2013年06月02日

毎日配信のヨタ記事に筆誅が突き刺さる!


情報通信法をめぐる誤解


       前の記事 : 返す刀でネットゲリラを一刀両断!  このカテゴリの目次








624 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []
  投稿日:2007/12/08(土) 00:43:54 ID:K2kKs7V4

早速だが、毎日配信のこの記事
筆誅を加えることとしよう。

社会的な影響の大きいインターネットのコンテンツ(情報の内容)を、
現在の放送と同じように(1)政治的な中立性が保たれているか
(2)公序良俗に反していないか--などの観点から
規制できるようにする内容。
新聞社や通信社による記事のネット配信も
規制対象となる可能性があり、議論を呼びそうだ。


いうまでもなく、これはメディアサービスの
規制についての記述。
当然新聞社や通信社のネット配信も対象に
なるだろうか、影響力の大きいメディアに、
政治的中立や公序良俗を求めて
一体何がいけないというのだろうか?


政治的偏向報道で世論操作したり、
エログロ満載の下劣な情報で閲覧数を
稼ぎたいという下心でもあるのか?毎日は。



ブログ移転時追記  

下心は本当にあったようです。 毎日デイリーニューズWaiWai問題 - Wikipedia





「議論を呼びそう」 って、どうせ
言論の自由がどうとか奇麗事を並べ立てようってんだろ?
そんなことは報告書のほうにだって
嫌がらせみたいに繰り返し強調されてるよ。


しかも、 「現在の放送と同じように」 ということは
あるあるのような捏造も注意されておしまいという
やったもん勝ちのザル規制に堕することは
目に見えている。罰則なしは明記されてるしね。







625 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []
  投稿日:2007/12/08(土) 00:45:53 ID:K2kKs7V4

新法が制定されれば、影響力の大きいメディアによって
ネット配信されたコンテンツが政治的に偏っていたり、
有害だと判断された場合は配信者(事業者や個人)に対し
削除や訂正を求めることができるようになる。


大うそだね。
削除や訂正を求めるなんてどこに書いてあるんだよ。
具体的な制度設計はほとんど何も決まってないんだよ?

訂正

報告書に 「削除」 という文言は存在します。
しかしそれは、 「違法な情報に関しては、ISPなどによる削除や
レイティング設定などの法的根拠の整備など、行政機関が直接関与しない
形での対応を促進する枠組みを整備すべき」という文中のものであり、
有害情報や政治的な主張を行うサイトが規制されるという
デマゴーグに対する 「大うそ」 という批判は継続されます。



この記述は、意図的にメディアサービスと
オープンメディアコンテンツを混同して、
政治的な主張をする個人のブログや掲示板の書込みが
国家権力によって削除されてしまうとの
予断をあたえている。

しかし、ブログや掲示板がカテゴライズされる
オープンメディアコンテンツに対して、
政治的中立や公序良俗は要求されていない。

違法な情報ですら配慮義務にとどまっており、
配慮義務にとどまるというのは私の間違いで、
ISPによる削除やゾーニングも検討されています


有害な情報も表現の自由を尊重された上で
ゾーニングの適否を検討しようとしている段階だ。

こんな新聞こそ真っ先に規制されるべきだと
思うんだが、印刷メディアは通信メディアの
寡占を排除すべく、規制からは完全に自由だと
明記されてるんだよね。


なんだか、この研究会のメンバーは
既存メディアの回し者じゃないかって
勘ぐってしまうよ。陰謀論が大きらいの俺ですら。






626 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []
  投稿日:2007/12/08(土) 02:23:47 ID:K2kKs7V4

放送法のことを話題にしてたら、
タイムリーなスレがたってたね。

【マスコミ】テレビ朝日、マクドナルドの調理日改竄問題で証言者を「偽装」 [12/08]

古館の傲慢な謝罪ともいえない開き直りが
非難の的となっている。

もちろん、改正放送法でも
情報通信法でも、この種の件について
何ら罰則を課す事はできないであろう。

まあ、どのように社会制裁が
下されるのかが見ものではあるわな。


ブログ移転時追記  

大方の予想通り、社会制裁などはほとんど下りませんでした





       前の記事 : 返す刀でネットゲリラを一刀両断!  このカテゴリの目次









トップページに移動


































captain_nemo_1982 at 07:00│Comments(0)TrackBack(0)情報通信法をめぐる誤解について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔