2013年04月16日

スコットランド単純所持禁止の影響


間違いだらけのカタルシス理論


       前の記事 : 何を信じろ?反対派のウソは信じるなと言いたい!  このカテゴリの目次 次の記事 : 「やっちゃならねえ!迂闊な主張」 にすがる人たち











                                   (2012/4/12 entry)



児童ポルノ規制にはやはり反対せざるをえない 
     | 凪に反日って言われちゃった v(^_^ )

      (web 魚拓)

先日からの議論の続き | 児ポ法規制反対派の断末魔が聞こえる  別館 (旧)

今回は、上記エントリにて交わされた議論を、

 ★ スコットランド単純所持禁止について
 ★ 1988年以降の増加傾向について
 ★ その他

に論点を分けてエントリします。
数字の羅列が続いて直感的にわかりづらい部分も
多々あるかと思いますので、今回新たに作成したグラフを追加して
論点が明確になるように構成しています。

従来通り、色文字は gma 氏、黒文字は私の主張、と色分けしています。






 ★ スコットランド単純所持禁止について


>>あのですね、強姦件数の増加傾向は 1984 1985年からですよね?
>>「1988年の単純所持禁止が強姦を増やした」 というなら、
>>英国児ポ法の影響が時間をさかのぼって強姦件数を増やした、
>>と言っていることになるんですよ。それっておかしいでしょ?


 1982年スコットランドにおける単純所持禁止。
 なんで無視するのか分からんが。
 実はこの単純所持禁止はウソだったとか?
 ならばまだ分かるけど。

気になったので、教えてくれたエクセルファイルを開いてみた。
http://www.homeoffice.gov.uk/rds/pdfs/100years.xls (リンク切れ)

 参照してみると、単純所持禁止前年の1981年が1068件となっている。

スコットランド1


 スコットランドにおける単純所持禁止の1982年は1336件。
 単純所持禁止が1982年のいつ頃から始まったのか分からないが、
いきなり禁止前の年より250件余りも増加するのはどうかと思う。

 1983年は喜ばしい事に、本当に少しだけど前年より件数が減って1334件。
この減少が児童ポルノ規制によるものだというならば、
それはそれで良い事なのかもしれないが。
 それにしたって禁止前年よりは250件ほど強姦件数が増えてるのは
どうかと思われる。

 そして1984年が1433件。
100件ほど前年より増えてしまっている。
100人の犠牲者がいたという事だろう。
 禁止開始前の1981年から比べれば400件近くも
強姦件数が増加してしまっている。
 元になる・土台になる数値が大きくて見落としてしまいそうだが、
400人も犠牲者が増えてしまうというのはただ事ではないと思うがどうだろうか。





   (以下、captain_nemo_1982 の反論)



訂正の件、了解しました。

注 ・ 訂正の件とは、gma 氏が 「信用できるか疑わしい」 などの
     発言を訂正した部分を指します



私の方でもいくつか訂正させていただきます。

>>あのですね、強姦件数の増加傾向は1984年からですよね?

1984 → 1985 の間違いです。

>>スコットランド単純所持禁止が1992年だとしたら、

1992 → 1982 の間違いです。
ただし、これは後でもう一度訂正することになりますが。

>>その後2年間、強姦件数が横ばい

これはあなたのおっしゃるとおり、1982年に増加がみれらます。


それでは本題の議論に入ります。




>>1982年スコットランドにおける単純所持禁止。
>> なんで無視するのか分からんが。


無視してません。

>>単純所持禁止が1982年のいつ頃から始まったのか分からないが

1985年の1月1日からです。

Civic Government (Scotland) Act 1982 - Wikipedia
   魚拓を取得できなかったため、web ページのキャプチャ画像
これはスコットランドの単純所持を禁じた項目が入った法律ですが、
右下に小さく

commencement 1 January 1985

と記されています。これは、施行日を指しています。

すなわち、1982年の250件増、1984年の100件増、
1981年から比較した400件増、などの統計は、
スコットランド単純所持禁止と何の関係もありません。


スコットランド2





 ★ 1988年以降の増加傾向について

>>その後、グラフは多少の波はありますがほぼ一直線ですよね?
>>なんで単純所持禁止が施行された1988年の後、
>>大きな変化が見られないのですか?
>>それって、単純所持禁止は大して影響を与えていないって
>>解釈にならざるを得ないんじゃないですか?

 たぶんこのグラフを見ながら言ってると思うのだが。

英国認知件数 ランナー
     
画像をクリックすると大きな画像が別画面で開きます


 一直線というのが何をさしてるのか分からんが。
 1988年以降は仰る通り多少の波はあっても増加の一途を辿ってるな。
 前年より件数が減少する事はあっても、かつての低水準だった件数にまで
下がるという事は無い。

 1988年から考えると、単純所持禁止前年となる1987年2471件から
1988年は2855件。
 おおよそ400件の増加となってしまっている。

「大きな変化が見られないのですか?」と言っているが、
この推移を大きな変化とは思ってないのだろうか。

 その後1989年3305件
 1990年3391件
 1991年4045件
 1992年4142件
 1993年4589件

イギリス1988-gma


 これ以後も資料は続くが、基本的に1992年の件数を下まわる事は無い。
 前年を下まわる事はあっても、基本的にはそれ以前の数年間の記録を下まわる事は決してない。


「大きな変化が見られないのですか?」と言っているが、
この推移を大きな変化とは思ってないのだろうか。





    (以下、captain_nemo_1982 の反論)


>1988年から考えると、単純所持禁止前年となる
>>1987年2471件から1988年は2855件。
>>おおよそ400件の増加となってしまっている。


これはおかしい話ですね。
あなたの主張によると、スコットランド単純所持禁止で
強姦が250件増えたということですが、
これは、スコットランド在住の児童性愛者が、
性的はけ口を失って大人子供みさかいなく
襲いかかった、と言い換えることができます。

スコットランドの人口はイギリス全体の10%くらいです。
イギリス全体に単純所持禁止が施行されたら、
たった400件 (正確には384件) の増加で済むはずがありません。
単純に考えて、イングランドやウェールズ在住の
見さかいを失った小児性愛者が
おとなもこどももいっしょくたにして2250人以上の被害者に
襲いかかっていなければ計算が合いません。

イギリス1988-nemo


>>「大きな変化が見られないのですか?」と言っているが、
>>この推移を大きな変化とは思ってないのだろうか。


大きな変化とは言えません。
1985年に大きな変化が始まった事は認めます。
85,86と前年比は120%を超えています。
そのあとは、大体110から120%の前年比で推移してます。
変化がない、というのは、その増加傾向に
変化が見られないという意味です。

「単純所持禁止が強姦罪を増加させた」 というなら、
1988年以降にもう一度大きな増加傾向、
たとえば前年比140%増とかがないとおかしいでしょ、ってことです。

>>あと1982年以降も、それ以前の水準に下がる事は無い。
>>良くて横ばい。


なんで下がらなきゃいけないんですか?
昨日もいいましたが、
なんで単純所持禁止が強姦罪を、
しかも成人女性の強姦罪を抑止する必要があるんですか?


普通に考えれば、単純所持禁止が期待される効果とは、
児ポ流通抑止や違反者への制裁措置であるはずで、
強姦抑止や強姦犯罪者への制裁は強姦罪が担うべきものです。






 ★ その他


>>何か勘違いをなされてるようですが、私は強姦件数増加の原因を
>>立証しようとしているのではありません。
>> 貧困や治安状態は一般論として言ったまでで、おそらく色んな要因が
>>複合しているのだろうと推測しますが、確定した根拠として
>>提示しているのではありません。
>> 私がこの件で主張したいことはただ一つ、
>> 「英国児ポ法が強姦件数を増加させたという 
>>   規制反対派の主張は間違っている」
>>ということです。


 強姦件数の増加がその他(児童ポルノ規制)の要因による、
と言ってたのではなかろうか。



英国の強姦件数と児童ポルノ規制の因果関係

>>単純所持規制などがあってもその傾向に変化が
>>見られないということは、その他の要因に
>>大きく影響されているということ。

 この意見を撤回するという事になるのだろうか。
 何をどのようにお考えなのかは分からないが。



 


    (以下、captain_nemo_1982 の反論)


>>強姦件数の増加がその他(児童ポルノ規制)の要因による、
>>と言ってたのではなかろうか。


単純所持規制との因果関係が認められない以上、
その他に要因を求めざるをえないのは、
単純な消去法によるものです。

立証なんて大それたものではありません。

私が立証しないと言っているのは、
もっと具体的に貧困や治安状態に原因があることを
客観的根拠を用いて証明する、ということです。



最後に、この質問に答えてください。

 A) 犯罪の起因要素を表現規制のみに
   求めるという発想自体無理があると思いませんか?

 B) 表現規制の大きな動きがない時期でも、
   性犯罪件数の動向は増加したり減少したりします。
   これは、規制以外に要因があるからではないのですか?



       前の記事 : 何を信じろ?反対派のウソは信じるなと言いたい!  このカテゴリの目次 次の記事 : 「やっちゃならねえ!迂闊な主張」 にすがる人たち








トップページに移動











captain_nemo_1982 at 08:00│Comments(1)TrackBack(0)間違いだらけのカタルシス理論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月27日 18:03
もう規制派の屁理屈はいいよ
「規制した国はどこも右肩上がりで性犯罪増加してる」んだからねw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔