2014年09月13日

単純所持規制の問題点について  目次





単純所持規制の問題点について





はじめに

  なぜ単純所持を違法化するのか?
   規制反対派による反対理由 - 冤罪
    規制反対派による反対理由 - 冤罪以外
     単純所持と自己目的所持について




冤罪が起きやすいという反対理由について

    実体法への反対は間違っている


   あいまいな定義の問題
     あいまいな定義により冤罪となる3つのパターン
      ①警察・検察と裁判所で認定基準が異なった場合
        水着着用でも児童ポルノ認定される可能性について 
         ②逮捕後、嫌疑なしまたは嫌疑不十分などで不起訴、釈放となった場合
           ③被疑者が違法性を認識していなかった場合
         違法性の錯誤による逮捕の心配を払しょくするには
       公的な判断基準の提示をなぜ要求しないのか?




 年令知情の問題
   年齢の確信が無ければ捨てるべき
    タナー分類による年齢推定  + 捕捉 : 年令知情無過失責任

 ウィルスやワンクリ詐欺で、意図せず所持してしまった場合
   ウィルスに感染しただけなら摘発の心配はない   
    ウィルスによる過失所持を処罰する規定はない
     ウィルス冤罪を成立させるための複数の条件
      海外の事例から、マルウェアによる冤罪生起可能性を探ってみる
    結論と捕捉 :  「MELLPON」 と 「Noped」




 悪戯で児童ポルノをカバンに入れられてしまった場合
   その前に、なぜ提供罪冤罪が発生しないのか?

 こどもの入浴写真などの家族写真は児童ポルノにあたるか?
   状況によるが、あたるなら既に摘発例がないとおかしい
     やはりカギになるのは 「性欲目的か否か」

 単純所持規制をやってる外国では冤罪が多発してるけど?
   反対派による典型的な詭弁と言わざるを得ない
    ラフジャスティスなら冤罪多発も無理はない?
     検証 ・ 海外の冤罪事例  フリードマン事件 1
      検証 ・ 海外の冤罪事例  フリードマン事件 2
       検証 ・ 海外の冤罪事例  フリードマン事件 3
        検証 ・ 海外の冤罪事例  ピート・タウンゼント事件
         検証 ・ 海外の冤罪事例  Operation Ore (オペレーション・オー)
          検証 ・ 海外の冤罪事例  ベネディクト事件 1
           検証 ・ 海外の冤罪事例  ベネディクト事件 2
          検証 ・ 海外の冤罪事例  授乳写真事件 1
        検証 ・ 海外の冤罪事例  授乳写真事件 2
     検証 ・ 海外の冤罪事例  プエルトリコでの冤罪事件




冤罪以外の反対理由について

 警察の強権捜査の問題
   警察に無邪気な信頼を寄せる規制反対派

 容疑だけで社会的信用を失う問題
   否定はしないが、実例が確認されていない

 法の遡及を禁ずる罪刑法定主義の問題
   単純所持禁止は罪刑法定主義に反しない

 単純所持違法化と性犯罪増加の因果関係の問題
   因果関係と相関関係を混同してはいけない

 単純所持は児童の人権を侵害しない、という主張
   感情論で児童の人権を線引きする規制反対派



 議論集

トップページに移動





























captain_nemo_1982 at 22:00│Comments(0)TrackBack(0)単純所持規制の問題点について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔