2014年02月23日

可能性 その3  集団としての児童の人権が侵害されると認められた場合





         








次に、

  ロリ表現により、
   集団としての児童の人権が侵害される


と認められた場合の、創作表現規制の可能性を考えてみます。

これは、可能性その1その2 に比べると、
実現可能性はぐっと高くなります。

考え方自体は特段古いものでも珍しいものでもありません。

 差別表現が被差別者の人権を傷つける

という例を思い出せばわかりやすいでしょう。
それと同じロジックで、

 児童を性的に虐待する創作表現で金もうけする
   またはそれで汚い性欲を満たす


という行為は、

 実在する児童の人権を傷つけ、侮辱する

という事です。

実際にこの論理を用いて法律を作った国もあります。

児童ポルノ規制目的でマンガなどの創作表現を規制している国は、
「世界の児童ポルノ規制、統計」資料室- Togetterまとめ によると

カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、
フィンランド、スイス、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン

などがあるようです。
 (アメリカは別法での規制、イギリスは疑似写真はすでに禁止、
   その範囲を拡大するかどうか検討中)

それらの国がどのような立法主旨で創作物を
児童ポルノとみなして法規制しているのかは、
日本語ソースが見つけにくいため詳細にはわかりませんが、
スウェーデンに関してはこのサイトで和訳されています。

うぐいすリボン: スウェーデン最高裁 漫画絵所持無罪事件
      (web 魚拓)

それによると、

 児童ポルノ的な画像は児童に対する侮辱に当たる為、
   このような一般的な侮辱から児童を保護する


という事だそうです。

そしてこれは、集団的人権を認めた典型的な例であるように思えます。

もっともスウェーデン最高裁は、上記リンク先で和訳されている
シモン・ルンドストロム裁判での判決理由において、

これらの38枚の絵が感情を害するような内容ではあるにしても、
一般的に児童の侮辱になる可能性は極めて少ない


と、立法主旨に疑義を呈しています。
しかしまた、その38枚とは別に写実的な1枚の絵に関しては

被告の職業上の理由に配慮して無罪とするが、
通常なら違法となるところである


と、絵を違法とする法そのものは認める判決を出しています。

まあ、違憲審査権の無いスウェーデン最高裁の見解はともかくとして、
問題は

  集団的人権を根拠にした法律が作られ、
   立派に成立している


という事実です。

もちろん、スウェーデンがそうだからと言って他の国もそうだとは限りませんし、
海外がそうだからといって日本もすぐにそうなるとは限りません。

実際、中高年女性全体への侮辱であると告訴された石原慎太郎元都知事の
ババア発言裁判は、原告敗訴判決がでています。

しかし、成人女性と児童では保護される人権の質が全然違うというのも確かです。
このような理由でマンガやアニメを児童ポルノ法で規制する国が
この先国際的に多数派になれば、日本も同様の人権解釈を採択する必要に
迫られる可能性は決して低くは無いと考えます。

1999年に成立した児童ポルノ法も、そうした外圧の影響が
非常に強かったとされているのですから。



                      (2014/3/10 entry)



★ 2015/3/13 追記 ★

  思っていたよりも早く実現可能性が高まってきたようです。
   詳しくは以下のエントリを参照してください。



「ロリコンエロマンガはヘイトスピーチか否か」 への感想







         











トップページに移動



































captain_nemo_1982 at 14:20│Comments(6)TrackBack(0)児ポ法の保護法益が人権でも創作表現が規制される可能性 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 伊藤 弘   2014年03月10日 00:11
規制反対派の断末魔が、聞こえると、ずいぶん前から、言っているが、いつになるのだ。
単純所持の法律を持つ国では、では、根絶できたのか?  
法律を、作るたびに、罪人、悪者の件数ばかり増やしおって、どれだけ効果になっているのだ。
捏造、乱造、警察の成績とり、別件逮捕の口実手段に利用されてるだけに、思われる。
  
拳銃、麻薬と同じとか、こじつけ、言いがかりをつけ、誰でも自然についてる物を、
ことさら、恥じたり、卑しめて見る、言う方が、不健全、異常、ヒステリック過剰過敏である。
 拳銃、麻薬の写真自体、なんの禁止にも、なっていないではないか?  
 宗教がかったウソ、作り話を、こじつけで、押し付け、悪者にし、重罰をくわえる方が、
人権侵害だ。   他を密告し、自分が悪いと認めれば、今回、許してやろう等という
丸め込みは、事実をネジまげる卑劣なやり方だ。
  本人の自由意志を奪い、押し付け、丸め込み、みなしで、悪者にしている。
現代の、魔女狩り法は、やめてもらいたい。
 国際と言うが、ジャンヌダルク裁判、ガリレオ裁判の流れをくむ国々が、正しいとは、限らない。
2. Posted by 塵面邪子   2014年03月12日 22:36
はじめまして。
性はきわめてパーソナルなものですから、「集団としての人権」が持ち出されるのは明らかにおかしいですよ。
実際、“当事者”から人権侵害との苦情が出たためしはない。

逆に当事者である子供たちから非難の嵐です。
http://www.geocities.jp/mackensen_class/geobook.html


>児童を性的に虐待する創作表現で金もうけする またはそれで汚い性欲を満たすという行為は、実在する児童の人権を傷つけ、侮辱するという事です。


現実の人間に似ても似つかないキャラクターを人間の子供と同一視する時点でどうかと思いますけど、それをおいたとしても、
こんな理屈が罷り通るのなら、「ロリ顔の成人女性」とか「貧乳の成人女性」を性欲の対象とすることも、実在する児童の人権を傷つけ、侮辱するということになりますね。

アジア人(モンゴロイド系)は概して年齢に比し幼く見える傾向にあります。

「アジア人は幼く見えるので児童ポルノとみなされアメリカの倫理規定に抵触するのでTPPで日本のポルノ全滅」
http://m.searchina.ne.jp/news/disp.cgi?y=2013&d=0331&f=column_0331_016.shtml

ロンドンの中国系「児童」行方不明事件、実は孤児を装った大人の密航者が逃げただけだった
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=32506&type=1

3. Posted by 塵面邪子   2014年03月12日 22:38
(字数制限に引っかかりましたので2回に分けてコメントさせていただきました)

(続き)「アジア人を性欲の対象とすることは白人児童の権利を脅かすものだ」という主張すら正当化できてしまいますね。白人至上主義者に格好の攻撃材料を与えることになりますよ。

そもそも、「見た目で判断する」ということ自体が差別であり、人種差別を助長するもので、人種差別撤廃条約に違反するものです。
また「あるべき女性像」を女性に押し付けるもので、女性に対する重大な人権侵害であり、女性差別禁止条約にも抵触します。性の自己決定権や性の情報に触れる機会を奪うことは子供の権利条約にも反してますよ。


もともと児童ポルノ問題が欧米の(白人世界の)ドメスティックな問題であり、論理的矛盾とか見過ごされてきた面もあると思います。
「黒人の児童ポルノ」なんてものは存在しないし、欧米では「日本人の子供の児童ポルノ」なんてのも認知されてないでしょう。
(日本が児童ポルノの発信国とか9割が日本でつくられたとか主張ありましたけど、日本人の児ポなんて欧米で需要なんてまずないわけだから、おかしいのはすぐわかるでしょう。)

4. Posted by 伊藤 弘   2014年03月13日 23:26
 断末魔なんて、性がある限り、生き物がいる限り、あるわけがない。 

いくらでも、復活する。  

宗教からのウソ、デタラメ、こじつけで事実をネジまげたヒステリック過敏過剰な法律を、押し付けるな!

 傷つく虐待どころか、児童、自ら好んで、出品しているものが、いくらでもある。 
みんな、被害者、犯罪者に、ムリに、押し込むウソつき宗教、国際会議が、みてとれる。
 罪人を、多く作って、イジメ楽しみたいのだろうか?
5. Posted by captain_nemo_1982   2014年03月13日 23:29

>>伊藤弘さん

>>規制反対派の断末魔が、聞こえると、ずいぶん前から、言っているが、いつになるのだ。


ずいぶん前からです。
というか、あなたの言い分がすでに
断末魔の叫びそのものに見えるんですよ、私には。

6. Posted by captain_nemo_1982   2014年03月13日 23:31
はじめまして、塵面邪子さん。

あなたへの返信はこちらで行っています。


塵面邪子氏への回答

http://captain-nemo-1982.doorblog.jp/archives/54767200.html


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔