2013年04月16日

何度でも言う 「反対派は間違っている」


間違いだらけのカタルシス理論


       前の記事 : 「やっちゃならねえ!迂闊な主張」 にすがる人たち  このカテゴリの目次


 


                     (2012/4/17 entry)





何度でも言う 「反対派は間違っている」
  
           | 児ポ法規制反対派の断末魔が聞こえる  別館 (旧)
  http://gray.ap.teacup.com/captain_nemo/74.html


先日来の英国児ポ法と強姦件数の件に関しては、
因果関係がないというこっちの主張に有効な反論が
無いため、もうどうでもいいんだが、
あっちではなんか色々言ってるので回答しておく。




ただだらだらと数字を眺めていく
                   (web 魚拓)

当時のイギリスの状況はどんなもんだったのだろうか
                   (web 魚拓)

なんだか勝手に続いている、イギリスにおける性犯罪についての愚考
                   (web 魚拓)





ここいらのエントリで、gma 氏 (仮称) は、
イギリスの社会情勢やら雇用状況やら移民政策やら
いろいろ調べて性犯罪件数がどう影響を受けているか
検証してるんだが、現時点では確証には至っていない様子。

延々と数字やら資料やらを並べ立ててるんだが、
私のブログを見てくださってる方はいちいち見る必要はないだろう。
当然、私もちゃんと見ていない (笑) が、
どれもこれも決め手に欠けてるってことだけはわかる。


ああでもないこうでもないと、これだけやれば、

「起因要素はさまざまに
 複合しており、
 個別に原因を抽出するのは困難」


ということにいい加減気づいてもよさそうなもんだが、
まあそれは個人の好き好きだから勝手にやっておればよい。

ただ、延々と論考が続いた後に、私に向けた、
かどうかはわからないがどうもそれらしき
記述が2,3目についたので、回答しておく。
 (色文字は gma 氏の発言)





 児童ポルノ規制が性犯罪増加と関係無い、
もっと別の用件が絡んでいるんだ、という主張をなさる方は、
ここで出てきた疑問や問題点を解消していってもらいたいものだ
 なにせ、「他の要因」を分析すれば、
それだけ自分らの武器が増えるのだから。
 それをしないで「他の要因がー!」などと言っても何の説得力もない。


規制反対派には珍しいこっちゃないが、
こういった類の推定有罪思想には本当に
うんざりさせられる。

あのな、立証責任は 「因果関係がある」 と
主張する方にあるんだよ。

こっちの主張は 「それは間違い」 だけなんだから、
そっちの主張の間違いを指摘すれば、それで終わりなの!

なんで、疑いをかけられた側、濡れ衣を着せられた側が、
嫌疑となった根拠を完全に覆しているにも関わらず

「真犯人を捜しもせずに、『他に犯人がー!』 
  などと言っても何の説得力もない」


なんて言われなきゃいけないのか?

この人が他のエントリで児ポ法による冤罪の
危険性を訴えてるかどうか知らないが、
もし言ってたとしたら見事なまでの
ダブルスタンダードということになるだろう。






ただ、こういったグラフを見ていてつくづく思うのは、
規制賛成派が言ってるような、
「児童ポルノ規制による、子供達への悪影響の遮断」
というのは間違ってるとしか言いようがない。


誰がそんなこと言ってるわけ?
少なくとも、私は一言も言ってないぞ。
私が言ってるのは、この一点だけ。


「英国児ポ法が強姦件数を
 増加させたという
 規制反対派の主張は間違っている」









子供の育成について問題にしているのであって、
子供が被害にあうような事件について述べてるのではない、
と言う者もいるかもしれない。


だから、そんなこと問題にしてないって。
この人は、いったい何と戦っているのか?








では、児童ポルノ規制後に成長していった当時の
少年少女達はどうなったのだろうか?
 (中略)
 どこかの児童ポルノ規制賛成派や、その擁護をしてる方。
 ならびに規制反対派に対抗してる方々は、
そこら辺を示した情報を提供してもらいたいもんだ。
 少なくとも自分の主張を裏付ける何かを提示するくらいは
しても良いはずなのだが。
 それによって自説を強化できるのだから。
 まさか確定的な根拠や、よりどころとなる情報もなく
反論するような輩はいないと信じたい。


「そこら辺」に関しては、こっちは関知していないので
提示しようもないが、これまでの主張において
よりどころとなる情報はれっきとしてある。

  英国強姦件数グラフ nemo 作成
     同      改変版

これだけで、



「英国児ポ法が強姦件数を
  
 増加させたという
 
 規制反対派の主張は間違っている」



と断言できるし、現に gma 氏は有効な反論を
なんら返せていない。








 また、確たる根拠もなく言ってるのであれば、
それは想像や予想というべきものだろう。


確たる根拠もなく妄想を膨らませている ”輩” とは
gma 氏の方である。

 それはそれで一つの見解なのだから良いとはおもうが、
断定するような事は言わないで、そういう事をしっかり
書き添えておけばよろしいと思うのだが。


書き添えるつもりは一切ない。
客観的根拠に基づき、はっきりと断定しておく。

















「英国児ポ法が強姦件数を
 
  増加させたという

   規制反対派の主張は

    間違っている」
















日本で紹介される海外の児童ポルノ取締状況についての
記事の多くは嘘とねつ造です。
特に、毎日新聞、読売新聞、日本ユニセフ協会は嘘情報の代表格で、
意図的な誤訳と見られる酷いねつ造が大量に存在しますので、
惑わされぬように注意が必要です。


この人、スコットランド単純所持禁止や
サイバー犯罪条約の件で、
規制反対派のウソ情報に惑わされていた過去を
すっかり忘れ去っているらしいな。







あと、そのあとに続くテレフォノ・アルコバレーノの
統計に関しては、以前こっちで議論したので
参考までにリンクしておく。

内閣府スレ★47  ここの57から

内閣府スレ★48   ここの82 ~ 169まで

途中で、イモ君の煽りに付き合ったり
いろいろ混ざってて目的の議論を
探しづらいかもしれないが、
そっちはそっちで面白いので
興味ある方は一見を推奨する。



★ 追記  その後、当ブログにまとめてエントリしました。

虹の電話 テレフォノ・アルコバレーノの調査について その1

虹の電話 テレフォノ・アルコバレーノの調査について その2









<捕捉>


このカテゴリの記事中で、私はしばしば
 「規制と性犯罪の因果関係はない」 と断定しています。
しかし、「グラフに表れていないだけで、
実際に因果関係は存在している」 という可能性は否定できません。

したがって、私の主張は 
「規制反対派が提示した統計などだけでは因果関係を立証できない」
という意味であると解釈していただきたいと思います。

因果関係があるかどうかは私にはわかりませんが、
少なくとも今までに紹介した規制反対派の手法では
それを立証できないという事は間違いなく言えると考えます。




★ 追記

この議論再掲に対し、 gma 氏 が反論のエントリを立ててきました。
興味ある方は、こちらから続きをどうぞ。

カタルシス理論に固執する規制反対派の断末魔が聞こえる






       前の記事 : 「やっちゃならねえ!迂闊な主張」 にすがる人たち  このカテゴリの目次






トップページに移動











captain_nemo_1982 at 07:00│Comments(1)TrackBack(0)間違いだらけのカタルシス理論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月26日 05:51
必死だね、規制したイギリスは
強姦も誘拐も増えてるのはどう思うのか
統計は嘘をつかない
規制のせいで犯罪が増えている

規制派はそれを感情論で認めたくないだけねー

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔