2013年04月16日

子どもの犯罪被害データーベース 性犯罪


間違いだらけのカタルシス理論



このカテゴリの目次




★ 注意 ! ★

これらの事例は、決して表現と犯罪の因果関係を
立証できるものではありません。
メディア影響に関する研究においても、単一事例研究は
影響の有無を立証できないとされています。
あくまで、参考に止めておいていただきたいと思います。



子どもの犯罪被害データーベース 性犯罪


昭和30年(1955).9.13〔高1がいたずらのため幼女誘拐〕

 神奈川県横浜市の路上で、高校1年生(15)が登校中の小学2年生の女の子(8)に「お母さんが呼んでいる」と自転車に乗せて誘拐、山の中ですぐに捕まった。エロ本に刺激されていたずらをしようと「綺麗な子だから連れて行った」と自供。


昭和40年(1965).5.22〔16才の高校生による強姦事件〕

 高校2年生の少年A(16才)は、平素から素行が悪く、昭和40年5月に無期停学処分を受けたものであるが、同年5月22日午後6時ごろ、牧草地の付近で山菜とりからの帰宅途上の少女2名(中学2年生と小学3年生の姉妹)を認めるや劣情を起こし、先ず妹を殴打して転倒させたあと、姉に襲いかかり、顔面を殴打するなどの暴行を加えて、強いて姦いんした。
 少年は、無期停学処分を受けてから、毎日の反省を記録するなど謹慎していたが、婦人雑誌や低俗な週刊誌を読んでいるうちに、性への興味を刺激され、遂に性犯罪を犯すに至ったものである。家庭は両親と弟との4人暮し。父は農協職員で、母は農業に従事する中流の、この付近では、極く普通の家庭であった。(福島県) 警察庁「昭和40年の犯罪」引用。


昭和41年(1966).7.〔幼児および小学生を対象に連続100数回にわたりわいせつ行為をしていた事犯〕

 大阪市内の中学生N少年(13歳)は、テレビ、映画等の男女抱よう場面あるいは雑誌のヌード写真等に刺激され、性に対する異常な関心を高め、昭和41年2月から同年7月までの間に、比較的保護者の監視の行き届かない団地の小学校低学年の少女および幼児100数名に対し「うさぎを見せてやる」等と云って付近の植込みなどに誘いこみ裸にして、手指でその陰部をもて遊びわいせつ行為をしていた。少年は幼児期に母と死別し、父に甘やかされて育てられたが、家庭の淋しさから、テレビや映画で気をまぎらわしあるいは盛り場を遊び歩いて映画の看板、スチール写真などを見ているうちに異性に対する異常な関心が高まりし次第にこのような行為をするようになったものと思われる。(大阪) 警察庁「少年非行の実態」引用。


昭和43年(1968)..〔15歳が強制わいせつ〕
 北海道の高校生T(15才)は、本屋で立読みした週刊誌のヌード写真をみて異性に対する異常な興味をもち、女性の陰部にふれてみたいとの欲求から、自宅附近の球場を舞台に小学生4人を対象にわいせつ行為をしていた。(北海道) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和44年(1969).9.1〔小6がレイプ未遂〕

 低俗な週刊誌を盗み見したりして異性に対する興昧をもつようになった小学校6年2人が、同級生の女子に「臨時の子供会が公会堂であるから来い」と有線電話を利用して呼び出し、途中の農道上で待伏せ、通りがかった同女にやにわに抱きつき、上半身を裸にしたうえ、わいせつな行為をし、さらに強姦しようとしたが抵抗されて目的を遂げなかった。(44.9.1静岡) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和44年(1969).9.3〔保護観察中の少年による強姦殺人事件〕

 被疑少年S(19歳)は、小学生(11歳)を強姦しようとして傷害を与えた非行により保護観察中であつたが、その後もエロ本やエロ映画等を観ているうちに再び強姦を企て、前回非行の際、被害者に顔を見られ、そのまま帰したために検挙されたことから、今回は刃物で刺し殺せば安全だと考え、あらかじめ「切出しナイフ」を購入し、昭和44年9月1日午後7時15分頃、亘理郡山元町で通勤帰りのS女(20歳)を背後から5.6回突き刺し、さらに顔面、頸部を突き刺したうえ、道路脇の水田に引きずり込み、着衣をナイフで引き裂き、全裸にして姦淫して殺害した。(44.9.3検挙、宮城) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和46年(1971).7.〔小学生2人組の強制わいせつ致傷事件〕

 テレビ等の男女が抱き合う場面に刺激され、性に異常な興味をいだいていた小学校6年男子2人が、下校途中小川で遊んでいた6歳の少女を見ていたずらしようと相談のうえ、「お菓子を買ってやる」と近くの空小屋に連れこみ、下着を脱がせていたずらし、全治1週間の負傷をさせた。(神奈川7月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).6.〔成人映画の看板に刺激された中学生の強制わいせつ〕

 中学3年生(14歳)Aは、成人映画の看板を見て好奇心を刺激され、自宅前で遊んでいた小学校2年生(7歳)B少女を認めて劣情を催し、家屋内に連れ込み強制わいせつの行為をした。(神奈川6月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和47年(1972).12.〔学習帰りをねらった中学生の強かん致傷事案〕

 中学校2年生(13歳)Sは、テレビの強かんシーンや週刊誌のヌード写真に興味を持ち異性への異状な関心がこうじて、学習帰りの女子小学生(11歳)をねらい、果物ナイフで脅迫、全裸にしたうえ強かん致傷事案を犯し補導された。(愛知12月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和48年(1973).4.〔小学生や幼稚園児にいたずらをしていた中学生〕

 中学生(15歳)は、成人向映画の映画館の看板をみて性に対する刺激を受け、8回にわたり、社寺境内、運動場等で遊んでいた小学生、幼稚園児等を小屋や墓地等につれ込み、強姦致傷、強制わいせつなどを敢行した。(静岡4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和50年(1975).12.24〔中3が通り魔〕

 埼玉県蕨市と川口市で5.5に自転車に乗って女子高生と女子中生の顔にカッターナイフで切りつけ1週間のケガを負わし、9.12にはOL3人にケガ、12.7には小2の女の子(8)2人を中学校の更衣室に連れ込み縛って切りつけ1ヶ月のケガをさせた中学3年生(14)が12.24に捕まった。「テレビの深夜番組でヌードを見て切ってみたくなった」と自供。10件の事件を起こしていた。


昭和54年(1979).10.〔高3が女子小学生をレイプ未遂〕

 高校3年生(17歳)は、書店で立読みしたポルノ難誌やテレビの深夜放送等をみて異性に対する異常な興味を持ち、ストッキングで覆面をし、長さ46センチの角材を所持して、女子小学生の勉強部屋に侵入し「静かにせよ、声を出すと殺すぞ」等申し向けかん淫しようとしたが家人にみつかり逃走した。(10月、愛知) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).3.〔中2がレイプ未遂〕

 中学2年生(14歳)は、自動販売機で購入した雑誌「漫画エロチカ」のヌード写真、性交場面等をみて刺激され、女子小学生をねらって姦淫しようと企て、市内の小学校の女子便所付近で待ち伏せ、同校女子6年生(12歳)を同便所内に連れ込み、姦淫しようとしたが、騒がれたため未遂に終ったが、少年は犯行の際くり小刀、ガムテープ、カメラを所持しており、同女を姦淫後、全裸にして写真撮影するつもりであったと申し立てた。(神奈川、3月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和56年(1981).10.〔高1がレイプ未遂〕

 高校1年生(16歳)は、自動販売機等から購入した週刊誌「プレイボーイ」、ポルノ雑誌「スクリュー」等のヌード写真や性描写に刺激され、婦女と姦淫することを計画し、通行中の小学5年生(10歳)に「こっちに来い」と同女の右手をつかみ草むらに連れ込み、パンティーを引きおろして陰部をもてあそんだうえ、姦淫しようとしたが通行人に発見され、未遂に終った。(福岡、10月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和60年(1985).4.〔19歳が幼女にいたずら〕

 各種学校生(19歳)は、女性の裸体写真のでている週刊誌や、テレビ番組を見て、セックスの体験をしたくなり、小学3年生(8歳)を山林に連れこみ陰部を弄んだ。(埼玉4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和61年(1986).2.〔中3が17件の強制わいせつ〕

 中学3年生(15歳)は、男女セックス場面の掲載された雑誌を見て、女性の体に興味を持ち、小学生の女の子に声をかけ、山林等に連れこみ、みだらな行為を重ねる等合計17件の強制わいせつ事件をおこした。(神奈川2月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和61年(1986).4.〔中2が幼女レイプ〕
 
 男子中学2年生(13歳)は、雑誌に掲載されていた女性の裸体写真を見て、女性に対する興味を持つようになり、5歳の少女を強姦しようとして倉庫に連れこみ、傷害を負わせた。(新潟4月) 警察庁「少年の補導及び保護の概況」引用。


昭和62年(1987).10.〔中1が幼女にいたずら〕

 男子中学1年生(13歳)は、コミック雑誌に刺激されて5歳と3歳の少女の陰部に触る等のわいせつ行為を行った(秋田10月)





こちらもどうぞ ↓
nemo 収集記事



このカテゴリの目次


トップページに移動





























captain_nemo_1982 at 03:00│Comments(0)TrackBack(0)間違いだらけのカタルシス理論 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔