2014年09月13日

検証 ・ 海外の冤罪事例  フリードマン事件 2









         







冤罪が起きやすいという反対理由について : 
     
    単純所持規制をやってる外国では冤罪が多発してるけど? :

        検証 ・ 海外の冤罪事例  フリードマン事件 2



フリードマン事件、特に当時18歳だったジェシーの
有罪判決に関しては、2010年に再調査が行われ、
3年かけて172ページの報告書が作成されました。

調査を担当したナッソー郡の州検察官キャサリーン・ライスは、

 「間違った判決は徐々に公安をむしばみ、
   司法制度に大きな脅威をもたらします。
  もし真実が我々をその場所 (無実) に導いたのなら、
   フリードマン氏の身の証を立てる用意が
      我々には完全にできています。」

と前置きしたうえで、

 「どのような公平な分析によっても、
  調査はジェシーが性犯罪者であるという
   有罪判決の信頼性を増やすだけでした。」

と断言しました。


Jesse Friedman is 100% guilty of sexually abusing children, reinvestigation by Nassau County district attorney concludes - NY Daily News
 (ジェシー・フリードマンは、子供への性的虐待事件で100%有罪である、
   とナッソー郡地方検事による再調査は結論します)
      (web 魚拓)




映画の公開の影響で支持者を得たジェシーは、
出所後に控訴審を戦いましたが、有罪判決は覆りませんでした。

しかし控訴裁判所は、

 「ジェシー・フリードマンの有罪判決に対し、
   不当であったという合理的な見込みがある」

として、映画で取り上げられたいくつかの主張を
採用しました。

ライスの報告書は、それに対して反論しています。

警察は積極的に子供たちに誘導尋問し、
   子どもが虐待を否定すると、それをはねつけた。


<< ライスの報告書による反論 >>
 全般的に、警察は誘導尋問をしていない。


フリードマン逮捕以前、彼のクラスの子供たちは、
   誰も虐待を受けた兆候を示していない。


<< ライスの報告書による反論 >>
虐待の兆候はあったが、すぐに認定されなかっただけ。
 クラスの何人かは出席することを恐れ、
  一人は吃音、一人は抜け毛の兆候を示した。


警察は、ある子供が虐待を認めるまで、
  15回も尋問し続けた。


<< ライスの報告書による反論 >>
 そのような記録はない。


もう一人のこどもは、催眠術をかけられ、
   虐待されたことを 「覚えている」 としか言えなかった。


<< ライスの報告書による反論 >>
 主張は信頼性に乏しく、その子どもはおそらく実在しない。


ジェシーは裁判官に
  「終身刑になりたくなければ罪を認めろ」
    と脅された。


<< ライスの報告書による反論 >>
  脅していない。事態を直視しろ、と適切な助言をしただけ。
   罪を認めたのは、ジェシー自身の損得勘定によるもの。





また、調査では以下のような事実を明らかにしています。

今回の調査で、ジェシーによる虐待被害者3人に
   聞き取りを行った。(3人ともすでに成人している)
    彼らは長年の羞恥と屈辱、痛みと回復について
     それぞれの体験を語った。
   犠牲者の一人は、ジェシーから
  「ばらしたらお前の犬を殺す」 と脅されていた。

ジェシーの弁護士が雇った精神科医は、

  「ジェシーは自己中心的で、自分を操って
    法をやぶる能力がある、精神病逸脱者。
      常習的なウソつきで、他人をバカにすることで
     満足感を得る」

  と分析していた。

ジェシーは刑務所で2回懲罰を受けた。
   児童ポルノの所有と、近親相姦や幼児強姦の
    ストーリーを書いて、配布したため。

ジェシーの伯父のハワードは、
  アーノルドの告白により、甥のジェシーが
    実際に性的虐待を行っていた事実を知っていながら、
     ジェシーは無実である、とウソを付いた事を認めた。
   映画製作者もハワードのウソを知っていたが、隠蔽した。



映画や製作者らに関しては、

  「挑発的で面白い映画だが、訴訟の完全な記録ではない。
    彼らは前後関係を無視したインタビューの断片で
     ミスリーディング (誤誘導) した。
   また、調査に必要な映像記録全ての共有を拒否し、
  共有されたものですら不公平なものだった。」

と非難しています。



一方ジェシーの弁護士は

 「調査は実際の証拠と一致しないウソを含んでいる。
  ライスは検察や警察の不正を取り繕う事に3年を費やした」

と反論しました。



また、監督のジャレッキは、

 「ライスの調査は表面的だ。
  こちらはジェシーの無実を証明する1700ページの
   調査を提供できるが、州検察はそれについて
  何の質問もしてこない」

と語っています。


                          (2014/10/8 entry)

         







トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 19:59│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔