2013年04月16日

何を信じろ?反対派のウソは信じるなと言いたい!


間違いだらけのカタルシス理論


       前の記事 : gma 氏との議論  このカテゴリの目次 次の記事 : スコットランド単純所持禁止の影響










                                (2012/3/16 entry)






これでいったい何を信じろというのだろうか
 
     | 凪に反日って言われちゃった v(^_^ )


http://angel.ap.teacup.com/grnahtgasgra/439.html
                   (web 魚拓)




(前文略)

>残念ながら私の貧困な英語理解能力では、英国のサイトから情報収集することは困難で、色々あたって翻訳サイトなど駆使して調べましたが、上記要因を根拠として断言できるレベルには至っていません。

 つまりはまだ見つけられてない資料があるかもしれない、
という事でもありますわな。
 だったら、「現時点で確認できる資料でこう思う」というしかなかろう。


 で、足りない部分を補って新たに示したグラフがあるのだが。

(びふぉあー)
英国認知件数その2

クリックすると元のサイズで表示します

(あふたー)
英国認知件数 ランナー

クリックすると元のサイズで表示します


 それを見ての感想がこれのようで↓

>単純所持禁止以降というのは適切な解釈ではありません。
増加傾向がみられるのは1984年からですが、
単純所持禁止は1988年で、その前後に有意な変化は見られません。
すなわち、強姦件数増加の要因は他にあり、
単純所持禁止は何の影響も与えていない、と読み取るべきです。
これは、スコットランドやサイバー条約の影響に関しても同じです。

 なんで他に原因があると考えるのか不思議でしょうがない。
 その解釈の何処が適切なのかさっぱり分からん。

 まあ、かつて見てた資料に新たな要素が加えられても
こんな反応示すのだから、発展性なんぞ期待する方が
無理なのかもしれない。

 そんでもって。


http://blog.livedoor.jp/captain_nemo_1982/archives/899886.html
     

注 ・ 原文ではリンクタグは埋め込まれていません


>単純所持規制などがあってもその傾向に変化が
見られないということは、その他の要因に
大きく影響されているということ。

 で、その要因とはなんぞ。どのような因果関係があろうかと疑問に思えば。

http://blog.livedoor.jp/captain_nemo_1982/archives/1117972.html
     

注 ・ 原文ではリンクタグは埋め込まれていません


>私は他の要因、たとえば貧困や治安状態などとの因果関係を
立証しようとしているわけではありません。

 立証されてないような事を理由にして反論してるという事だろうか。
 ブログの隅々まで見れば、こういう考えの基になる資料が
見つかるかもしれんが。
 とりあえずそういった案内はないので、現段階では「ただ言ってるだけ」
と考えるしかない。


 何にせよ、事実が一つずつ浮き彫りになっていけば、次の図も、
また何か書き加えられるのかもしれない。


英国認知件数その2

クリックすると元のサイズで表示します

英国認知件数 ランナー

クリックすると元のサイズで表示します


 不法性交渉の件数が減っているけど、これもなんらかの要因が
あるのかもしれない。まだ分かってないか、日本語で紹介されてないだけで。
 あるいは何もないのかもしれないが。
 さて、何がどうなっているのやら。
 もしかしたら、割とサブカル的なものが解禁・拡大してたりして。
 調べてみないとわからないけど。さて、俺の能力では高が知れてる。
 誰か何か知ってたら教えてくれ。

 と、とりあえず急ぎ足で片付けたので勘違いなどもあるかもしれん。
そこはごめんね。

 便利なサイトがあるので、児童ポルノ規制に興味のある方はどうぞ。



児童ポルノ規制による性犯罪の増加
http://www42.tok2.com/home/seekseek/53.html
http://megalodon.jp/2010-1126-2055-52/www42.tok2.com/home/seekseek/53.html 


 図表とか参考になるから参照すると良いかも。
 まあ、規制派の方々には何を言っても無駄かもしれんが。
 そうでない方には一見の価値があるかと。






    (以下、captain_nemo_1982 の反論)



何を信じろ?
  反対派のウソは信じるなと言いたい!


    | 児ポ法規制反対派の断末魔が聞こえる  別館 (旧)

http://gray.ap.teacup.com/captain_nemo/70.html


前日の続き。
先方のブログが、1エントリを割いて私のコメントに
反論を寄せている。

なぜかコメントやTBは承認されておらず、
本文中のリンクにタグを埋め込んでいないため、
わざわざURLをコピペしないと私のコメント全文が
読めないようになっている。

そんなことはさておき、
私からの再反論を投下予定。こちらにも掲載する。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓
 
(前文略)

>つまりはまだ見つけられてない資料があるかもしれない、
>という事でもありますわな。
> だったら、「現時点で確認できる資料でこう思う」というしかなかろう。


私は、現時点で確認できる資料を見て
「単純所持禁止で強姦が増えたという主張は間違いだ」
と言っているのですが?

匿名告発や要件追加に関しては、あなたが
「資料をあさってみたい」 とおっしゃっていたので、
参考となればと思って提示したものです。
私は、それらが強姦件数増加の原因であると
主張しているのではありませんし、
私の英語能力が向上を見ない限り、
今後も一切するつもりはありません。

>なんで他に原因があると考えるのか不思議でしょうがない。

だって、英国児ポ法が原因でないとわかっている以上、
それ以外に原因があると考えるほかありません。
単純な消去法ですよ。

>その解釈の何処が適切なのかさっぱり分からん。

あのですね、強姦件数の増加傾向は1984 1985年からですよね?

「1988年の単純所持禁止が強姦を増やした」 というなら、
英国児ポ法の影響が時間をさかのぼって強姦件数を増やした、
と言っていることになるんですよ。それっておかしいでしょ?

その後、グラフは多少の波はありますがほぼ一直線ですよね?

なんで単純所持禁止が施行された1988年の後、
大きな変化が見られないのですか?
それって、単純所持禁止は大して影響を与えていないって
解釈にならざるを得ないんじゃないですか?


>まあ、かつて見てた資料に新たな要素が加えられても
>こんな反応示すのだから、発展性なんぞ期待する方が
>無理なのかもしれない。


無理に決まってるじゃないですか。
こんなことで発展するのは妄想以外にありませんよ。

スコットランド単純所持禁止が1992 1982年だとしたら、
その後2年間、強姦件数が横ばいなのはおかしくないですか?
   
訂正・1982年には増加傾向が見られます


また、サイバー犯罪条約に関してですが、
確かに2001年に関しては、

 1999→2000  1141件増加
 2000→2001  2561件増加

と、増加件数が前年の倍以上となっており、
これを持って有意な差異とみなすことは可能かもしれません。

しかし、サイバー犯罪条約は、
2001年に欧州評議会が採択していますが、
イギリスは当時批准してないとの複数ソースが存在します。

問題噴出するサイバー犯罪条約 米国だけでなくカナダも批准に暗雲
  (2004/6/2)      (web 魚拓)
EU圏でもドイツ、フランス、イギリスといった主要国はまだ批准していない。

日本のサイバー犯罪条約批准の動きとアメリカのポリシー・ロンダリング
   (2004/4/3)      (web 魚拓)
しかしこの条約を批准した国は現時点ではアルバニア、クロアチア、
エストニア、ハンガリーだけで、G-8の国では一つもない。

意見書の指摘をお願いします
      (web 魚拓)
 6 名前: 152 投稿日: 2003/07/17(木) 17:19
  アメリカ、イギリスではこのサイバー犯罪条約に批准の動きはないこと。


その後、批准したかどうかまで調べてませんが、
批准してもそのあと実体法を制定しないと、
イギリス国内に影響を及ぼすことは不可能です。
すなわち、どんなに早くても2005年以降でないと、
影響力があったとしても行使することができません。

なんで、欧州評議会が条約を採択しただけで、
イギリスの強姦件数が増えるんですか?

いったい、どこのだれが何の目的で、

こんな項目を私のグラフに追加したんですか?




>で、その要因とはなんぞ。どのような因果関係があろうかと疑問に思えば。
>立証されてないような事を理由にして反論してるという事だろうか。


何か勘違いをなされてるようですが、私は強姦件数増加の
原因を立証しようとしているのではありません。
貧困や治安状態は一般論として言ったまでで、
おそらく色んな要因が複合しているのだろうと推測しますが、
確定した根拠として提示しているのではありません。

私がこの件で主張したいことはただ一つ、

「英国児ポ法が強姦件数を増加させたという
 規制反対派の主張は間違っている」


ということです。
これはおおむね、他の論点における議論に関しても同じです。
私は積極的に児ポ法推進の論陣を張っているのではなく、
単純に規制反対派の間違いを指摘しているのです。



最後に、以下の質問にもお答えいただきたいと思います。

 A) 犯罪の起因要素を表現規制のみに
   求めるという発想自体無理があると思いませんか?

 B)コメント、TBを承認していただけない理由はなんですか?

 C)本文中の私のブログにリンクタグを埋め込まない理由はなんですか?
    (「便利なサイト」 には埋め込んでますよね?)



   (反論コメント ここまで)




       前の記事 : gma 氏との議論  このカテゴリの目次 次の記事 : スコットランド単純所持禁止の影響










トップページに移動











captain_nemo_1982 at 08:30│Comments(1)TrackBack(0)間違いだらけのカタルシス理論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月26日 05:15
何をほざいても無駄
規制したイギリスで
強姦と誘拐が増えている
紛れもない事実だ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔