2014年09月13日

規制反対派による反対理由 - 冤罪以外









         








はじめに : 

       規制反対派による反対理由 - 冤罪以外


冤罪以外のその他の反対理由としては、

②警察による家宅捜査の理由が見つけやすくなるなど、
 強権捜査、別件逮捕に悪用される。

③罪名が児童ポルノ法違反なら、容疑をかけられて
  警察が家に来たり、取り調べを受けただけで
  社会的信用を失い、人生が終了する。

④過去に入手した児童ポルノの所持を
  罰するのは、法の遡及を禁ずる
  罪刑法定主義に反する。

⑤すでに単純所持規制を導入している諸外国では、
  違法化と同時に性犯罪が増加している。
  もともと治安のいい日本が真似する必要はない。

⑥そもそも、単純所持規制では児童の人権は守れない。
   児童の人権を護るために、もっと他の事に力を注ぐべき。

などが挙げられると思います。

私は、以上のような規制反対派の言い分は、
大半が間違っていると考えます。
全て間違いだとは言いませんが、
正しい事を言ってる主張もたいていは
極端かつ非現実的に誇張され、
何も知らない人が聞いたら誤解してしまうような
無茶な物言いをやっている事がほとんどです。

世間一般ではそれを、

  詭弁を弄する

と言います。

これからこのカテゴリで、彼らの主張の
どこがどう間違っているのか、どう詭弁なのかを
論点ごとに詳しく検証していきます。
ネットなどでそのような規制反対派の主張を聞いた方は、、
「そんなアブナイ法律が成立しようとしてるのか!」 
などと鵜呑みにする前に、私の反論を真偽の
判断材料にしていただきたいと思います。



                        (2014/9/13 entry)


         






トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 21:28│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔