2013年06月03日

AP IMPACT  PCウィルスによる、児童ポルノ冤罪 (和訳)  その4


PCウィルスによる児童ポルノ冤罪


       前の記事 : AP IMPACT PCウィルスによる、児童ポルノ冤罪 (和訳)  その3  








AP IMPACT: Framed for Child Porn _ by a PC Virus  part4


にもかかわらず、彼女への手数料が上限を超えたため、裁判における
調査の議論は終わりを迎えることになった。
コンピュータの調査は、何万ドルものコストを必要とするのだ。

被告はその費用を法廷に支払うよう要請できるが、
裁判官はしばしばその価格にしり込みする。

ローファーはソロンのために働くことを止めたが、彼の無実を主張する。
「彼がそうだったとは思いません、本当に」 とローファー。
「そうでないという証拠があまりにもたくさんありました。」

起訴側である犯罪科学捜査のエキスパート、ランディ・ハフは、
ソロンのアンチウィルスソフトは機能していたと主張する。
そして、ソロンはアンチウィルスプログラムを実行して、ウィルスを
見つけることができなかったと語る。
 (もっとも、セキュリティの専門家によると
    アンチウィルススキャンはしばしばミスを犯す)

「彼のコンピュータは、私が担当したほかのケースと比較しても、
非常にクリーンだった」

陪審は、ソロンに有罪を言い渡すのに、2時間を費やした。

「誰だって刑務所で自分は無実だと言う。だから、誰も私を信用しない」
と、再審を要求しているソロンは言う。

「私は自分がやってないことを知っている。
 決してそこにそんなもの置かない。決してそこでそんなものを観ない。
 私にできるのは、いつか真実が明らかになるのを望むことだけだ」

しかし、そんなことが可能だろうか?

ファイルがパソコンにどのようにして置かれるか、
確定的に見分けることは不可能だ。

「コンピュータは信頼されていない」 とホワイトハット・セキュリティの創始者
エレミア・グロスマンは語る。

コンピュータの所有者が望まない何か ― 広告か何かに関わらず ― を
ダウンロードさせることは、「痛々しいくらいに簡単なこと」 と彼は言う。

「その違法なものは発見されるのを待つことが可能だ。そこにあるという事実は、
その人自身の目的のためかどうかを意味しない。
それがたとえ児童ポルノであれ、何であれ」



       前の記事 : AP IMPACT PCウィルスによる、児童ポルノ冤罪 (和訳)  その3  






トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 02:00│Comments(0)TrackBack(0)PCウィルスによる児童ポルノ冤罪 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔