2013年04月16日

gma 氏との議論


間違いだらけのカタルシス理論


       前の記事 : カタルシス理論支持者は性犯罪被害の増加を心から望んでいる!  このカテゴリの目次 次の記事 : 何を信じろ?反対派のウソは信じるなと言いたい!












                                  (2012/3/15 entry)

 


ここからは、凪に反日って言われちゃった v(^_^ ) というブログにおける、
管理人 gma 氏 (仮称) と私の議論をエントリします。

gma 氏はランナー氏によるグラフを基に、「児童ポルノ規制は、
犯罪を抑制していないではないか」 
と主張していました。
それだけならまあ、どこにでもいる 「ダマされやすい規制反対派」 の
一人に過ぎないという事でどうという事はないのですが、
そのランナー氏のグラフというのが私のグラフに注釈を追加した
改変グラフで、わざわざ私のオリジナルグラフを一緒に並べて

なぜか注釈が減っている。
 というより、足りない分を、規制反対派の方々が加えてくれたわけだが。
 こういうのを見ると、規制賛成派というのがどこまで信用できるか疑わしくなる。


などとのたまってくれていたので、これは見過ごせないと考えて
コメント欄に反論を寄せることとなった、というのが最初の経緯です。

この gma 氏、私のトラックバックやコメントを一切承認せず、
れっきとした反論を 「寄せられた情報」 などと曖昧にぼかすなど、
M2A5 氏ほどではないにしろ、自分に都合の悪い情報を
自分のブログの読者から隠蔽しようと努める傾向がありました。

氏のブログにはアフィリエイトのリンクがたくさん貼ってあり、
自分の活動資金にしたいのでここから購入してくれと
TOPで呼びかけているところを見ると、
論破されたことが自分の読者にバレると
アフィリンクを踏んでくれなくなる、とでも考えていたのでしょうか?

議論自体にはそれなりにまじめに取り組もうという姿勢も
あちこちに垣間見えたのですが、
あれだけ間違いを指摘されてもなお、自説を曲げない
依怙地さを見るにつけ、氏の事を 「ダマされた(被害者)」 と
形容するのは同情的に過ぎるのではないか?とか
ダマされる側にも大いに責任があるのではないか?
などと考えてしまいます。







児童ポルノ規制は、
  犯罪を抑制していないではないか

  
     | 凪に反日って言われちゃった v(^_^ )



http://angel.ap.teacup.com/grnahtgasgra/438.html
                   (web 魚拓)




児童ポルノ規制による性犯罪の増加


 上記サイトを見ていてきになった資料があったので引用。

英国認知件数 ランナー

     
画像をクリックすると大きな画像が別画面で開きます



 そしてこちらのサイトを見て欲しい↓

英国の強姦件数と児童ポルノ規制の因果関係

 たまたま偶然同じグラフが掲載されていたのだが、その注釈に差がある。
 この記事を書くときにあった写真をそのまま引用させてもらうが、
 以下のようになっている。


英国認知件数その2

     
画像をクリックすると大きな画像が別画面で開きます


 なぜか注釈が減っている。
 というより、足りない分を、規制反対派の方々が加えてくれたわけだが。
 こういうのを見ると、規制賛成派というのがどこまで信用できるか疑わしくなる。


 追加されてるのは「スコットランドで単純所持禁止」の部分と、
 「児童ポルノをサイバー犯罪とする条約を採択」の二つである。
 前者の単純所持禁止以降、強姦認知件数と児童誘拐が増加している。
 不法性的交流が減ってるのは喜ばしいが、いれかわるように強姦件数や
 誘拐件数が増加しているように思えてならない。

 また、このグラフからもすぐに分かると思われるが、単純所持禁止や
 インターネットサイトの閲覧禁止措置などは犯罪の抑制・減少を
 何一つ促してない。
 少なくとも認知件数などは増えている。
 認知件数が増えてるということは、それに伴って犯罪が
 増加しているという事だろう、単純に考えて。
 はたして児童ポルノ規制は犯罪減少に役立つのだろうか?
 このグラフを見ていて非常に大きな疑問をいだいた。

 それとも、このグラフを見てもなお児童犯罪などは減少していると
 言えるのだろうか。
 だとしたらそれはなぜなのだろうか。
 疑問はつきない。

 今後も可能な限り資料をあさってみたいと思うが、果たして児童ポルノ規制
 (特にマンガ・アニメなどの創作物によるポルノへの規制)が成功しているという
 資料があるのかどうか。
 今のところその可能性は薄いと思っている。











久々に他人様のブログに反論コメント投下

  | 児ポ法規制反対派の断末魔が聞こえる  別館 (旧)

http://gray.ap.teacup.com/captain_nemo/69.html


以前から、私が作成した英国強姦件数グラフが、
何の反論もないまま恣意的に利用されていて
歯がゆい思いをしている、と書いた。

2009/06/21  「更新再開」 


2ch でみつけた時などはすでに dat 落ちしていて、
反論も釈明もできないことが多かったのだが、
ゆうべ初めてコメント可能なブログに
私のグラフが張られているのを発見した。

児童ポルノ規制は、犯罪を抑制していないではないか
                   (web 魚拓)

そこには、他人の手による別項目が追加された
改変グラフも同時に張られていたのだが、
私が作成したオリジナルグラフを指して

「なぜか注釈が削除されているので
規制賛成派は信用できるか疑わしい」


などと、あたかも私が都合の悪い事実を
隠ぺいしたかのように書いてある。

エントリの日付は昨日。アップ仕立てだな。
これは反論しない手はない。ということでコメント投下。


以下、gma 氏のブログのコメント欄に投下した反論。




はじめまして。Captain_nemo_1982 と申します。
本文中リンクの拙ブログにおける、英国強姦件数グラフに関して、
誤解がおありのようですので説明させていただきます。

>>なぜか注釈が減っている。

減っているのではなく、最初から無かったのです。
そのグラフは、 Rape Crisis centre にあったエクセルファイルから
作成した私のオリジナルであり、他の項目追加は他人の手によるものです。
元リンクは削除されていますが、英国総務省に同じグラフがあります。
http://www.homeoffice.gov.uk/rds/pdfs/100years.xls
     (これも既にリンク切れ)

>>前者の単純所持禁止以降、強姦認知件数と児童誘拐が増加している。

単純所持禁止以降というのは適切な解釈ではありません。
増加傾向がみられるのは1984 1985年からですが、
単純所持禁止は1988年で、その前後に有意な変化は見られません。
すなわち、強姦件数増加の要因は他にあり、
単純所持禁止は何の影響も与えていない、と読み取るべきです。
これは、スコットランドやサイバー条約の影響に関しても同じです。

大体、犯罪の起因要素は、ほかにも貧困や治安状況などがあり、
表現規制のみを原因とするのは合理的ではありません。
いくらかは原因があるのかもしれませんが、規制の影響のみを
統計から純粋に抽出するのは技術的に不可能でしょう。

>>単純所持禁止やインターネットサイトの閲覧禁止措置などは
>>犯罪の抑制・減少を何一つ促してない。


単純所持禁止が、なぜ強姦などの性犯罪を抑止する必要があるのでしょう?
しかも、なぜ成人女性の強姦件数まで抑止する必要があるのでしょう?
 (グラフにはありませんが、13歳未満の英国強姦件数は
   1960年以降ずっと横ばいです)

普通に考えれば、単純所持禁止が期待される効果とは、
児ポ流通抑止や違反者への制裁措置であるはずで、
強姦抑止や強姦犯罪者への制裁は強姦罪が担うべきものです。


英国の強姦件数増加の原因としては、

  強姦罪告発要件の緩和 (1970年から匿名でも可能)
  強姦罪の定義拡大 (配偶者からの性行為強要が追加された)
  被害者支援体制の充実 (Rape Crisis centre、SARC)

などが考えられます。

残念ながら私の貧困な英語理解能力では、
英国のサイトから情報収集することは困難で、
色々あたって翻訳サイトなど駆使して調べましたが、
上記要因を根拠として断言できるレベルには至っていません。

しかし、資料をあさる気持ちがおありならば、
そっちの可能性も考慮に入れておく方が
よろしいのではないかと思います。

>>規制賛成派というのがどこまで信用できるか疑わしくなる。

規制反対派は、私の上記リンクエントリの主張に全く反論できていません。
それでいながら、私が作成したグラフをそのまま、もしくは改変して
単純所持禁止 = 強姦罪増加の要因 の根拠として
あちこちにばらまいています。

したがって、信頼に値しないのは規制反対派の方であると
考えております。

注 ・ 「信用できるか疑わしい」 などの文言に関しては、
     その後の gma 氏のエントリで訂正・謝罪がありましたので、
      以降は該当する議論を割愛します。


なお、付け加えておきますが、私は16歳未満不法性的交流の
減少傾向も、英国児ポ法と何の関係もないと考えています。
減少傾向は、頒布禁止以前から始まっているからです。

繰り返しますが、犯罪の起因要素を表現規制のみに
求めるという発想自体無理があると思いませんか?
もっと露骨に言えば、デンパが強すぎるとは思いませんか?


               (以上、コメント終了)





残念ながら、コメントは承認制なので、
現時点では反映されていない。

ついでだから、トラックバックも打っておいたが、
どういう反応があるか、要注目である。



       前の記事 : カタルシス理論支持者は性犯罪被害の増加を心から望んでいる!  このカテゴリの目次 次の記事 : 何を信じろ?反対派のウソは信じるなと言いたい!












トップページに移動











captain_nemo_1982 at 09:00│Comments(2)TrackBack(0)間違いだらけのカタルシス理論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月29日 01:22
>グラフを基に、「児童ポルノ規制は、犯罪を抑制していないではないか」 と主張していました。
>それだけならまあ、どこにでもいる 「ダマされやすい規制反対派」 の
>一人に過ぎないという事でどうという事はないのですが、

児童ポルノ規制が本当に、犯罪を抑制するなら
規制した国では性犯罪が減ってるはず、しかしそうなってはない。

>増加傾向がみられるのは1984 1985年からですが、
>単純所持禁止は1988年で、その前後に有意な変化は見られません。

規制後の89,90年には強姦数、誘拐数は上昇してる
その後も右肩上がり

>すなわち、強姦件数増加の要因は他にあり、
>単純所持禁止は何の影響も与えていない、と読み取るべきです。
>これは、スコットランドやサイバー条約の影響に関しても同じです。

規制をしても犯罪が増えてるのに、その要因を他に押し付けるのか

>大体、犯罪の起因要素は、ほかにも貧困や治安状況などがあり、
>表現規制のみを原因とするのは合理的ではありません。

じゃあなんで規制するんだよ
規制派の理論は無茶苦茶だ

>いくらかは原因があるのかもしれませんが、規制の影響のみを
>統計から純粋に抽出するのは技術的に不可能でしょう。

じゃあ最初から規制するなってことだ

>単純所持禁止が、なぜ強姦などの性犯罪を抑止する必要があるのでしょう?

なんのために規制したわけ?
抑止する必要がないなら最初から規制するな

>しかも、なぜ成人女性の強姦件数まで抑止する必要があるのでしょう?
 
成人女性「だけ」の強姦件数が増えてるわけではない
「全年齢」の強姦が増えてる
未成年の被害も、「全年齢」の強姦に加算されるだろ

>(グラフにはありませんが、13歳未満の英国強姦件数は  1960年以降ずっと横ばいです)

じゃあ規制した意味なくね
横ばいならさ
2. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月29日 01:23

>英国の強姦件数増加の原因としては、
> ● 強姦罪告発要件の緩和 (1970年から匿名でも可能)

なら70年から強姦件数が増加してるはずでしょ

> ● 強姦罪の定義拡大 (配偶者からの性行為強要が追加された)

配偶者からの性行為強要がそんなにあるかよ。

そもそもそれらが強姦増加の原因になってるわけないじゃん
いきなり規制後ガクンと増えてるんだからさ

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔