2013年06月02日

規制反対派は小躍りして喜びなさい!


情報通信法をめぐる誤解


       前の記事 : 放送法を緩和した規制って意味があるのか?  このカテゴリの目次 次の記事 : 返す刀でネットゲリラを一刀両断!









通信・放送の総合的な法体系に関する研究会報告書 (PDF)
表現・言論規制で争点となりそうなのが、16Pあたりの 
「5 コンテンツに関する法体系のあり方」




615 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []
  投稿日:2007/12/07(金) 23:10:58 ID:2kSKVnu1

(3) オープンメディアコンテンツ

定義がまだ明確化されていないようだが、
「メディアサービス程社会的影響力を有しない」
ということで、民間・個人運営のサイトやブログ、
2chなどの掲示板、さらには各省庁や
自治体など公的機関のHP、政党サイト
なども
このカテゴリに属すると思われる。

ここでは、メディアサービスのように

  ①公安および善良な風俗 ②政治的公平性
  ③報道の正確性 ④論点の多角解明

といった準則は適用されず、「ア 違法な情報」
「イ 有害な情報」 の2点に区分して検討されている。





616 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []
  投稿日:2007/12/07(金) 23:12:22 ID:2kSKVnu1

ア 「違法な情報」 対策

名誉毀損、わいせつ物、犯罪の扇動といった
違法とするにおおむね妥当と思われる事案を
規制するかと思いきやさにあらず。

↓ を読んで魂消ないで欲しいのだが・・・・

■ 要約開始 ■

しかしながら、違法な情報に対して国が包括的
かつ直接的な規制を貸すことは、言論・表現活動の
過剰な萎縮を招く恐れがあり、
国による規制は当面差し控えることとし、
最低限の配慮事項を、具体的な刑罰を
伴わない形で整備することを検討すべき

■ 要約終了 ■

おいおい、そんなところまで自由を保障して
どうするんだよ。配慮義務にとどまるなら、
違法行為は事実上野放しってことじゃないか。


配慮義務にとどまるというのは私の間違いで、
ISPによる削除やゾーニングも検討されています



「違法な情報対策」 にしてこの有様だから、
「有害な情報対策」 は推して知るべし。
これ以上に腰砕けの文言が
これでもかと並べ立てられている。





617 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []
  投稿日:2007/12/07(金) 23:13:06 ID:2kSKVnu1

イ 「有害な情報」 対策

これの定義に関しては、 ↓ の10Pあたりも
参考にして欲しい。

通信・放送の総合的な法体系に関する研究会中間取りまとめ (PDF)


■ 要約開始 ■

有害コンテンツ流通について、「自殺の方法」 や
「爆弾の作り方」、「ポルノ」 など、違法とは
必ずしも分類しがたい情報ではあるが、
青少年などでは一定の規制の必要性が
あるものに関しては、いわゆる 
「ゾーニング」 導入の適否を検討する必要がある。

有害な情報については、表現の自由の
保障の範囲内と推定されるため、
規律の在り方を検討するに際しては、
言論の萎縮効果について
より配慮する必要がある。

■ 要約終了 ■





618 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k []  
  投稿日:2007/12/07(金) 23:14:42 ID:2kSKVnu1

検討の結果如何では、爆弾の作り方を青少年に教えても
かまわないって結論が出るかもしれないって事か?


ゾーニングをするにしろ、有害か否かは
おそらく基本的に民間事業者の自主規制、
判断を支援する第三者機関の制度化も検討と
書いてあるが、要は映倫やビデ倫、BPOみたいな
自主規制団体の立ち上げを促進するに
とどまるのだろうな。

また、有害な情報は表現の自由の
保障内であると、はっきり明記してあるな。

規制反対派の諸氏は、児ポ法改正の流れに
真っ向から立ち向かう通信・放送法に対して、
小躍りして喜びこそすれ、
事実無根の 「検閲国家脅威論」 なんぞをいたずらに
振り回してネットに集う善男善女を混乱におとしめるような
不埒な所業は厳に戒めるべきであろう。






       前の記事 : 放送法を緩和した規制って意味があるのか?  このカテゴリの目次 次の記事 : 返す刀でネットゲリラを一刀両断!







トップページに移動





























captain_nemo_1982 at 08:00│Comments(0)TrackBack(0)情報通信法をめぐる誤解について 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔