2014年09月13日

結論と捕捉 :  「MELLPON」 と 「Noped」









         








冤罪が起きやすいという反対理由について : 
     
    ウィルスやワンクリ詐欺で、意図せず所持してしまった場合 :

        結論と捕捉 :  「MELLPON」 と 「Noped」





結論としては、

1. ネットセキュリティが脆弱で、簡単にマルウェアの侵入を許す
2. そのマルウェアが、児童ポルノ性欲目的所持偽装の機能を持つ
3. 未知のトロイの木馬に侵入される
4. 会社のネットセキュリティが脆弱で、
    それでいて遵法意識が高く、すぐ警察に通報する
5. 離婚危機、親権争奪の事態に陥っている夫婦で、
    警察への通報も辞さないほど関係が悪化している
6. 凄腕ハッカー兼小児性愛者に目をつけられる
7. 別件の容疑でパソコンを押収され、調べられる


などのうち、幾つかの条件が複合すれば
冤罪が成立すると言えなくもないのですが、
その可能性は非常に低いものになりそうです。





<< 捕捉  >>   「MELLPON」 と 「Noped」


児童ポルノ冤罪ウィルスと言えば、

児童ポルノ画像を勝手に保存するウイルス「MELLPON」と
児童ポルノ単純所持を通報するウイルス「Noped」 - GIGAZINE

   (web ページのキャプチャ画像)

これが有名です。というか、これ以外に名前のついている
児童ポルノ冤罪ウィルスを見たことがありません。
6年前の記事なんですが、それ以降新種は見つかっていないようです。

さて、まず 「MELLPON」 ですが、これに感染しただけで
冤罪を成立させることは困難と言わざるを得ません。

①警察に通報できない
②性欲目的を偽装できない
③存在がばれている
④所持させる児童ポルノ画像がデフォルトでパッケージされているため、
  この被害に遭ったパソコンに保存されている画像は全て同じ
⑤児童ポルノを格納するフォルダに最初から
  「mellpon」 と名前がついている
   4.46MBという容量まで判明している

記事には、

 「このウイルスを改良したウイルスが山のように発生している」 
 「ウィルス作者がちょっと工夫すればいろいろなものに変更可能」
 

などと、パターン化していない亜種が出回っているとの記述がありますが、
既知のトロイの木馬型マルウェアである事に変更は無いようですし、
いずれもネット掲示板などからファイルやプログラムを
ダウンロードした際に侵入を許しているようですから、
セキュリティ意識を普通に持っていれば
感染する可能性はほとんど無いでしょう。

ちなみに、児童ポルノ所持型の亜種は現在に至るまで
発見されていないようです。


次に 「Noped」 というワーム型マルウェアですが、

①条件に適合する児童ポルノ画像、しかも jpg ファイルが
   パソコンに無いと機能を発揮しない
②通報先は政府機関 (アメリカ?) のリストからランダムに選ばれる
   その国の警察じゃないと無視される可能性大
②日本の警察に通報がいったとして、通報者が匿名同然であれば、
   さらに性欲目的所持の根拠の提示が無ければ、
    仮に悪質な所持者が感染して通報されても捜査着手に至らない

という欠陥があるので、被害に遭う事は無いでしょう。
 (被害というか、本当に児童ポルノを性欲目的で所持していれば
   冤罪ではなく本当の犯罪になるわけですが)




                       (2014/9/30 entry)


         







トップページに移動































captain_nemo_1982 at 20:16│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔