2013年05月01日

閲覧回数と人権侵害度の関係


児童の人権問題


       前の記事 : 限りなく肥大化する社会的弱者の人権範囲  このカテゴリの目次 次の記事 : 人権本有論に裏打ちされた少年法改正









 このエントリは 内閣府スレ★7 より引用しました



627 名前:朝まで名無しさん[sage]
     投稿日:2008/10/28(火) 21:43:51 ID:Ul4FTWCl


やはり俺なんかより頭がいい人間がいる。
以下全文とあるブログのコメント欄のコピペ


所持と視聴は異なる行為です。
もっと分かりやすく言うなら、「単純所持」とは二度と開けられない
箱の中に対象物を入れて保持しているということです。

視聴の有無は関係なく、視聴が所持の上位にあります。
その箱の中身が例えば麻薬だったとき、
箱の持ち主は麻薬取締法違反で逮捕されます。

1度視聴する行為を人権侵害としたのではなく、
今まで視聴したことがない人が視聴したことによって、
被害児童の人権が社会的に侵害された、と捉えました。

2回目以降の視聴において、上記のような人権侵害は発生しません。
つまり1回視聴するのも100回視聴するのも、視聴した人物が被害児童を
知ってしまったという点においては差異がないと考えました。
ですから1回目の視聴を作り出す譲渡・販売を人権侵害であるとしました。
ただ、その点に関しては反論を考慮し
>視聴するたびに人権侵害されると考えても良いですが
の1文を付け加えさせていただきました。
そう捉えていただいても、「単純所持」に関しては問題ありません




628 名前:以下コピペ[sage]
     投稿日:2008/10/28(火) 21:46:59 ID:Ul4FTWCl



>人権侵害は視聴した際になされるものであって、
>所持は人権侵害に当たらないとの解釈ですか。
>そう解釈したとしても潜在的に被害者の人権侵害が行われる可能性は
>いつまでも残り続けますよね。
>その可能性は根絶すべきです。


この点を突っ込んでくれて、ありがとうございます(笑)。
可能性の議論はナンセンスです。
なぜなら「単純所持」=譲渡・販売の意思がないということだからです。
未必でも流通の可能性がある場合は、現行法の提供罪で処罰可能です。

(以下別の人のコピペ)

一応聞いておきますが、今の日本では、「児童ポルノ」を撮ることを
許容する国ではありませんよね?
完全に、どう考えても違法な状態の撮影は、すでに禁止されてます。

犯罪行為がたくさん起こってる国ですか?いいえ違いますよ。
犯罪は一貫して減ってます。
30代40代は、おそらく世界と比較しても、これほど人数が多くて
犯罪が少ない国は多くはないでしょう。

だから当然、AVに出てる内容なんて全部嘘です。

このような状態で「児童ポルノ」の単純所持程度を法律で
禁じる理由などどこにもありません。
税金の無駄です。

しかも、警察が判断するなんて、馬鹿げてます。
自分の行動の判断は自分のものであって
警察など何の関係もありません。




629 名前:朝まで名無しさん[sage]
     投稿日:2008/10/28(火) 21:49:53 ID:Ul4FTWCl


解決不能

ここのコメント欄のやりとりから拝借させていただきました。ホント反論側の
内の二名が的確すぎます。

規制反対の人たちは、少し参考にしてはどうでしょう?











678 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/11/01(土) 21:53:47 ID:oDrc7rkf

>> 1回視聴するのも100回視聴するのも、視聴した人物が被害児童を
>>知ってしまったという点においては差異がないと考えました。


コピペにマジレスだが、詭弁にもなっちゃいない。
1回と100回じゃ人権侵害の度合いは全然違うよね。

映画や音楽なんか、一回だけならどんなんだったか
忘れたりするけど、DVDやCDなんかで何回も繰り返し視聴すれば
セリフや歌詞もおぼえるし理解も深まる。
児童ポルノもそれと同じで、複数回の閲覧により
被害児童の情報が閲覧者の記憶により深く刻まれていく事になる。

>>可能性の議論はナンセンスです。
>>なぜなら「単純所持」=譲渡・販売の意思がないということだからです。
>>未必でも流通の可能性がある場合は、現行法の提供罪で処罰可能です。


こっちの方はまだマシだが、現行法で処罰可能にも関わらず
頒布が止んでいないという事実の前では、やはり机上の空論の域を出ない。

>>規制反対の人たちは、少し参考にしてはどうでしょう?

少なくとも、noir_k っていう人の言い分って突っ込みどころ満載だよね。










680 名前:朝まで名無しさん[sage]
     投稿日:2008/11/01(土) 22:53:56 ID:OGwFPeV8


>1回と100回じゃ人権侵害の度合いは全然違うよね。

社会的には全く同じ。「知っているか、知っていないか」の二択のみ。
倫理的な問題は、あなたの主観なので法的議論では却下。


>頒布が止んでいないという事実の前では、やはり机上の空論の域を出ない。

しかしそこから先の踏み込みは、この社会の枠組みそのものを壊す。
イスラムの世界ならまあやるでしょうが…つーかやるみたいだな、インドネシア。











685 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/11/02(日) 00:39:08 ID:nj55q7lv

>>社会的には全く同じ。

社会的にってどういう意味?社会通念が閲覧の多寡を
問題にしないって事?

>>「知っているか、知っていないか」の二択のみ。

社会が1回も100回も人権侵害の度合いとして同じと認識するならば、
ネットでたまたま見かけるのも表現を入手して所持するのも
同罪として処罰するという話にしかならないんだが。

それと、人権侵害の度合いという観点を繰り返すと、
ネットで通りすがり的に一回閲覧したくらいじゃ
何百何千と見た画像の一つとして忘れちまう事もあるけど、
所持して何回も閲覧すればそれだけ記憶に蓄積されるだろ?

その印象の度合いは0か1かで二分されるものではなく、
閲覧回数に比例して増大していくんだよ。

映画や音楽でも何度も繰り返し視聴され、語り継がれていく事で
人々の記憶に残り、名作としてのステイタスを確立していくわけで、
それはクリエイターにとっても誇りになるわけだよね。
児童ポルノではそれが被害児童にとって逆の意味を
持つんじゃないかといってるのさ。


686 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/11/02(日) 00:39:52 ID:nj55q7lv

>>倫理的な問題は、あなたの主観なので法的議論では却下。

俺の主張のどこを見て倫理的だと判断したんだい?
それから、仮に倫理的だったとして、そりゃ確かに俺一人の主観で
法的議論を闘わせるのは無理があるだろうけど、
その主観を共有する人間が多数派を形成しても、
法的議論は許されないのか?

>>しかしそこから先の踏み込みは、この社会の枠組みそのものを壊す。

単純所持規制くらいじゃ壊れないって。既に実施してる先進国はどうなるんだよ。










699 名前:訂正[sage]
     投稿日:2008/11/02(日) 08:54:39 ID:1ZO4k4Nd


>社会が1回も100回も人権侵害の度合いとして同じと認識するならば、

同一の人間が同一の画像を1回見ようが百回見ようが、
社会的な流通の観点では同じ。個人の記憶差もある。
法として、国民にあまねく公平であるのは
個人差をなくした「知っているか、知らないか」に決まっているだろう。
アナタが言っているのは、法の議論ではなくて、倫理の議論。


>その主観を共有する人間が多数派を形成しても、
>法的議論は許されないのか?

許されるか許されないかで言えば、言論は自由だから許されるが、
法的な議論の道具としては効力がない。
簡単に言えばあなたが言っているのは「俺は〇〇が嫌い
だから個人の嗜好(=視聴、単純所持)としても処罰しろ」という事に過ぎない。
大体、アナタは保護法益として、個人法益と社会法益は同一であるという、
勝手な解釈を持ち出す辺り、
すでに主観の道具を持ち出して感情で言っているに過ぎない。

主張としてはどこまでもできる。別に論として詰められても
「いいや俺は納得できない」と言って、
最後まで言いつづける事をこの国家では規制しない。
「児童の保護の為にはあらゆる規制に制限を設けない」
と言った人間がいたが、結局リスクを絶対にゼロにしろ、
というのは、もはや宗教のレベルだ。











 ここからは 内閣府スレ★8 より引用しました


3 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/11/03(月) 07:30:35 ID:Ya3vK4x/

>>同一の人間が同一の画像を1回見ようが百回見ようが、
>>社会的な流通の観点では同じ。


社会的ってそういう意味か。
一見正論のようにも見えるが、物事そう単純ではない。

一般的に考えれば、複数回の視聴に耐えうる表現というのは
回数が多ければ多いほど優良なコンテンツであると同義だから、
ある程度流通市場が成熟してマーケティングの需要が生まれれば、
必ずリピーター率というのは流通の端から端まで、
すなわち発信側から受け手までに影響を及ぼすよ。

>>個人の記憶差もある。

そういう問題じゃない。どんな人間だろうと、一回と百回で記憶の克明さが
同じという事はありえないといっている。
  (乳児、知的障害、認知症などの特殊例は除く)

>>法として、国民にあまねく公平であるのは
>>個人差をなくした「知っているか、知らないか」に決まっているだろう。


それを言うなら 「持ってるか、持ってないか」 の間違いじゃないの?
認知責任を児ポ法で問うなど理念としても聞いた事がないし、
技術的にも困難であると思われる。


4 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/11/03(月) 07:31:25 ID:Ya3vK4x/

>>許されるか許されないかで言えば、言論は自由だから許されるが、
>>法的な議論の道具としては効力がない。


「嫌だから」「キモいから」 なんてあからさまに言うならそうだろうけど、
「精神的被害であり人権侵害」 というレトリックを用いられたらどうする?

>>簡単に言えばあなたが言っているのは「俺は〇〇が嫌い
>>だから個人の嗜好(=視聴、単純所持)としても処罰しろ」
>>という事に過ぎない。


ちょっと違うな。児童の人権が拡大解釈される流れの中で、
結果として個人の嗜好が抑圧されるという現象に対し、
反対する理由が無いってことだよ。

>>大体、アナタは保護法益として、個人法益と社会法益は
>>同一であるという、勝手な解釈を持ち出す辺り、
>>すでに主観の道具を持ち出して感情で言っているに過ぎない。


同一とまでは言ってない。児童の人権の範囲は社会倫理により
影響され、規定されるという客観的事実を述べているだけ。
だから、児ポ法に限っては法益を厳密に分ける意味が無い。

>>リスクを絶対にゼロにしろ、というのは、もはや宗教のレベルだ。

理想論としてならごくごく一般的な主張に過ぎないと思うが。


                     (2010/4/2 entry)


       前の記事 : 限りなく肥大化する社会的弱者の人権範囲  このカテゴリの目次 次の記事 : 人権本有論に裏打ちされた少年法改正











トップページに移動




























captain_nemo_1982 at 11:00│Comments(0)TrackBack(0)児童の人権に関する議論 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔