2014年02月23日

可能性 その1  「規制すると性犯罪が増える」 が実証された場合






         










まずは最初に、

  「ロリマンガなどの性表現を規制すると、
    強姦などの性犯罪が増加する」


と実証された場合の、創作表現規制の可能性を考えてみます。

これは 「カタルシス理論が認められ、実証された場合」 と
言い換える事も出来ます。

一見すると、「規制して他の性犯罪が増えるんなら、規制しちゃダメじゃん」
と直感的に考えてしまうかもしれません。

しかしこれは話が逆で、より厳しい表現規制を正当化する要因となるのです。

詳しくはこのエントリで論じていますが、

「表現規制は性犯罪を増やす」という主張は
 規制の後押しにしかならない


こちらでも簡単にその理由をまとめておくと、

ロリマンガを規制されて欲求不満になって実在の女性に襲い掛かる
性犯罪者とは、真性のロリコンのことである

  ↓

しかし、ズリネタを失って犯罪に走るのなら、別に規制でなくとも
失業や災害など、他にズリネタに困る理由は事欠かないので、
結局は規制してもしなくても、ロリコンは個人的な理由で
性犯罪に走るということになる

  ↓

となると、そんな異常な連中を野に放っておくのは
安全安心を要求される善良な社会にとって、
大いに危険であり、何らかの対策が必要である

  ↓

実写、創作を問わないロリ表現の単純所持規制で
徹底的にロリコンを狩り出して、社会から隔離する




しかし、実際はカタルシス理論は学説の支持を取り付けていませんし、
「ズリネタを規制されて性犯罪に走った」 と供述する
犯罪者の存在だってただの一例も確認されていませんから、
この理由によって創作表現が実現する可能性は
かなり低いという事ができます。
おそらく7つの可能性の中でもっとも低いでしょう。

では、なぜそんな理由を最初に持ってきたかというと、
以前に創作表現規制の可能性を複数議論したときに、
一番最初にこの理由をもってきたから、という単純な理由です。

しかしまた、これは安易に 「規制すると性犯罪が増える」 と
煽るバカ規制反対派に対するけん制の意味も込められています。



ところで、仮にこの理由で規制が実現するとしても、
個人的法益の保護を目的とすることは非常に難しそうです。

ロリコンがトチ狂って実在の女性に被害が出たとしても、
それを特定のロリ表現のせいにできるわけでは無いからです。
この場合はあくまで、ロリコンを狩り出すツールとして
表現規制を行うわけですから、個人的法益保護というよりは
社会的法益保護の意味合いが非常に強くなります。

ということは、憲法違反になるという事で、この場合でも
やっぱり創作表現規制はできないのでしょうか?

しかし、実在の女性が危険にさらされているのだから、
規制が人権保護に直結するという発想はどう考えても正しいように思えます。

被害女性の人権を保護する目的で、社会的法益保護を特別に
個人的法益保護として扱うことで、規制を実現できないのでしょうか?

これには集団的人権という考え方が大きく関わってきます。
実は、このカテゴリの7つの可能性の実現は、5番目以外は
この集団的人権が認められるかどうかにかかっているのです。

集団的人権に関する私の考えはこちらで述べていますが、

規制反対派の 「集団的人権論への反駁」 を批判

このカテゴリでも、最後に改めて詳しく論じたいと思います。




                                  (2014/2/23 entry)


         










トップページに移動






























captain_nemo_1982 at 14:30│Comments(0)TrackBack(0)児ポ法の保護法益が人権でも創作表現が規制される可能性 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔