2013年04月27日

表現規制反対派に厨しかいない理由 - 無貌断片


他サイトによる規制反対派批判


       前の記事 : 最近よく見るコピペを嗤う - マンガ論争勃発-継続中(β)  このカテゴリの目次 次の記事 : 児童ポルノ規制反対派敗走 m9(^Д^)プギャー - riverrun past...










 


表現規制反対派に厨しかいない理由 - 無貌断片
                   (web 魚拓)
                     (2009/11/17)






昼間氏の最近よく見るコピペを嗤うを見て。

まあこういう突っ込みどころのあるコピペが流行ってるのは、 表現規制反対派のほとんどが表現規制反対で厨である現状から言って仕方の無いことなんじゃないかなぁと思うわけです。

で、昔人権擁護法反対で厨から表現規制反対で厨を経て、何故か極東板の市民運動ヲチスレの住人になった俺からすると、こういう反対運動って大抵厨房がわんさかと集まってるもんだなぁと思うわけです。
まあ厨房ばっかりだからああいうコピペも流行るし、まともな批判に耳を貸さないし、頭おかしい人が2chのスレに沸いたり、反対派同士が内ゲバやったりするわけです。

で、本題の規制反対派に厨房しかいない理由ですが。
まずそもそも普通の人は表現規制問題なんかには関心を持たないのが一点。大体良く考えてみると、規制反対運動=政治運動なわけなんだから、普通の一般人が政治活動なんて臭いことを熱心にするわけねーだろって話です。

で、次に普通の精神してる人は規制反対派の低レベルさや内ゲバに嫌気が差して規制反対運動から離れていくのが二点目。
この例は例えば室田雅史氏なんかがそうで、彼は規制反対派同士の内ゲバ(児ポ法改正案反対の某右翼の人の反対派左翼バッシング)に嫌気が差して、色々と暴露して規制反対運動から去りました。これは確か三月辺りの話です。
ぶっちゃけると僕は彼が2chの大谷スレでスレの意向を反映した団体を作ろうとしていたときに、何か協力できないかということで、彼と連絡を取り合ってたわけなんですが、今ではもうこっちからもあっちからも連絡を取ってないです。
まあその彼と連絡を取り合ってた当時、僕の精神状態は大変よろしくなくて、よろしくないのに、否、よろしくないからこそ、表現規制問題に執着してた側面があったわけですが、結局具体的な協力なんか何もできずに、団体も解散となってしまいました。
まあ室田氏とはまったく連絡取ってないので、元気にしてるかなぁと思わなくも無いんですが、 mixi経由で連絡が取れないこともないので、まあそうは心配はしてないです。

まあそれは置いといて、他にも規制反対派スレの規制派バッシングとか見てたら、普通の神経してれば、こいつらちょっとおかしいぞと思って距離を置くのは当然なわけです。で、そういうことを突っ込むと、一部の幼稚な人が正当化しようとがんばりだすんで、正直僕もこういうのに嫌気が差すようになって規制反対運動から距離を置いたわけですが。
で、まああと表現規制反対運動で有名な人が、誰も彼も一般常識から照らし合わせてどっかおかしいって人ばっかりなので、その辺りも人が離れていく原因だと思います。
まあこの辺り、普通じゃない人しか政治運動に取り組まない関係上、仕方の無いことかも知れませんが。

で、最後に三点目。これは朱に交われば赤くなるというか、最初は中立的な立場から反対運動に関ろうとしていても、 周りの大量の厨房に影響され、どんどん厨房化、先鋭化していくってのが一つ。
これは周りに似たような厨房ばっかりなもんだから、たとえ誰かが止めようとしても、集団がどんどん先鋭化していくって話です。

まあこれはどんな政治運動にも言えることなんですが、自分達の活動を客観視できずに、自分達が気持ちのいいことだけを求めていく集団が陥る罠です。まあこういう集団の末路って大抵内ゲバ、粛清合戦になるっぽいですが。
個人的にはおたくとか社会一般の集団から外れ勝ちな集団が、群れて行動するとこういう結果になりやすいのかなぁと思います。
まあこの先鋭化の流れから抜け出せられば、表現規制反対派も一皮剥けると思うんですが、多分無理でしょう。厨房が行動を改めるとは思えないですし。
まあ表現規制反対派運動に関して思うと所はこんな感じです。まあ今も表現規制反対なのは変わりはしないんですが、昔ほどコレに関して何かしようとする意欲はないです。まあ昔は空回りしてただけなんですが。

で、今無貌断片見てる人から言えば、いきなりお前は何を言い出してるんだ?と思われてることだと思うんですが、昼間氏の記事を見て、表現規制反対運動に対して思ってることを吐き出したくなった次第です。
まあこの日記のSocietyカテゴリ見れば、昔表現規制とかネット規制に反対だったってのがわかるんじゃないかなぁと思います。

まあこの記事が表現規制反対運動関係者に見つかると何だかんだ言われるんでしょうが、所詮は独り言なので、あんまり突っかかってこないでくださいとだけは言っておきます。まあ応援はしないんで勝手にがんばってください。明後日の方向に。





★ captain_nemo_1982 のコメント

やたらと 「まあ」 という間投詞で文章を繋ぐ人だなと、
まあそんなことはどうでもいいんだが、
室田雅史氏が表現規制運動から足を洗ったとは
このエントリで初めて知った。

文中の 「規制反対派同士の内ゲバ」 
「児ポ法改正案反対の某右翼の人の反対派左翼バッシング」 とは、
藤原興氏の憲政会ブログの一件のことだろう。
藤原氏の思想的立ち位置は右翼とは言えないと思うんだが、
時期的にはぴったり符合する。
右翼で反対派といえば思いつくのはせと弘幸氏くらいで、
氏のブログをざっと見た限りでは、2009年3月あたりに
反対派バッシングを行った事実は無いようだし。


で、藤原氏の反対派批判で2ch ニュース議論板の大谷スレと 
「名も無き市民の会」 がもめたとき、
室田氏が仲裁に入って、というか大谷スレの住人に
「できれば謝ってほしい」 と諫言するも、
あそこの住人が素直に聞き入れるはずもなく猛反発を喰らい、
「やっぱ緑城さんへの謝罪要請はもういいです」 となって、
その後どうなったのかなと少しは気にかけていたのだが。

当時の状況はこちらの最後の方に記述あり。
憲政会による規制反対派批判

大谷スレ113のログはこちら。
【表現規制】表現の自由は誰のモノ【大谷昭宏113】

室田氏は279で登場し、340を最後に姿を消す。
その時はまだ、市民団体結成や議員陳情などの
規制反対運動に対する意欲を残していた模様。

室田氏は大谷スレ113 にて

「『”表現の自由を考えるスレ”のフロント団体』を作る事は
諦めてないんだけどね・・・」

という書き込みを行っているが、
にゅるら氏 (無貌断片のブログ主) もちょっと触れている

「2chの大谷スレでスレの意向を反映した団体」

とはおそらくこのことだろう。

大谷スレがこんな有様では、さすがに室田氏も
「スレの意向を反映した団体」 などと言ってられないだろうし、
にゅるら氏が 「厨しかいない」 と吐き捨てたくなるのも道理。
「いろいろ暴露して」 っていうのは、めちゃめちゃ面白そうなんだが、
どこに行ったらその話をきけるんだろうか。

   ★ 追記 ★
      【表現規制】表現の自由は誰のモノ【大谷昭宏115】に書き込まれていたようです。

 (ちなみに、昼間氏に嗤われていたコピペを貼っていたブログ
  古鳥羽護氏はかつて大谷スレの中心人物だった人)

かようにして心ある人間は次々と反対運動から
離れていくという次第であるが、
「厨は1秒おきに生まれてくる」 というのもまた事実で、
実際ゆとり世代からの香ばしい人材の参入も確認されているし、
これからもこのような内部の諍いや対立は飽きもせず
繰り返されるだろうし、私のブログもネタに困らないであろう。



                   (2010/8/23 entry)



       前の記事 : 最近よく見るコピペを嗤う - マンガ論争勃発-継続中(β)  このカテゴリの目次 次の記事 : 児童ポルノ規制反対派敗走 m9(^Д^)プギャー - riverrun past...







トップページに移動



























captain_nemo_1982 at 17:00│Comments(0)TrackBack(0)他サイトによる規制反対派批判 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔