2013年04月27日

非実在青少年周り。 - Scott’s scribble - 雑記。


他サイトによる規制反対派批判


       前の記事 : 田中秀臣氏ブログ + tntb152958116氏 togetter  このカテゴリの目次 次の記事 : 規制反対運動をしながら、どんどん敵を増やしてる人たち










非実在青少年周り。
                   (web 魚拓)
                 (2010/3/19)



■ 愚痴

本当に非実在青少年周りは規制側にも反対側にも言いたい事が山積しまくりで錯乱しそう。

<レイプも痴漢もあらゆる性犯罪は、すでに先行してこの世界に存在するよ。なんで本のなかにだけあっちゃだめなの?> なんでこういうこと言っちゃうかな。「リアルでもあっちゃいけないし無くすように努力しなきゃいけない」ってカウンター喰らったら終わりだろうし当然喰らうでしょ。

規制を退けるためには何言っても良いんかい。アツけりゃ何言っても良いんかい。そうじゃねーだろ。規制に反対する時こそ「自分の側でちゃんと律せますから」ということを見せ付けなきゃダメなんじゃねーのか。そこで逆に現実に犯罪があることを肯定してどうすんだよ。

今回の件で一番感慨深かったのは、「電凸やメールならいくらでもやるけど、直筆で手紙出せと言われたら途端に数が激減する」ということ。

「エロを規制する前にアレやソレが規制されてないのはどうなんだ!?」という論法は「アレやソレを規制したらエロも規制して良いです」と言ってるのと同じなので止めた方が良いっていうかオレが迷惑だから止めてくれ。

「エロ漫画と性暴力の因果関係を証明しろ!」というのも「因果関係が証明されたら規制してくださって結構です」と同義なのでそういうつもりで言ってる人以外は言わないでください。・・・・・・どーせ証明されても調査方法に難癖付けて認めねーつもりで言ってるだろ。それは卑怯だよやっぱり。


■ 反対派はこんなのを「大勝利」と思ってるし。

http://togetter.com/li/9838 つーか、何で規制反対派は「エロの善悪」の話に持って行きたがるんだろ。最初の津田氏の「法案としての不備が多すぎ、それによる弊害が広範囲に及ぶ可能性ががあることが最大の問題」の線で行けばずっと反対しやすいのに。

規制賛成派が「エロが出過ぎるのは悪」という話に持っていくのは当然なんだよ。それが一番世論のコンセンサスが得られやすいから。反対派がそれにまんまと乗っかるのが馬鹿すぎるだけで。「フランスの名曲夢見るシャンソン人形はどうなりますか?」とか、誰も雑学聞いてねぇよ。

「規制よりゾーニングを!」とか言いながら同じ口で「Amazonは18歳かどうか聞いてるでしょ?ゾーニング完璧じゃないですか」とか言っててぶっ飛んだ。「ゾーニングを!」と言ってる人って、あれがゾーニングとして機能すると主張してんのか。

<嫌悪や否定意見がきたら、もう楽勝コースですよ。><「憲法違反です」「あ、嫌いですか?だから?」で一蹴できる程度の雑魚に過ぎない。 > 反対派は社会的コンセンサス得る気ゼロなんだな。よく解った。


■ ゾーニング

「ゾーニング」にしろ「リテラシー教育」にしろ、「とりあえず規制が来そうになったらこの単語を叫んどけ」ぐらいにまで堕ちてるようにしか見えねーなぁ。平時どっかで常に議論してるぐらいにならんと。

オレは本当にネットでゾーニングをやるならネット免許制(自動車免許のような運用。ほぼ18禁。)しかないと思ってるんだけど、それを言うと「子供にネットを見せないのは可能性を閉ざす云々」で思いっきり批判されるのを知っている。

にもかかわらず、こういう時だけいけしゃあしゃあと「規制よりもゾーニングを!」とか言い出す奴が多すぎるのが腹立つ。突き詰めたらゾーニングにも反対なんだろうがお前ら。

で、そういう人の言うゾーニングって一体何ぞと思ってたら「入り口に『あなたは18歳以上ですか yes no』を形式的に置いておけばゾーニング完成であり、あとは子供本人の自己責任か親の監督責任である」と。なんじゃそりゃ。

ゾーニングって意味解ってるか?「隔離して18歳未満には絶対見せない」ってことだぞ?「18歳未満には自己責任で見せてもいい」じゃねーぞ?ゾーニングを自分に最大限都合のいい解釈したまま「規制よりゾーニングを!」とか言う奴多すぎじゃねーか?





★ captain_nemo_1982 のコメント

威勢のいい物言いで読んでいて気持ちがいい。
言ってることもいちいち同意できるんだが、
「法の不備や弊害を論拠にすれば反対しやすい」 に関しては
疑問がないわけでもない。

確かに、反対派としては反良識表現を擁護するという
精神的負担の軽減に一役買うのだろうが、
それが一般に通りのいい主張と受け取られるかどうかは別問題だ。

ほとんどの一般市民は、表現の自由がどうとか
難しいことはあまり考えず、「酷いものは売り場を別にしても
いいんじゃない?」 くらいに考えているだろう。

そういう人たちに法の不備や弊害を滔々と説いても、
「この人たちは何の得があって、こんな政治活動を
熱心にやっているんだろう?」 と訝られるだろう。

普通に考えれば、「反対派とは規制をつぶすことによって
何らかの利得を得る立場にある人たち」 という
推測にたどり着くのはそう難しいことではない。
そして、その反対派が業界の人間なら
「商売でやってるんだろうな」 だし、
受け手(その手の表現愛好者) なら、
反良識性表現に対する執着心を疑われるだろう。

また、純粋に法の不備をなくそうという動機でやってるなら、
それはそれで十分に気持ちが悪い。
ある意味、宗教的な熱意と受け取られる危険性がある。

だから、規制反対派が 「エロの善悪」 に
話をもっていきたがるのはある程度やむを得ない。
そこを根本的になんとか解決しないと、
この問題で社会のコンセンサスを得ることは不可能だからだ。

ただし、人間の性愛の問題を法根拠や統計で割り切ろうとする
規制反対派の主張はあまりに筋が悪すぎる。
16歳なら結婚できるとか、憲法違反だとか、
日本は性犯罪が少ないとか、そんな問題を持ち出したところで、
机上論で論破して満足感を得ることはできるかもしれないが、
政治的な結果をかちとることはほぼ不可能である。

規制派や一般市民は感情論で規制に同意してるんだから、
規制反対派も彼らの感情に訴えないと勝ち目はないと、
私は以前から何度も言ってるんだが・・・・・

あとは、「電凸やメールならいくらでもやるけど、
直筆で手紙出せと言われたら途端に数が激減する」
という話も興味深い。
世論調査の9割の規制賛成は、本気で賛成してないという
批判があったが、規制反対派だって本気でやってるのかどうか?
ネットという便利なツールがなけりゃおそらくこんな問題には
関わっていなかった連中がほとんどじゃないのか。

権力が個人主義に介入する動きが気に入らないという、
ただただガキっぽい反抗心に捕らわれただけの連中が
ネット(安全地帯) から一歩もでずに
無責任に好き勝手に屁理屈をこねてるだけなんじゃないのか。

ただ、コメント欄を見るとかなり冷静な意見が目立つのは
規制反対派も変わりつつあるという兆候だろうか?
こういう意見が以前からあって私が知らなかっただけかもしれないが、
少なくとも私が出入りしていた掲示板やサイトでは、
傲慢な態度で熱を吹く類の人たちばっかりだったんだが。



              (2010/11/24 entry)

       前の記事 : 田中秀臣氏ブログ + tntb152958116氏 togetter  このカテゴリの目次 次の記事 : 規制反対運動をしながら、どんどん敵を増やしてる人たち








トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 14:00│Comments(0)TrackBack(0)他サイトによる規制反対派批判 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔