2013年05月06日

日弁連の言うことは鵜呑みにできない!


児ポ法定義問題

       前の記事 : 曖昧な定義が社会の閉塞感を生む?  このカテゴリの目次 次の記事 : 公的なホワイト&ブラックリストの公開を要求すべき








 このエントリは 内閣府スレ★6 より引用しました




523 名前:朝まで名無しさん[sage]
     投稿日:2008/09/13(土) 11:56:05 ID:gHqq0n3p


>>483

>単純製造禁止後の運用実績を考えれば、家族写真はありえない。

私も一般人が家族写真で逮捕はまずないと思いますが、
海外で実際通報されるケースが起きているし、
現に家族写真も児童ポルノとして解釈が可能である以上今後
特殊な場面で不当捜査や陥れに使われる危険性はゼロではないと思います。

しかし、最も懸念されるのは過度の自粛によって
息苦しい社会が生まれることです。
実際に逮捕されるか否かに関わらず「法に触れるかもしれない」という
漠たる不安が自粛ムードに拍車をかけ
文化的表現を矮小化させる。それというのも児童ポルノの
定義が曖昧だからです。
3号ポルノの定義を削除すればこうした事態は防げると思っているのですが。

例えばこんな例はどうでしょう。
紀伊国屋事件 

自主規制の怖さを物語る端的な例ではないでしょうか。
定義の曖昧さが過度の自主規制を生み、過度の自主規制が
社会に閉塞感をもたらす。

欧米で問題となっている児童への性的虐待を記録したものや、
日本で問題になっている援交物の流出画像、
その他児童を性的搾取の対象とするような殊更性器を強調した写真等
本来取り締まるべき児童ポルノについては
1号と2号の定義で充分対処可能な筈。
規制すべきものは規制し許容すべきものは許容する。
そんな健全な社会を実現するための
定義の明確化。反対する理由はないと思いますが。
それとも定義を曖昧にしておいたほうが
都合の良いことでもあるのでしょうか?


> 18歳未満の水着写真も、心交社DVDの例から同様。

アマゾンがU-15の水着写真集を自粛し始めています。
ttp://aws.typepad.com/marketplace_jp/2007/08/dvdu-15dvd.html
(リンク切れ)
現行法の定義がいかに恣意的解釈が可能かを表す良い例です。



>日弁連はオウムへの破防法適用のときもそんな事言って反対してたから、
>鵜呑みには出来ない。

破防法適用云々については私はよく知らないので何とも言えませんが、
法律に関しては弁護士がスペシャリストである以上耳を傾けるべき意見で
あることに変わりはありません。
それに「過去こんなことがあったから信用できない」ではなく
主張そのものを見て判断するべきでは?


>有識者っていうのも色々意見はあるだろうし、

確かに色々意見はあるでしょうが私の知る限りでは恣意的運用の危険性を
訴える人のほうが多い気がします。


>そうなったところで別に困るようなことがあるとも思えない。

どうなんでしょうね。別件逮捕、不当な家宅捜索、ノルマ稼ぎなど
色々聞きますが。
オウムの時なんかはカッターナイフを所持している信者を
別件逮捕しまくったそうですけど。
児ポ法も現在の定義のまま単純所持規制してしまうとそういう事態も
起きかねない、ということか。



>定義の明確化なんてしてないと思う。家族写真摘発の不安があるなら、
>わいせつ性を盛り込んである現行案のほうがよほどマシかと。

児童ポルノの定義


<現行法>

一 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る
  児童の姿態
二 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る
  児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの
三 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって
  性欲を興奮させ又は刺激するもの

<民主党改正案>

一 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る
  児童の姿態
二 殊更に他人が児童の性器等を触り、若しくは児童が他人の性器等を
  触る行為に係る児童の姿態又は殊更に児童の性器等が露出され、
  若しくは強調されている児童の姿態

(削る)




無限に拡大解釈可能な3号が削られ曖昧さがなくなっている。
即ち「明確化」されていると思いますが。
「わいせつ性」という判断基準は主観に依るところが大きいのが問題かと。


>それと、現行法だって冤罪や捜査権の濫用を防げてるし。

冤罪や捜査権の濫用については定義だけでなく
単純所持規制と絡めて考えるべき問題であり、それはこれからの事です。

新たに単純所持を規制することで冤罪や捜査権濫用の危険性が出てくる。
そもそも単純所持を規制すべきなのかという議論もありますが、
もし単純所持を規制するならそうしたリスクを軽減するために
「定義の明確化」や「取得罪の新設」といった措置が
必要になるということです。











548 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/13(土) 21:31:03 ID:kihrmhFU

その紀伊国屋事件のサイト、面白いね。
「皆の日常は変化した日常として定着してしまう」 は事実認識として
全く同意だし、「一番恐ろしいのは政府の規制(圧力)ではなくて、
業界自らの自己規制」 なんて、内閣府スレ★3で俺が言ってた事に
当てはまる部分がかなり多い。ブックマークしといたよ。
 (と思ったら、俺も>>379で同サイトの別のページをリンクしていた)

でも、その事実に対する評価は180度逆で、
「だからこそ表現規制なんて大した事ない」 という結論になる。

それから、その紀伊国屋事件が起きた1999年当時、
俺は鬼畜系カルチャーに傾倒していて、その手のマンガや
死体・奇形児本やらを買い集めていたから、
 (マニア的収集じゃなく、本屋で見つけたら買う程度)
実感として閉塞への危機感を伴うなんてありえない。

駕籠真太郎の 「輝け!大東亜共栄圏」 (1999/6) とか
「アイコ十六歳」 ( 2000/12) とか、ホント滅茶苦茶だからね。"逆に表現の自由は行くとこまで行ったなと思っていたし。


あと、鬼畜系趣味に関連して、差別用語問題も興味あったから、
「新・差別用語 」 (山中 央 (著)  汐文社) っていう本も持ってて、
当時の抗議例や自粛例が沢山載ってるんだが、一部を別スレに投稿しとく。



★ 抗議例 ★

69年4月11日,「特別捜査機動隊」 のなかで,「靴屋のせがれはどこまで行っても靴屋のせがれ」 というセリフを吐くシーンがあり。系列の毎日放送が解同から糾弾された。

75年9月30日,「国際婦人年をきっかけとして行動を起こすおんなたちの会」 が,ハウス食品工業のTVCM 「私作る人,僕食べる人」 は,「男女の役割を固定し,女性差別であると抗議した。一ヵ月後放送中止。

82年6月28日,フジテレビの 「ニュースレポート600」 で,「ブラジル人はみんなサッカーキ○ガイです」 と,その熱中振りを伝えた。そのコメントに対して解同中本部と同寝屋川支部からフジテレビに抗議が来た。

83年2月23日,「久米宏のTVスクランブル」 で,横山やすしが 「サラ金業者はこれもんが多い」 と,小指を曲げた手を振りかざした。小指を詰めたやくざのジェスチャーだったのだが,4本指を指し示すのは部落関係者への差別だとして直ちに40本の抗議電話がかかってきた。

86年2月24日,「ウソップランド」 で,「士農工商にならって貴族A型,上級O型,平民B型,最下層はAB型」 とし,解同広島県連から糾弾された。同番組は4月中旬で打ち切りとなった。

87年6月15日,フジテレビ系で 「夏樹静子サスペンス 宅配便の女」 が放送された際,系列局の関西TVに対し,「セリフの中にある 『労務者』 は差別用語である。『労働者』 とすべきである」 と釜ヶ崎 (あいりん地区) のある大阪西成区の労働者組合から抗議があった。

89年10月2日,「筑紫哲也のニュース23」 で,「 (麻薬の値段を) いま吊り上げたら,ニューヨークの街もたぶん屠殺場だね」と発言。筑紫哲也は,1年間・9回にわたる大型の 「確認糾弾会」 でつるしあげられた。

第1回目,200人以上の参加者からは激しい罵声や怒号が浴びせられ,4時間に渡って続けられた。4,5回目までは人格が破壊されかねないほどの激しい糾弾会となった。「差別とは何だ,いってみろ!」 といわれ,あまりにも漠然とした問いに戸惑っていると 「なぜ黙ってるんだ。言えないのか」 とやられ,次から次へと揚げ足を取られつっこまれる。何を言ってもつるし上げられる。
「私の場合,差別意識からではなく偏見だった」 など発言したのに対して 「バカヤロー」 などの野次や脅迫的発言が浴びせられた。

★ 自粛例 ★

82年5月27日の 「毎日ニュース」 で 「中学校の用務員○○さん宅で・・・」 に,「用務員という表現は抗議される恐れがある」 と考査担当者から注意を受けた。

83年11月1日,日本テレビ 「火曜サスペンス劇場」 「僕,オシのまねをしていたの」 のオシを,カンモクジに変更。緘黙児と書く。ドラマ見てて、子どもがいきなりそんなセリフを言っても何のことだかサッパリ分からない。

86年3月,朝日放送,「日本カーキチ図鑑」 の言葉が入った 「ベストカー」 のCM放送を断った。

86年5月,中部日本放送 「嫁と呼ばないで」 で,未亡人が港湾荷役者に勤める事になり,そこで働く労働者が 「掃きだめに鶴」 というセリフがカットされた。

86年7月17日,阪神タイガースのバース選手のインタビューの中に,「野球が駄目になれば,故郷に帰って農夫にでもなるさ」 という字幕があり,農夫を農民とかえて放送した。

87年2月,関西TVの 「今夜は眠れナイト」 の事前チェックで島田紳助の 「おまえらみたいな汚い顔じゃ,清掃車に巻き込まれても誰も知らん顔してるわ」 との発言が, 「清掃業蔑視に繋がる」 として削除を要求された。

88年4月1日,「必殺4 恨みはらします」 のなかの,「そんな事をしたらバチがあたって目が潰れるぞ」 を削除。

88年4月16日 「ねるとん紅鯨団」 「エイズと思われて恋人ができなかったんだって」 「エイズじゃなくてよかったな」 をカット



これらはあくまで一部の例。児童ポルノや二次創作物より
はるかに公共性や影響力が大きいメディアにおいて、
30年以上前からこのような事が頻繁にあったにも関わらず、
閉塞感漂う息苦しい社会になっているという実感は全く沸かない。


550 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/13(土) 21:33:24 ID:kihrmhFU

>>破防法適用云々については私はよく知らないので何とも言えませんが

「オウム真理教に対する破防法棄却決定の検討報告書」の要旨


破防法適用が見送られたと見るや、オウムは
「私たちまだオウムやってます」 という挑発的なキャッチフレーズと共に
活動を活発化させ、信徒や子女の転居・就学において
地元住民が反発して、自治体の受け入れ拒否が問題化した。

破防法見送りが一般市民に無用の精神被害を与えたと同じで、
その事について、日弁連は何の責任も感じていないことだろう。

法の正義が必ずしも人間社会の幸福に繋がらないと言う一例。



改めて団体規制法(第2破防法)に反対する市民の集い
  オウム側が住民票の問題で日弁連に人権救済申し立てをしている。
  日弁連は、法と住民感情の狭間で困っている。


「困ってる」 じゃ無いんだよ、「困ってる」 じゃ。

自分たちが破防法に反対したんだから、「地元住民は間違ってる」 と
はっきり言えよ。
こういう、予見能力も無ければ責任感も希薄な連中の
言う事などまともに取り合っていられない。


>>それに「過去こんなことがあったから信用できない」ではなく
>>主張そのものを見て判断するべきでは?


破防法に限らず、国民総背番号制やスパイ防止法のように、
同じような論拠で法案を潰したことが、後世に禍根を残している。
そのような主張を鵜呑みにする事が危険である事は実証されている。

>>別件逮捕、不当な家宅捜索、ノルマ稼ぎなど色々聞きますが。

俺が>>510で言ったとおり、警察の強権捜査によるデメリットを
受容できるかという問題で、俺は必要悪として認めるべきと思う。
ただし、刑事訴訟法の許す範囲内での話。


>>無限に拡大解釈可能な3号が削られ曖昧さがなくなっている。
>>即ち「明確化」されていると思いますが。


逆じゃない?わいせつ性が全く無い物まで規制対象になりうると見るべき。
「類似」 「等」 「殊更」 なんて語句も拡大解釈可能だし。

>>新たに単純所持を規制することで冤罪や捜査権濫用の危険性が出てくる。

いくら定義を明確にしたって、強権捜査や証拠のでっち上げは
絶対阻止できない。
それは他の刑法に関しても同じ。刑事訴訟法改正で解決すべき問題。

というか、規制反対派が定義の明確化を求めるのは、
自分の所持しているものが違法か適法かがわからないから
困るってことじゃないの?

であれば、単純所持規制を前提として、既に自分が所持しているものが
合法であるかどうかわかるような公的システムを要求した方が
前向きで建設的であると思う。










582 名前:朝まで名無しさん[sage]
     投稿日:2008/09/14(日) 11:52:30 ID:TUdBR5PQ


>でも、その事実に対する評価は180度逆で、
>「だからこそ表現規制なんて大した事ない」 という結論になる。

私と感想が異なるようなので詳しい説明をお願いしたい。

>死体・奇形児本やらを買い集めていたから、
>実感として閉塞への危機感を伴うなんてありえない。

死体・奇形児本や駕籠真太郎は児童ポルノとは関係ないでしょう。


>「新・差別用語 」 (山中 央 (著)  汐文社) っていう本も持ってて、
>当時の抗議例や自粛例が沢山載ってるんだが、一部を別スレに投稿しとく。

興味深い例ですが、やはり児童ポルノとは関係ありません。


>>550

破防法の件教えていただきありがとうございます。
破防法見送りによって生じた問題については理解できましたが
破防法を適用したらしたで別の問題が生じたんじゃないですか?
また新法作成時にあらゆる可能性について議論するのは
法律関係者なら当然の責務だと思います。


>そのような主張を鵜呑みにする事が危険である事は実証されている。

別に鵜呑みにしろなんて言ってませんよ。参考になると言っているだけです。
それにいくら論拠が似ているからといって、やはりこういう難しい問題は
別個に扱うべきだと思いますし。


>警察の強権捜査によるデメリットを
>受容できるかという問題で、俺は必要悪として認めるべきと思う。

児童ポルノの定義を明確にすれば捜査権濫用のリスクは大きく軽減される。
警察の強権捜査をデメリットと認識しているなら
私の主張に賛同すべきでしょう。


>逆じゃない?わいせつ性が全く無い物まで規制対象になりうると見るべき。

殊更に性器を触ったり殊更に性器が強調されていて
わいせつ性が全く無い物って例えばどういう物でしょうね。


>「類似」 「等」 「殊更」 なんて語句も拡大解釈可能だし。

「類似」と「等」については現行法にも言えることですね。

>いくら定義を明確にしたって、強権捜査や証拠のでっち上げは
>絶対阻止できない。

絶対に阻止できなくともリスクが大幅に軽減されるのであればやるべきです。

>というか、規制反対派が定義の明確化を求めるのは、
>自分の所持しているものが違法か適法かがわからないから
>困るってことじゃないの?

どうしてそんな邪推をするのでしょうか。これまで散々
捜査権の拡大や自主規制による閉塞感といった観点から論じてきたのに。


>であれば、単純所持規制を前提として、既に自分が所持しているものが
>合法であるかどうかわかるような公的システムを要求した方が
>前向きで建設的であると思う。

もし単純所持規制によって過去合法であったことが違法になる(例えば
一部の少女ヌード写真集の所持)ような事態が発生したならば、
わざわざ市民の側から要求せずとも政府側から何らかの周知行動を取る筈。
周知行動を取らないのであれば
政府はその件についてあまり関心がないと判断すればよい。
わざわざ自分の所持しているものが合法か違法かを確認するために
定義の明確化・法改正を要求するなど荒唐無稽です。




(2010/2/17 entry)


       前の記事 : 曖昧な定義が社会の閉塞感を生む?  このカテゴリの目次 次の記事 : 公的なホワイト&ブラックリストの公開を要求すべき








         
トップページに移動




























captain_nemo_1982 at 04:00│Comments(0)TrackBack(0)児ポ法定義問題 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔