2014年09月13日

家族写真の問題 - やはりカギになるのは 「性欲目的か否か」









         







冤罪が起きやすいという反対理由について : 
     
  こどもの入浴写真などの家族写真は児童ポルノにあたるか? :

        やはりカギになるのは 「性欲目的か否か」



さて、問題はこれらの画像や動画を所持した場合です。

表現の態様として、性的興奮を掻き立てるようなものではない、
製造動機も犯罪性の低い家庭的な写真、
ただし被写体のこどもは裸であったり、
局部が映っていると仮定しましょう。

これは、所持状況や入手状況で目的が判断され、
性欲目的であれば逮捕、有罪もあり得るでしょう。


<< 事例 1 >>

自分の子供や親しい親族の写真の場合、
「その手の写真」 があってもごく一部で、
その他普通の大量の写真に紛れているのであれば、
警察がどう認知するか、という問題を別にしても
まったく犯罪性はなく、摘発の心配もないでしょう。

これも、製造過程で摘発された事例が無い、
という事実が根拠です。


<< 事例 2 >>

自分の子供や親しい親族の写真で、
「その手の写真」 が大量にあり、
その他普通の写真とは別に保管されていた場合は
どうなるでしょう?

一般的な社会通念に照らして、そのような行為は尋常でなく、
性欲目的か販売目的があると疑われる余地はあるでしょう。
他の悪質な児ポ事件を摘発しきれていない状況で、
警察がいちいちこの程度の案件を気にするとは思えませんが、
ヤバい状況を回避したいのなら、このような所持行為は
止めておいた方がよいでしょう。


<< 事例 3 >>

赤の他人のこどもの 「その手の写真」 を
大量に所持していて、警察に見つかれば
入手の状況次第では摘発の可能性は高くなると思います。

推測の根拠は過去の摘発事例で、
これは製造罪が成立しているからです。

入手の状況ですが、他人のこども写真の大量所持となると、
鬼畜親から買い取るとか、ネットで収集するとか、
コレクターから譲り受けるとか、ロクな方法が思い浮かびませんし、

「何の目的でそんなことしてるんだよ、
 お前、それはどう見ても性欲目的だろ?」


としか言えない、情状酌量の無い状況であると思われます。





<< 結論 >>

結論としては、繰り返しになりますが、

①警察がどうやって認知するのか?

②表現の態様に関わらず、
   入手・所持状況に性欲目的があるか否か?


が摘発・立件の条件になってくる、という事になります。

その後の刑事手続きで、嫌疑不十分で不起訴になったり、
無罪判決が出ればこれは冤罪と言えますが、
それは以前のエントリで述べたとおり

 ①警察・検察と裁判所で認定基準が異なった場合
  ②逮捕後、嫌疑なしまたは嫌疑不十分で不起訴となった場合
   ③被疑者が違法性を認識していなかった場合


における私の反論を参照していただければと思います。



                  (2014/10/3 entry)

         








トップページに移動





























captain_nemo_1982 at 20:09│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔