2013年04月27日

児童ポルノ規制反対派敗走 m9(^Д^)プギャー - riverrun past...


他サイトによる規制反対派批判


       前の記事 : 表現規制反対派に厨しかいない理由 - 無貌断片  このカテゴリの目次 次の記事 : 【愚痴】非実在青少年なんちゃら関連がうざい【ガス抜き】 - 2ch同人板









 


児童ポルノ規制反対派敗走 m9(^Д^)プギャー - riverrun past...
                   (web 魚拓)
                      (2009/12/4)




このエントリは社会規範や当事者の感情を、がっつり無視しているから、不快に感じる人がいるかもしれないね。最初に謝罪しておきます。

"Marketing is a human activity directed at satisfying needs and wants through exchange processes."
マーケティングというのは、交換するというプロセスを通じて、ニーズとウォンツを満足させようとする人間的な活動のこと。
フィリップ・コトラー


コトラー&ケラーのマーケティング・マネジメント 第12版のどが渇いた(一般的な需要;誰かがぼんやり「必要」だと感じている)がニーズで、のどが渇いたのでコーラが飲みたい(ニーズを満たす具体的な商品に対する需要;だれかが特定のものが「欲しい」と思う)がウォンツね。*1

  (中略)



児童の権利保護を目的とした単純所持違法化と
創作物規制に反対するインセンティブはない


児童ポルノのニーズは「性欲」。VHSが普及したのも、DVDが普及したのも、インターネットのストリーミングが普及したのも、浮世絵からツタヤまで、みーんなエロが原動力になっているよね。自動車のCMもセクシーな女の人を使うし、コーラのビンはどことなく女性のボディーラインに似ている。*2

(主に経済的な見返りでもって)交換するというプロセスを通じて、性欲を満たすための人間的な活動を、人類は一生懸命してきたわけだ*3。性欲を満たすための、サービス・商品は巷にあふれている。生身の女性から、ヌード雑誌から、アダルトビデオから、インターネットまで。

そういうサービス・商品が放つ、ウォンツの波動を受けても全然ニーズが満たされない層ってどれだけいるわけ?つまり、児童ポルノ・児童そのもの以外ではまーったく性欲が満たされない人。ほとんどいないんじゃね?大抵の人は代わりとなるものをいっぱい持っている。

ほとんどいないと書いたが、ごく一部だけそういう人間がいて、あまりのフラストレーションから犯罪に走ってもおかしくはない。性衝動は人を狂わせるのに十分なだけの強さを持っているからね。そういうのは、もう病気でいいんじゃないかな。ここでいう病気とは、平均との「乖離性」よりも、その「適応性」(主体の孤立・苦悩・経済的破綻)や「価値的基準」(社会規範の遵守等)を重視した見方(via ペドフィリア - Wikipedia)であって、人権を侵害するような表現をこのエントリで行おうという意図はない。他に適切な言葉があるのならそちらを選ぶよ。精神科医の指導の下、厳重に管理された児童ポルノを閲覧させる特例措置。うん、いいじゃん。

代わりとなるものも持っているにも関わらず、児童へ性愛を向けるのが我慢できずに、小児への性犯罪を犯してしまう人もいるかもしれないが、彼らにも上記の対応を取ればよく、また、満たされていようがいまいが犯罪を犯す人間は、何が何でも犯すものなので、考慮しても仕方ないよね。どんな法律でも予防できないのだから、ここを取り上げて反論しても、単に議論を混ぜっ返して終わらせるだけ。

そうすると、児童ポルノ規制(単純所持違法化と創作物への規制も含む)は大した問題でないと考える人がいるのも仕方ないんじゃない?



児童権利保護を目的とした単純所持違法化と創作物規制に
反対するインセンティブをつくれていない


児童ポルノ法案に反対する人たちの戦略がまずいというのは分かった?オレはロリペドで児童ポルノが必要なんだーと叫ぶ人が誰も現れないまま(いや、社会的圧力があるのだろうけれど)、法案が粛々と通過した(しそうになった)のが最大の証拠じゃん?

仕方ないから、「人権」のなかの「表現の自由」を持ち出してみたけど、もっと筋が悪い(この言い方気に入ったw)。だって、表現したいというウォンツは、ほとんどの人にとっては他のニーズで満たされていて、さらに性欲ほど強烈なものではないからだ。人権屋さん以外動かない。と、言うわけで立ち上がった社民党の保坂展人さん落ちちゃったじゃん(前回も自民党の議席が足りなくておこぼれで復活当選だろ?政治家としての資質はさて置き、彼はインターネットの外では全く無名な有象無象の一人に過ぎない。)。この問題は票にならないんだね。

この方法を続けるのなら、啓蒙活動が唯一の解だが...効果ないじゃんw 性的な表現もまじえて児童を描写したいという表現者と、人権意識の高い層にしか訴求できてないよ。オレは中味は何でもいいけれど啓蒙活動がシュミで自己満足できればそれで良いんだーっ、というなら別だけど、本気で児童ポルノ規制を止めたいのなら、別の手段を考えるべきだ。

自分の小児期の写真を持っているだけで逮捕されるかもしれない、と脅すのもやっぱり筋が悪い。一般人は警察にぱかぱか逮捕されるなんて思っちゃいない。権力をわりと信頼している。児童ポルノ法も、まあまあ現実的な運用をしてくれるだろう程度で終わりだ。そもそも、法の解釈次第で逮捕されるのだったら、もっとやばい法律がいっぱいあるんじゃね?そういう手口ばかり使っていると民主党を貶めるビラを撒いていたネット右翼と同じような目でしか見られないと思うよ。(民主党が外国人参政権付与に積極的なのは事実だし、原理的に日本を乗っ取ることは不可能ではないかもしれないけれど、それで本当に日本が乗っ取られると考える人はごく少数だよね。同じことが児童ポルノにも言えて、自分の幼少期のヌードで逮捕される可能性はあるけれど、ある日突然警察が家宅捜査にやって来て、押入れの中から見つけたアルバムやら怪しいメールに添付されていた画像を発見され、社会的に抹殺される程に日本が管理国家だと考える人も少数だと思うよ。)*4 つまり、逮捕されるかもしれない恐怖というウォンツが存在しないのに、児童ポルノで逮捕されるかもしれない恐怖というニーズをいくらわめき散らしても無駄ってわけだ。

アメリカで単純所持により逮捕された事例だって、向こうの国のコモンローに基づいた法運用ならではで、日本で同じこと起きるの?と考える人が大多数じゃないのか。製造物責任法でもって、電子レンジでネコを乾かしたらメーカーが賠償に応じるようになったのか?泥棒が犬に噛まれたから損害賠償を求めてくるのか?(ま、どっちもネタでしょうけどね。)



まとめ

f:id:Marnier:20091204203629j:image:right児童ポルノ単純所持および表現規制に反対するインセンティブは

他のポルノでは代替不能な筋金入りの児童性愛者
二次元創作物等の利害関係者
人権意識の高い人

だけのものであり、多くの人はどうでも良いか、気持ち悪いと思っている。そして、反対派はそれを覆すための適切な手を打っていない。



最後に

Marnierは、政府による規制がないほうが人間の暮らしが幸せになると考えている。だから、児童ポルノ単純所持も、児童を性的対象とした創作物の規制も、反対だ(消極的反対。署名する気はないし、児童ポルノなんかで投票先を決めない。なんとなく反対。)。だが、反対派の人たちの抗議方法には疑問を感じる。

話題になっていない、つまり多くの人にとってこの法律は無関係でありながら、一部で盛り上がっている、つまり関係者にとっては切実なものなのだね。それでも、アグネスちゃんの正義を打ち砕くことができるのは、少なくともこちらの正義なんかじゃないよね。という話。何か貰えるんだったら、反対するインセンティブができるので、具体的にどうするかアイディア(つーか、アイディア出すのって苦手w)書くが、今のところはそれほどの情熱はありません。

そんじゃーねー。よろろんw






★ captain_nemo_1982 のコメント

なかなか挑発的なタイトルで、さすがの私も
ここまで露悪的にはなれないってものだが、
これで消極的とはいえ規制反対の立場だというのだから
恐れ入る。
本人はコメント欄で釣りであるとイクスキューズを入れているが、
規制反対派に刺激を与えて再考を促すという意図も
含まれているような印象も受ける。

もっとも、言ってる内容は至極妥当かつ的確で、
要するに一般大衆は規制反対派のいうような危惧に
リアリティを感じない、というもので取り立てて目新しいわけでもないが、
マーケティング用語を用いて市場原理に基づいて
規制反対派言説の無効性を説くという論法は
斬新で面白い。

巧妙なのは、規制反対派の言い分、たとえば
表現の自由の重要性とか冤罪の危険について
その是非には踏み込まず、あくまで一般大衆への
訴求力の有無にのみ足場を置いている点で、
明確な規制反対の意思を有している人間ならともかく、
どうでもいいと思っている人間がこのエントリを見れば、
自分が児ポ法の是非に興味を持てない理由を
見つけることになるだろう。
すなわち、かなりの説得力を感じることだろう。

真面目に事実の是非を問う議論など、もともと興味のない
一般人にとってはどうでもいいこと。
その意味で、訴求力の点ではこのエントリの有効性は
反対派のそれを大きく上回っている。

私が規制反対派と数多く議論してきた経験から言えば、
彼らはこのエントリのような主張に対しては

「主観による推測だらけで客観的ソースが何一つない」

という反論を持ってくるかもしれない。

しかし、このエントリは客観的事実の有無をストレートに
問うているのではなく、「なにゆえ規制反対運動に
リアリティを感じられないのか」 という認識を満たす条件を
考察するという、いわば現象学的手法が用いられており、
その文脈に沿って反論するならば、反論側も同じように
その認識に沿う条件を探し出してこなければ、
有効な反論として対置させることはできない。

そして、ほかに考えられることといえば
「一般大衆は無知で愚昧だから」 か
「国家権力と推進派とマスコミが結託して陰謀を働いている」
くらいしか出てこない。

しかし、一般大衆で児ポ法に興味を持てない理由を指摘されるとき、
「お前はバカだから」 とか 「騙されているから」 とか
言われて素直に納得する人間がどのくらいいるだろうか?

「規制があっても他に代替するものはいくらでもあるし、
そこまで警察を悪くは思ってないから」

と言われた方が説得力があるに決まってるではないか。



余談だが、コメント欄の 「猫チン事件の顛末」 において、
こんな記述を発見。

当時、主に生産者側の利益を代弁する人々はこの法律 (PL法) の制定に強く反対し、「PL法によって訴訟のハードルが下がると、日本もアメリカのように、くだらない訴えが乱発される訴訟社会になってしまう」と主張した。その「くだらない訴え」の一例としてさんざん引き合いに出されたのが、この「電子レンジ猫訴訟」だった。様々な論説や新聞の記事で、PL法が批判的に語られるときに、この話が持ち出されないことはほとんどなかった。


反対運動ってのはどこでもおんなじような脅迫的言辞を
弄するもんなんだ、という実例がまた一つ加わった事になる。
 (他には暴対法、国民総背番号制、破防法、住基ネット、
  通信傍受法、ダウンロード違法化など)

も一つ余談だが、「筋が悪い」 って言い回しは、
藤原興氏の影響を受けたものだろうか?



                (2010/8/24 entry)



       前の記事 : 表現規制反対派に厨しかいない理由 - 無貌断片  このカテゴリの目次 次の記事 : 【愚痴】非実在青少年なんちゃら関連がうざい【ガス抜き】 - 2ch同人板








トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 16:00│Comments(0)TrackBack(0)他サイトによる規制反対派批判 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔