2014年02月23日

可能性 その5  ロリ表現所持と児童性虐待の相関が認められた場合







         












次に、

  ロリ表現所持と児童性虐待の相関が
      認められた場合


の、創作表現規制の可能性を考えてみます。

これは、厳密に言うと表現規制ではありません。
ですが、表現規制と同等の実効力を発揮すると考えます。
発想としては、ミーガン法に近いものがあります。

ミーガン法 - Wikipedia

ミーガン法とは、アメリカなどで行われている性犯罪前科者の情報公開制度で、
釈放された性犯罪者の居住情報を地域警察や住民に公開することで、
再犯による性犯罪を抑止しよう、という目的があります。


この可能性 5 により創作物表現規制 (厳密には規制とは違いますが) 
実現させるための条件として、

条件① 児童性虐待もしくは性犯罪とロリ表現所持の間に強い相関がある

ことが立証される必要があります。

念押ししておきますが、 あくまで求められるのは相関です。
「ロリ表現が犯罪を起こす」 といった 因果関係ではありません。
因果関係に関しては 可能性 その2 ですでに検討済みなのですが、
元の議論でもそこを混同する人が複数いましたので、
この先を読み進めるにあたって、その点は誤解無きようにお願いします。


さて、児童に対する性虐待や性犯罪は、近親者や教師など、
児童の身近にいる人間の割合が高い事がわかっています。

これは、ただ児童に性的興味があるだけなら妄想で済んでいても、
実生活で児童と近しくなった場合 (物理的にも精神的にも)、
性虐待や性犯罪への敷居が低くなる、という理由が考えられます。

本稿ではこれ以降、彼ら虐待者・犯罪者を 「小児性愛者」 と呼称します。
これは実行犯だけでなく、単に性的嗜好を持つものも含みます。
      (用語の解説については こちらをご覧ください)


という事は、

小児性愛者を児童に近づけるのは危険である

という結論が導かれます。

さらに、それら小児性愛者たちが、その性的嗜好から
ロリ表現を数多く所持しているという想像は決して難くはありません。

では実際に、改正児ポ法の附則に明記されている調査研究によって、

条件① 児童性虐待もしくは性犯罪とロリ表現所持の間に強い相関がある

が満たされた場合はどうなるでしょうか?
 (この場合、ロリ表現の定義とは実写・創作物を問わないものとします)

相関が強いという事は、ロリ表現所持者 ≒ 小児性愛者
という近似式が成立するという事です。
これは相関が強ければ強いほど ≒ から = に近づきます。

すなわち、上記の結論は

ロリ表現所持者を児童に近づけるのは危険である

と言い換える事が可能になるのです。

では、ロリ表現所持者を児童に近づけさせない対策が必要として、
どのような法律をつくるべきなのでしょうか?

ロリ表現物自体の製造や所持を違法化し、
所持者を摘発するというのも一つの手段です。
しかし、既に規制されている実写児童ポルノはいいとして、
創作物の規制に関しては、簡単に法制化できる状況ではありません。

既に述べている通り、憲法の制約や表現の自由の問題などがありますし、
児童に近づいたら犯罪が起きるかもしれない、というだけで
家宅捜索を伴った摘発・逮捕を行うのは、いかに小児性愛者相手と言え
あまりに人権侵害度が高く、とても社会から容認されないでしょう。

それらに引っかからない形で、もう少し現実的にやるなら、
単に所持状況だけを調べて情報を公的に管理するというのも考えられます。

もちろん、だからと言って日本国民全部の
ロリ表現所持状況を調べあげるわけではありません。
業者の顧客データなどから、以下の条件を満たすもの、

 ■ 常識の範囲を超えて大量かつ定期的に入手している
 ■ 入手理由が自己の性欲充足目的以外に考えられない

すなわち、小児性愛嗜好が疑われる者に限ってリストアップし、
警察や教育委員会や児童相談所などの公的機関に限って
公には秘匿すべき個人情報として共有する、という手法なら
かなり穏当だし実現可能性も高くなります。


そして、その小児性愛嗜好者が、

 教師や保育士など、児童に接近できる職に就く
 実子をもうけたり、子持ちの単身者と結婚する
         又は内縁関係をもつなどして、住環境を同じくする
 その他、ある程度長期にわたり、児童に距離的に近い環境に身を置く


などの行動に出れば、上記公的機関によって監視対象とするのです。

もちろん、小児性愛者が親になったり、教職に就く自由を
侵害する意図はありません (一応表向きは)。
しかし、該当小児性愛者は監視を気にしながら生活することになりますし、
もし仮に近辺で児童に対する性犯罪でもおきようものなら、
自分が容疑者の筆頭にあげられる事態を覚悟しなければなりません。

実際に炙り出しをせずとも、脅しだけでもじゅうぶん効果は見込めます。 
法制化されれば小児性愛者は新たな所持を自粛せざるを得ません。 

そしてそれは、表現規制に匹敵するダメージを
  ロリ表現業界に与えることになるのは
   間違いないでしょう。 


繰り返しますが、これは表現規制ではありません。
ロリ表現の製造、販売、頒布、所持は、
創作表現であれば今まで通り合法のままです。
むしろ、ある程度の流通量があった方が、
小児性愛者を炙り出す目的としては都合がいいと言えるのです。

一つ特筆しておくべき論点として、
規制反対派がロリ創作表現を擁護するときの
決まり文句は通用しない、という点が挙げられます。

■ そこに描かれているのは実在の児童をモデルにしていない
■ 実在の児童はあんなに目が大きくない
■ そこに描かれているのはエルフ(妖精)である
■ そこに描かれているキャラの年齢は10013歳である


などの反論 (単なる屁理屈にしか見えませんが) は、
この法律では通用しません。

なぜならこの法律では、表現内容が実在の児童の人権を
侵害するかどうかは問題にしていないからです。
目が大きい架空のキャラというならそれで結構、
エルフというならそれで結構、
10013歳というならそれで結構、
要は、小児性愛者がそのような表現を所持しているかどうか、
という相関の強さのみが問題にされているからです。


さて、上記考察に対して、

仮にロリ表現所持者 ≒ 小児性愛者 としても、
   全ての小児性愛者が犯罪や性虐待をするわけではない。
 ゆえに、いかに小児性愛者といえ、個人の性癖を調べ上げて
   監視するとは、人権侵害の度を越えている。


という反論が予想されます。

そこで、飲酒運転と銃刀所持を例にとって、
ロリ表現所持者監視法 (仮称) の妥当性を探ってみる事にします。

論点がわかりやすくなるように、
属性、行為、罪状、認知方法、生起度、人権侵害度に分けて表にしてみました。







飲酒運転、銃刀所持、ロリ表現所持、いずれも事故・事件に
つながるとは必ずしも言えない、という点で一致しています。

具体的には、飲酒運転が事故を起こす割合は
平成22,23年度で 14% 前後です (計算式はこちら
14%なら立派に多いじゃないか、と思われるかもしれませんが、
これはもちろん、暗数 (摘発されていない飲酒運転) は
計算に入っていませんから、実際はもっと可能性は低くなります。

銃刀法違反に関しては調べていませんが、秋葉原の職質強化により
銃刀法違反検挙が急増した事例から考えても、
おそらく同じように低い可能性になることが推定されます。

オタク狩りに対抗?「アキバ」で銃刀法違反の摘発急増

ロリ表現所持と性虐待・性犯罪の関係も同様でしょう。
いずれにせよ、認知し得ない暗数の割合が多いと推定でき、
にもかかわらず違法化は立派に成立しているため、
生起度の高低を論点にするのは、あまり意味が無いと言えます。

むしろ、法制化にあたり問題にされるのは、世論の危機意識でしょう。
というのは、飲酒運転も銃刀法違反も、たった1件の事件をきっかけに
世論が厳罰化を支持、もしくは容認したからです。


福岡海の中道大橋飲酒運転事故 - Wikipedia

秋葉原通り魔事件 - Wikipedia

ダガーの法規制に関して - Wikipedia


これらの厳罰化に対して、

「全ての飲酒運転者が死亡事故を起こすわけでは無い、むしろ少数」

「全てのダガー所持者が殺人を犯すわけでは無い、むしろ少数」


という反論が広く世論の支持を得たでしょうか?
そんな反論があったかどうか私は記憶に定かでないですが、
あったとしてもほぼ完全に無視され、厳罰化は粛々と施行されたのです。



さて、これで

「全ての小児性愛者が犯罪や性虐待をするわけではない」

という言い訳が通用しない、という事は理解いただけましたでしょうか。
しかし、認知方法の人権侵害度の高さから考えて、
それだけでは法制化の実現はまだまだ遠いように思えます。

何といっても、権力によって性癖を調査され、
場合によっては監視下に置かれるというのでは、
いかにもSF的な管理国家の悪行そのものをイメージさせてしまうからです。
 (もっとも、創作物を児ポ法で規制している他の先進諸国なら、
   それ以上の罰則強化をふつうにやってるわけですが)


やはりここは、飲酒運転と同等に、一般社会による小児性愛嗜好への
恐怖、憎悪がもっともっと掻き立てられる必要があります。

小児性愛者の人権が軽視される社会の到来、すなわち

条件 ② 小児性愛嗜好が、飲酒やナイフ所持と同等の
   自発意志に基づいた選択行動、ネガティブに言えば
    身勝手な欲望充足の発露という認識が社会に共有される

条件 ③ 小児性愛者が児童に近づくという行為への
   危機意識が広く社会に共有される


が満たされるのであれば、

 児童の人権 >>>>> 小児性愛者の内心の自由

 小児性愛者の内心  =  身勝手な欲望


という不等式、等式が一般化され、
憲法で保障されている内心の自由は、
小児性愛者の身勝手な欲望の自由まで保護するものではない、
という判断が下されるでしょう。

実写児童ポルノ愛好者の内心の自由が
現状ではまったく斟酌されていないのと同じように。



                             (2014/3/23 entry)



         















トップページに移動


























______________________________________________



★  用語解説

一般に児童、小児を対象とした性的嗜好には、以下の分類があります。

① ペドフィリア
   医学用語。幼児、小児を対象とした性的嗜好を指す。
    この嗜好を持つものをペドフィルというが、
      実際に児童に手を出すとは限らず、むしろ少数と言われる。
② チャイルド・マレスター
    犯罪分析用語。実際に児童に手を出す人間を指す。
     必ずしも児童に性的関心があるとは限らず、むしろ少数と言われる。
③ ロリータ・コンプレックス
   ①②にくらべ定義は広範にわたり、
    精神的、感情的、文化的ニュアンスを多々含む。

この中で、定義に 「実際に児童に手を出す」 という
条件を含むのは ②チャイルド・マレスター  です。

各態様はお互いに重複したりしなかったりします。
「チャイルド・マレスターであるがペドフィルではない」
という人間もたくさんいるようで、その割合に関しては
「ほとんど重複しない」 とする説から、
「重複するのは半数ほどである」 とする説まで、
見解はさまざまに分かれているようです。

当稿では ①②が重複している人間に対して
「小児性愛者」 という語句を使用していますが、
文脈としては盗撮犯など軽微な犯罪者もふくむため、
②の定義がそこまでカバーしている者かどうかは不明です。

まあ、あまり細かく定義にこだわりすぎると、
文章のあらゆる個所に対して、用法が適当かどうかを検討し、
それによって条件や主張を分岐したり注釈などを入れる必要が
でてくるため、非常に読みづらい文章になってしまいます。

そのため、当稿では実写表現と創作表現の違い含め、
主張の大意は損なわれない範囲内で
あえて意図的に混同した表現をあちこちで用いていますので、
あらかじめご了承いただきたいと思います。


(読んでいた箇所に戻るには、ブラウザの戻るボタンを使用してください)
______________________________________________



★  計算式

       飲酒運転     飲酒運転
         摘発件数(a)   事故件数(b)   生起率(b/a)

平成22年   39773        5556         13.9%
平成23年   35360        5030         14.2%

統計表一覧 政府統計の総合窓口 GL08020103
h1-3-1-04.jpg (789×448)
道路交通法違反の取締り状況(平成21年 - 平成22年比較) | カーライフ ファン.com

(読んでいた箇所に戻るには、ブラウザの戻るボタンを使用してください)











captain_nemo_1982 at 14:10│Comments(18)TrackBack(0)児ポ法の保護法益が人権でも創作表現が規制される可能性 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 通りすがり   2014年03月29日 10:41
 狂ってるなぁここ
通りすがりなので議論なんぞするつもりはないが。
俺はロリ表現のエロゲ持ってるが、現実の少女とかに興味ないんだが。ついでに言うと、親戚の子供なんかもよく預かるが、やっぱり何とも思わんぞ。

 人権侵害? いやあ、被害妄想極まりないな。

って言っても無駄か。ここはただ単に自分勝手な思い込みと自分に都合の良い解釈と、適切な「あまり詳しくない反対派」を陥れる事で快楽を得るタイプの人間がやってそうだし。

君が今ここでやってる事こそ、人権侵害も甚だしいよね。君、ロリ表現好きな人間にも信じる・信じてくれる「オタクでも何でもない家族」がいるって知ってる?

まぁ、たとえ規制されても長くは続かないだろうけど。正しいのは圧倒的に反対側の方だし。
2. Posted by captain_nemo_1982   2014年03月29日 14:26


ペドフィリアとチャイルドマレスターが重複しない可能性ってのは
私もちゃんと言ってるじゃないですか。
あなたは重複しないかも知れませんが、する人間だっているんですよ。
社会が小児性愛者全体に対してどう向き合うかって話をしてる時に、
あなた個人の事情を言って何か意味でもあるんですか?


>>君、ロリ表現好きな人間にも信じる・信じてくれる
>>「オタクでも何でもない家族」がいるって知ってる?

知ってますし、私はその方向で規制反対運動を進めるべきだと
以前から言ってますよ。規制反対派は無視してますけどね。


>>まぁ、たとえ規制されても長くは続かないだろうけど。
>>正しいのは圧倒的に反対側の方だし。

児ポ法は日本でも海外でも、厳罰化の方向に向かってます。
あなたがいうように規制反対派が正しいのなら、
規制緩和に向かうはずですがそうはなってません。

すなわち、あなたは事実認識の上でも論理の上でも間違っています。





3. Posted by 通りすがり2号   2014年03月29日 17:04
規制派が正しいけど、厳罰化の方向に向かってるんだろう。それが間違ってると思うから反対してるんだけどね。
ペドフィリア? チャイルドマレスター?
規制派・反対派議員とかって、そんな話してたっけ?
キミの頭の中だけでどれだけ詳しく議論しても意味なんてないと思うけど。君の脳が議員と共有してるわけもなし。

ぶっちゃけ「適当に」TVか何かで反対派の方が正しかったと、何かこう、すんごく感情を揺さぶるような感じの番組とかやってしまえば、そんだけで世論って変わるもんだけどね。理論・理屈一切関係なしで。

っていうか、キミ規制反対側の人間なの? 賛成側?

あと口が悪い。つーか、感じ悪い。もうちょい相手を敬う気持ちを・・・・・・すまん、それは俺もか。

そして、色々頑張って理論語ってる所悪いけど、それ意味無い。

まぁともかく、俺の意見の全ては、オタク文化に手を出すな。子供は救え。どちらも守れ。だね。
4. Posted by captain_nemo_1982   2014年03月29日 17:28


>>ペドフィリア? チャイルドマレスター? 
>>規制派・反対派議員とかって、そんな話してたっけ? 

「ロリ表現持ってるが、現実の少女とかに興味ない」 って言ったでしょ?
だから、1号さんはそうかもしれないけど、そうじゃない人間もいると言ったんです。

議員に関して議論してたのは、塵面邪子氏とです。


>>っていうか、キミ規制反対側の人間なの? 賛成側?

消極的賛成派です。


>>そして、色々頑張って理論語ってる所悪いけど、それ意味無い。

あなたになくても、私にはあります。

私の主張は、「反対派は間違えている」 という事実を立証しています。
そしてそれは、反対派にとっても無意味ではない筈です。

なにせ、自分たちが間違えていると立証されてしまっているのですから。

「正しいかどうかはどうでもいい、要は好きか嫌いかだ」
と反対派が言うなら、私の論理は無視してもいいと思いますけどね。


5. Posted by 最後の通りすがり3号   2014年03月29日 19:06
 ああ、やっぱり話が噛み合ってない。
 そして立証されたとも思わんし。突っ込み所が多い上に、君やっぱり人の心というか、他者の書き込んだ情報を理解していないね?
 迷い猫・・・いやなんでもない。
 まともに接した塵面邪子さんが可哀想になってきた。

いっそ子供だけ全員監視して物理的に守った方がいいんじゃね? そもそもロリコン的な人がロリ表現のアレコレ持ってるとは限らん上に、下手すると「ロリ表現物を持ってる方」のアレな人と持ってないアレな人の数調べて「実は持っている方のアレな人の方が、持っていないアレな人の方より犯罪率少ない」ってなったら「持っていないアレな人の方がロリ表現物を持つ事によって犯罪率は下がる」って事になるわけだが、んで、どっちが多くてどっちが少ないの?

って、いやいや、もう議論終わり!
やっぱり君おかしいと思う。いや、上記の話でじゃなくてさ。
 ま、少なくとも「消極的」ではないね。

6. Posted by captain_nemo_1982   2014年03月29日 20:48

>>ああ、やっぱり話が噛み合ってない。

あなたの質問に対し、私は答えています。
あなたの必要とする回答が得られなかったのなら、
具体的にどういう回答が必要なのか言ってください。

それとも、かみ合ってない事にしないと、
何かあなたに都合の悪い事でもあるのでしょうか?

>>そして立証されたとも思わんし。

具体的にどうぞ。それとも、あなたが単にそう思い込みたいだけですか?

>>突っ込み所が多い上に、

具体的にどうぞ。それとも、あなたが単にそういう事にしておきたいだけですか?

>>君やっぱり人の心というか、他者の書き込んだ情報を理解していないね?

上に同じく、どういう回答が必要なのか具体的にどうぞ。

>>まともに接した塵面邪子さんが可哀想になってきた。

他人の同情をしてる場合ですか?
ボコボコニされて瀕死の状態にある自分をまず心配してください。

>>いっそ子供だけ全員監視して物理的に守った方がいいんじゃね?

不合理です。ロリコンだけ監視したほうがコストも人権侵害も少なく済みます。

>>ロリコン的な人がロリ表現のアレコレ持ってるとは限らん上に、

それは仮定条件だから、持ってるとは限らないのは当たり前です。

>>下手すると「ロリ表現物を持ってる方」のアレな人と持ってないアレな人の数調べて「実は持っている方のアレな人の方が、持っていないアレな人の方より犯罪率少ない」ってなったら「持っていないアレな人の方がロリ表現物を持つ事によって犯罪率は下がる」って事になるわけだがんで、どっちが多くてどっちが少ないの?

それはまだわかっていません。

>>って、いやいや、もう議論終わり! 

私は続けてもいいですよ。
7. Posted by neko   2014年04月13日 08:44
>>当稿では ①②が重複している人間に対して
>>「小児性愛者」 という語句を使用していますが、

私もチャイルド・マレスターについて正確な定義を知っているわけではありませんが、
単に嗜好(指向?)としての小児性愛者を指す場合は、
ここではペドフィリアと呼べばよいのでしょうか?
(個人的に、小児性愛者と犯罪者を一括りにして呼ぶことに抵抗もありますが)

2次元に興味を持つ者と3次元に興味を持つ者(あるいは両方)、
現実に行為に移す者とそうでない者などは、
議論するときは区別できないと逆に混乱してしまうのではないかと思うのです。
8. Posted by neko   2014年04月13日 09:39
また、用語解説にてペドフィリアとチャイルド・マレスターの違いが示されましたが、
仮にロリ表現所持者監視によってペドフィリアのあぶり出しに成功したとして、
この時ペドフィリアではないチャイルド・マレスター
(=状況的児童性虐待者)
は完全に野放しになります。
そして一方で、②のような行為に及ばない者も巻き添えを食う。
この辺りの問題は、やはり「多数派の感情が充足されればよい」
という感じに収まるのでしょうか?
巻き添え関係をあまり気にしないというのは、
あなたが治安維持法を肯定していることからわかりますが。

私は欲求は突っぱねるのではなく向き合うことが大切と考えているので、
彼ら(児ポの年齢の定義的に私も含まれるのかもしれませんが)を追い詰め、
地下に潜らせかねない方法には賛成できませんね。
ミーガン法にはいろいろ批判もありますし。
(もちろん、社会がどう考えているかというのは別にして言っています。
私としては、社会がどう考えているかということよりも、
私がどう考え、あなたがどう考えているかということを話したい。)
9. Posted by neko   2014年04月13日 09:45
>>これは、ただ児童に性的興味があるだけなら妄想で済んでいても、
>>実生活で児童と近しくなった場合 (物理的にも精神的にも)、
>>性虐待や性犯罪への敷居が低くなる、という理由が考えられます。

これについては、近親者や教師はペドフィリアとイコールで結べない()
10. Posted by neko   2014年04月13日 09:48
>>これは、ただ児童に性的興味があるだけなら妄想で済んでいても、
>>実生活で児童と近しくなった場合 (物理的にも精神的にも)、
>>性虐待や性犯罪への敷居が低くなる、という理由が考えられます。

これについては、近親者や教師はペドフィリアとイコールで結べないこと
(状況的児童性虐待者の可能性)を考慮しなければならないと思われます。
11. Posted by neko   2014年04月13日 09:50
すみません。
>>9はミスりました。
12. Posted by エル   2014年04月13日 14:01
児童ポルノ改正案に関してなのですが、未だ継続審議中だそうです。その事に関して僕と同じく不満を抱いている方も少なくないと思いますが、言っておきます、それはアレルギー疾患対策基本法案や過労死等防止基本法案なども同じです。

他の法案が山程あってなかなか手をつけられないだけです。

決して自民党政権が児童ポルノ改正案を見捨てるわけがありません。

今後の国会の状況次第で早ければ今年中、遅ければ来年(2015年)ってことかな。
13. Posted by captain_nemo_1982   2014年04月20日 15:10

>> neko さん

指摘の要点としては、

①ペドフィリア、チャイルドマレスター、二次愛好者、三次愛好者の
   区別をつけたうえで議論すべき

②野放し、巻き添えの危険性を認識すべき

ということですよね?

どちらも、本稿の中で前提として、

①ぺドフィリアであるチャイルドマレスターとロリ創作表現所持の
   相関が強く認められた場合

②巻き添えはやむなしと社会が同意した場合

という条件を付けて論じていますので、
もちろんそれらの条件が満たされない場合は
その後に続く私の主張は成立しません。

捕捉しておきますと、①について、
三次愛好者の問題は、二次元創作規制とは
別問題であるので除外しました。

また、②の巻き添えに関してですが、
飲酒をして運転したら、事故を起こさなくても
違法行為として罰せられるわけですが、
だからといってそれを巻き添えなどと
文句を言う人間はいませんよね?

創作表現所持者による児童接近も、
飲酒者による運転と同等の危険性があると
社会に認められれば、同じ事になると思います。

また、野放しに関しては、容認するわけではありませんが、
どんな犯罪でも100%の摘発は不可能でしょうし、
必要であるなら児童福祉法など、表現規制とは
別の法律で対策することを考えればいいかと思います。

14. Posted by captain_nemo_1982   2014年04月20日 15:10

>> エルさん

私が児ポ法の議論を始めた5~6年前から
改正するしないでずっともめてるわけで、
いい加減先延ばしにも程があるって感じですよね。

じつを言いますと、私としては先延ばしになった方が都合がいい、
という面はあります。

なぜなら、単純所持規制が成立したら、
それまで危機感を煽っていた反対派が
文句を一切言わなくなることが予測できるからで、
そうなると彼らをたたくネタが一つ減ってしまうからです。

(児童の人権に関して真剣に考えている
 方々に対しては申し訳ないんですが
 私の議論姿勢がもともとその程度のものなので)


15. Posted by エル   2014年04月27日 16:34
じゃあ、児童ポルノの単純所持禁止は明文化ではなく、慣例化という形でやりましょうかねぇ(児童ポルノの単純所持に関して、表向きの罪状を他人への譲渡・分布にする)。

日本の無期刑(無期懲役および無期禁固)は、仮釈放の規定のみ明記されており、仮釈放を行わないという規定は明文化はなされていません。

確かに、今まで無期刑の判決が下り確定したの事件(混血少年事件あたり)の受刑者に対して仮釈放は行われていました。

だが、仮釈放中に再犯が相次いだ為(新しい事件では栃木実弟殺害事件)が、それ以降無期刑を受けた受刑者の仮釈放は、冤罪疑惑や病気による重篤といった場合を除いて、原則として行わないことが慣例となっています。

仮釈放とは収容期間満了前において仮に釈放されることです。有期刑の場合、下された一定の年数が経過すれば刑は終了します。無期刑の場合、刑の執行自体は永久的に継続されており、それと同時に公民権は永久的に喪失します。公民権を回復させるには恩赦(保護観察所長が上申権し、それを天皇陛下がサインする)が必要となります。

(続く)
16. Posted by エル   2014年04月27日 16:35
(続き)

1984年(昭和59年)5月5日に従業員の男性(無期懲役が確定)に対して保険金目的で宿舎を放火させ、7人(消火中に崩落に巻き込まれ殉職した消防士含む)も焼死させたいわゆる夕張保険金殺人を引き起こした主犯である日高安政・信子夫妻は、裁判で死刑が言い渡され控訴していましたが、昭和天皇が重篤である事を知り、仮に天皇が崩御すれば恩赦(対象となるには刑が確定していなければならない)の特典に与れると思って控訴をいきなり取り下げました。しかし実際には、昭和天皇の崩御に際しては、懲役受刑者や禁錮受刑者、死刑確定者に対する恩赦は一例も行われなかったのです。その事を知った夫婦は法律の不知を事由に控訴審の再開を申請したが、当然受け入れられるはずもなく、1997年(平成9年)8月1日に2人とも処刑されてしまいました。

法律をよく知らなかったとはこういう事になるんですよ。

署名TV(現在は閉鎖済み)で出された「架空の創作物に対する規制を禁止する法律」は何処へ行っちゃったのかねぇ。

2010年に東京都で有害図書に関する従来の個別指定から新たに加えられる包括指定の規定を盛り込んだ青少年健全育成条例改正で、包括指定をよく知らなかった規制反対派が有名漫画家までをも巻き込んで反対運動を起こしました。

同改正案は一旦は廃案になりましたが、再び採択されたのち可決され施行されました。

「包括指定は無制限に規制の範囲が広がる可能性がある」や「個別指定は包括指定より緩い」といった誤った風説が以下のような結果を招いたんですよねぇ。

サスペンスホラー漫画「マンホール」(内容としては「熱帯魚のはらわた」や「多重人格探偵サイコ」よりはまし)が長崎県で有害図書に指定されました(個別指定)。それに対し、同作品の作者が不服であるとして裁判所に提訴しています(判決がどうなるかは分かりません)。
17. Posted by captain_nemo_1982   2014年05月25日 08:08

>>エルさん


>>署名TV(現在は閉鎖済み)で出された
>>「架空の創作物に対する規制を禁止する法律」
>>は何処へ行っちゃったのかねぇ。 


そんなバカなことを本気で考えていた反対派がいたという事ですか。
未来の立法権を奪う法律なんてできるわけないし、
そっちの方が表現規制よりよっぽど危険だと思うんですが。




18. Posted by     2014年07月07日 22:46
叩くネタが減るからって愉快犯かよ。
この記事の内容も勝手にてめえの定義で自己完結してるし
消極的?笑わせんなよ馬鹿ガキ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔