2014年09月13日

ウィルスによる過失所持を処罰する規定はない









         









冤罪が起きやすいという反対理由について : 
     
      ウィルスやワンクリック詐欺で、
              意図せず所持してしまった場合 :


        ウィルスによる過失所持を処罰する規定はない





さて、何か悪さをしでかすか、それとも何もしていないのに
警察に容疑をかけられ、家宅捜査を受けるなどして、
自宅から児童ポルノが発見されたとしましょう。

この時点で、

 ウィルスやワンクリック詐欺で児童ポルノを所持してしまう
 何らかの容疑で家宅捜索を受ける

というハードルを越えなければならないわけですから、
これは実現可能性としてはかなり低くなります。

そんな事を心配するより、自分の精神が
被害妄想に捕らわれていないかどうかを
心配したほうがよっぽどいいと思いますが、
それはさておき、仮にそうなれば余罪として
児童ポルノ所持罪を追及される可能性があります。

しかし、警察が容疑を固めるならまず、

 ①容疑者が故意により所持した
  ②更に、性欲目的で所持した

という確信を得る必要があります。

①が単純所持で、①+②が自己目的所持です。
どちらも 「容疑者が所持しようとした」 という故意の立証が必要です。
「所持しようと思ってないのに所持してしまっていた」 というのは過失です。

刑法第38条
1. 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。
  ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。


児童ポルノ法に過失処罰規定はないので、
過失であれば立件はされず、したがって起訴・公判には至りません。

仮に故意による所持とみなされても、
それだけなら単純所持であり、罰則はないので
やっぱり立件はされないでしょう。

つまり、

 警察は性欲目的の所持であるという根拠を
  見つけなければならない


という事です。

たとえば、大量の画像や動画を所持していて、
閲覧しやすいようにフォルダに整理されていた、とかだと、
性欲目的とみなされる可能性はあるでしょう。
しかし、既知のウィルスやワンクリックでの実行ファイルで、
そこまでの偽装が可能な種類は確認されていません。

ウィルスやワンクリにより配布された児童ポルノなら、
ファイルやコードにパターンを伴っているので検出は可能でしょう。
 (ウィルスの挙動に関しては、次のエントリで検討します)

それよりも可能性が高いのは、警察による自白強要です。
仮に児童ポルノ画像がPCに一枚だけ保存されていたとして、
「故意に所持したんだろう!?」 「性欲目的だろう!?」 と
恫喝して、無理やり認めさせる、というのはいかにもありそうな話です。

しかしその手の強権捜査は昔から色んな犯罪捜査で
すでにやられていることで、児ポ法だけの問題じゃありませんし、
児ポ法をどうこうしたって解決できません。
そこまできたら、それはもう刑事訴訟法の問題になるのです。



                (2014/9/27 entry)


         








トップページに移動





























captain_nemo_1982 at 20:19│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔