像に出す。
ドラッグストアに現像に出したところロドリゴへの
授乳写真が児童ポルノだと店員に通報される。
テキサスの検察官はそれを重大な児童ポルノとみなし
最大20年の懲役刑を求刑、息子のロドリゴとパブリッツォは
児童養護施設に送られてしまう。

Suzacu Late Show
米国】我が子への授乳写真は児童ポルノ? その1
      (web 魚拓)
米国】我が子への授乳写真は児童ポルノ? その2
      (web 魚拓)



詳細はリンク先ブログ内の記事翻訳をご覧ください。
長いですが、読み応えがあって面白いです。

この事件は文化背景の違いが生んだ悲劇の典型例です。
アメリカは児童への性虐待は勿論ですが、
一般に性的禁忌が強い国です。欧州と比べても、です。

アメリカ市民が授乳写真に過剰な反応を示す、というのは、
たとえば 「となりのトトロ」 の親子入浴シーンがしばしば問題視される、
という有名な事例を見ても、十分ありえる話であるのは明らかです。
ただの授乳ではなく、写真を撮っているわけですから。

いくらペルーでは普通の事でも、
アメリカで授乳写真を撮るだけならともかく、
ドラッグストアにプリントに出してしまうのはかなり危険です。

児童ポルノ所持規制は、それ自体が罪である以上に、
その背後にある児童性虐待を発見する手段として正当化されており
特にDPEコーナーやパソコン修理業者は、
児童虐待の第一発見者としての役割を大いに期待され、
過去に数々の成果をあげてもいるのです。

そして、児ポ法違反の嫌疑がかかったら安全策を取る意味で、
児童虐待の可能性を徹底的に潰しておく必要があります。
いくら子供の親たちが我が子を返してと泣き叫んでも、
簡単に同情を寄せて、返してしまうわけにはいけません。

親に虐待の意識が薄い児童虐待、
  
    というのは珍しい事例ではないからです。


甘い事を言っていたら、取り返しのつかない事態を
引き起こすかもしれないので、そこは形式に沿って
きっちり型にはめておく必要があるのです。


さて、翻訳記事は全体として警察や児童保護局の対応に
批判的なトーンで書かれています。
私はアメリカの警察や司法行政は、良くも悪くも
いい加減でテキトーなんだというイメージを抱いていましたが、
この記事を読んで、ラフな中にも民主的な統制がしっかりと
織り込まれているんだとちょっと感心してしまいました。


以降、記事中から気になる部分をピックアップして
コメントを述べていきたいと思います。



問題の写真フィルムはメルカード一家が
長年撮り続けてきた家族写真の一部だった。
写真に映っているジョニー・フェルナンデスは
メルカードの恋人である。

フェルナンデスは実父じゃないんですね。
「母親の恋人」 「義父」 っていうのは、日本の虐待事件でも
しばしば登場しますし、アメリカでも警戒されるんでしょう。

入浴時の子供たちを撮影した写真は6枚あった。
フェルナンデスは無邪気に裸ではしゃいでいる
子供たちの写真を数枚撮っている。

これだけでもかなりヤバい匂いがしますけど・・・・

そのうちの一枚が特にメルカードとフェルナンデスの
刑務所行きの恐怖の原因になっている。
ロドリゴがメルカードの左の乳房を咥えている写真だ。

子どもの裸よりもヤバい写真だったようです。
記事本文には 「問題の授乳写真のイメージ」 が
掲載されてますが、当該写真を加工した物かどうかはわかりません。

後日メルカードがフィルムを現像に出したとき、
写真技師はフィルムの画像を見て疑惑を抱き
警察に通報した。テキサス州法においては
このようなケースでは電話による通報だけでは不充分で、
警察官に直接接触して報告する必要がある。

という事は、通報する方にもそれなりの覚悟と責任が
必要になってくるという事で、いいことだと思います。

問題の写真が性的行為あるいは性欲を刺激するものであるとの
警察の主張を裏付ける証拠は何もなかった―当の写真以外には。

ちょっと何を言いたいのかわからないですね。
写真に何が映ってるかが問題になってるんだから、
当の写真だけで判断すれば十分だと思いますが。

嫌疑の中心はたった一枚の授乳写真である。
フェルナンデスとメルカードは子供の成長の一段階の記念として
撮影したと主張している。

もちろん彼らは本心で言ってるのでしょう。
アメリカ社会に受け入れられるかどうかは別にして。

アンドリュー・チャタム (メルカードとフェルナンデスの主任弁護士) は
「警察と検察によるこれ以上に明白な職権乱用の事例は
想像することすら困難だ」 と語る。

メルカードやフェルナンデスがそう言うならわかりますが、
アメリカで法曹資格を取得してそれなりに実務もこなして
アメリカの警察官のエグさを目の当たりにしてるだろう
弁護士がそんなウブなことを言って貰っちゃ困ります。

まあ、マスコミ向けにアピールしてるんでしょうけどね。
チャタム弁護士はこの後もバカ言動を連発します。

児童保護局は母親から子供たちの養育権を剥奪し、
家裁の判事に子供たちを児童養護施設に預けるように進言した。

ケースワーカーの作成した記録文書によれば、
監督官は写真に映っている内容だけを根拠にして
「子供たちを両親から引き離す必要がある」 と判断したという。

児童保護のプロである監督官がそう判断したんだから、
写真にそう思わせるだけの性的要素があったのでしょう。

今年3月にダラス地検のビル・ヒル検事は、本件の起訴を取り下げる決定を下した。

「この事件には灰色の部分がある。しかし犯罪として立件するには不充分である」

警察官による逮捕案件を起訴するかしないかは、
検察官のチェックを通るか通らないかによります。
なんでもかんでも立件してるわけじゃなく、
ここで歯止めがかかっているわけです。

しかし児童保護局は依然として
子供たちの隔離・保護を続行している。
法律家が子供たちを家に戻すべきだと主張しているにもかかわらず
児童保護局の考えは変わっていない。

犯罪として立件できないとはいえ、灰色の部分があるなら、
簡単に子供を親元に帰してはいけないという判断は、
厳しいかもしれませんが不当とまでは言えません。
家に帰せと主張している法律家が、
何を根拠にこんな事を言ってるのかと思いきや・・・・・

最新の法令によれば、両親が児童保護局の定めた
すべての条件を満たさない限り児童の解放は
認められないと規定されている。

児童保護局は、粛々と法の通りに
仕事をしているというだけの話のようです。

ひょっとして、この法律家ってのは
チャタムさん (メルカードとフェルナンデスの弁護士) なんでしょうか?

「どうして連中は私が自分の子供たちと一緒に
生活する事を非難するんだ?」 とフェルナンデス。
新天地のテキサスでいきなり不運に見舞われた
35歳の痩せ気味の男はペルーでは病院の技師として働いていた。

「俺たちじゃダメだとなんで責めたてるんだ?」

フェルナンデスの善意を疑うわけじゃないですが、
こういう記事の書き方には恣意を感じてしまいます。
子どもと一緒に生活することを非難してるんじゃなくて、
虐待を疑われるような行為が非難されてるんだ、と
この記者は教えてあげるべきです。

リチャードソン教会の牧師で
ペルーで生まれ育ったビクター・イエーガー師は
弁護側の証人として証言する用意があり
文化的な誤解が存在することを示したいと語った。

「私のいとこが (授乳されている) 赤ん坊の写真を
送ってきたことがある。何でそんな写真を彼女が
送ってきたのかアメリカ人は理解できないだろう。」

アメリカ人は理解できない、という事は理解できているようです。
ならアメリカで生活する以上、授乳写真は受け入れられない、
と認めるべきでしょう。

多くの時代を通じて授乳のイメージは性的逸脱行為というよりは
芸術的なものと見なされてきたとチャタムは語る。

現代じゃ、母乳もののAVなんて普通にあります。
芸術的というより、劣情を催させる類のやつが。

「この絵を見てくれ」 とチャタムはオランダの巨匠ヤン・ファン・エイクが
1436年に制作した ”ルッカの聖母子” を示した。

ちょっとチャタムさん、日本の規制反対派じゃないんだから、
こういうバカで粗雑な一般化は止めてください。
とこんなところで私が言っても詮無い話ですが、
600年近く前の芸術絵画と児童ポルノまがいの写真を
いっしょくたにしてどうするんですか?

「私の義妹は大学で美術を専攻している。
この絵について彼女に尋ねたら
『アンドリュー、幼児への授乳を描いた絵は
何千枚もあるのよ。こういった絵は世界中の
権威ある美術館の大広間に展示されているの』」

そうじゃなくて、児童ポルノと疑われかねない
授乳写真が展示されてる権威ある美術館が
いくつあるのかって聞くべきでしょう?

本年2月、チャタムは起訴状が
棄却/取下げられるべきとする理由を
示す陳述書の草案を練っていた。

添付書類にはルッカの聖母子を使用していた。

なんとチャタムさん、ただマスコミ向けに言ったんじゃなく、
本気でルッカの聖母子うんぬんの与太話で
裁判を闘おうとしていたわけですね?
まあ、陪審裁判ならそんなんでも通用するのかも知れませんが。



                 (2014/10/11 entry)

         






トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 19:45│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔