2013年04月16日

16歳未満不法性的交流について



間違いだらけのカタルシス理論


       前の記事 : 児童誘拐と重比率の問題  このカテゴリの目次 次の記事 : カタルシス理論支持者は性犯罪被害の増加を心から望んでいる!












 このエントリは 内閣府スレ★6 より引用しました
この文字色の部分に関しては、致命的に文章が読みづらかったため
私の方で大幅に書き直しました。このエントリの一番最後に元の記述を
掲載してあります。




220 名前:218[]
     投稿日:2008/09/01(月) 15:48:27 ID:fsguM2A5 [3/5]


ここの工作員captain_nemo_1982のブログ にある
英国強姦認知件数グラフの解釈記述も"嘘"。

英国認知件数その2
     
画像をクリックすると大きな画像が別画面で開きます

統計にある 「Unlawful sexual intercourse (合意による) 性交」
の項目を都合よく挙げているだけ。

16-13歳以下の児童への強姦発生の総比率は異常に高い統計数値などを隠し、スリ替えているという悪質解析。

さらに >>219 の英国統計エクセルファイルには、
Rape under 13-16(歳) の2003年以前の分別統計は
全く記載されていないから
ブログにあるような判断付けもおかしいのにも要注意。

 (※ちなみに「Unlawful sexual intercourse (合意による) 性交
     : 16歳未満」  について、1978年に3,491件。
   その後一時的に減ったが、2004年では2,958件 (= 436 + 2,522 ) 件
    と、増加しつつ近年回復傾向に。
     この統計が氷山の一角であるのも、否定できない。)


注・ 「Unlawful sexual intercourse」 は、16歳未満不法性的交流の事ですが、
   合意があるかどうかは問題とされていません。











271 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/02(火) 22:42:07 ID:aqGXo4e6 [1/10]

>>統計にある「Unlawful sexual intercourse (合意による) 性交」の
>>項目を都合よく挙げているだけ。


Sexual Offences Act 1956 (PDF) の 6ページ目

   6. Intercourse with girl between thirteen and sixteen.
       (13歳から16歳の少女の性行為)

によると、16歳未満の少女に対する性交は
いくつかの例外を除いて男の方に罪が科せられる。
例外とは、性犯罪暦が無い、24歳以下、16歳以上と判断しえた合理的な
理由が存在する、などだが、少女の同意は違法性を阻却しない。

別ページに訳文を投稿しておいた。

Sexual Offences Act, 1956 と 2003 の不法性的交流 原文と拙訳

 (自慢じゃないが英語はあんまり得意じゃないので、
  英語に堪能で 「訳の間違いに気づいた」 という方がいたら指摘していただきたいが、
   「例外規定の削減」 「定義拡大」 という事実があることは間違いないだろう。)


これは、日本による淫行条例のような位置づけと見ていいだろう。
すなわち、児童への違法性行為が児ポ規制に対してどう影響され、
推移したかを推し量る指標に十分なりうる。

注 ・ これには、犯罪統計を基にしたカタルシス理論に準拠すれば、
      という留保がつきます。


もちろん、児童への強姦件数年次別統計があれば一番いいのだが、
rape crisis のサイト ↓ においてなかったから、次善の策を選択した。

http://www.rapecrisis.org.uk/100yearsoffending.xls (リンク切れ)

2013/4/24 現在
 こちらでイギリスの犯罪統計のエクセルファイルを
    閲覧もしくはダウンロードできます。


A summary of recorded crime data from 1898 to 2001/02  
 (1898年から2001年までのデータ)

A summary of recorded crime date from 2002/03 to 2009/10
  (2002年から2009年までのデータ)


上記リンクが死んでいた場合は、yahoo!UK でキーワード検索し、
上位表示の gov.uk ドメインのリンクを辿れば、
同じデータを見つけることが出来ると思います。



272 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/02(火) 22:43:22 ID:aqGXo4e6 [2/10]

この選択が俺にとって 「都合がいい」 というのであれば、
M2A5氏にとって 「都合のいい」 データを提示すれば公平だ。

そして、 >>219 によれば、「全年齢強姦件数」 と 「児童誘拐件数」 が、
彼にとって 「都合のいい」 データである事が分かるだろう。

 (約3.4割の重比率とやらは、単年度しか示されていないので
   その数値の前後の増減を読み取れず、英国児ポ法の
     影響を推し量れない)

その2つの推移は、すでに俺のブログの検証に反映されている。

そして、それらと英国児ポ法の因果関係は全くないということは
立証されている。

  
注・これは、グラフを検討した限りでは、という留保が付きます。


ちなみに、rape crisis centre のエクセルファイルには、
13歳未満の不法性的交流のデータも存在するが、
これはほぼ横ばいなので、反映させてもあまり意味がない。
リクエストがあるなら、ブログのグラフに加えといてもいいけど。



273 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/02(火) 22:44:55 ID:aqGXo4e6 [3/10]

>> 16-13歳以下の児童への強姦発生の総比率は異常に高い
>>統計数値などを隠し、スリ替えているという悪質解析。


上記の通り、単年度のデータだけでは
英国児ポ法の厳罰化による影響を推し量れず、意味が無い。

>>さらに >>219 の英国統計エクセルファイルには、
>> 2003年以前の分別統計は全く記載されていないから
>>ブログにあるような判断付けもおかしいのにも要注意。


上記の通り、データが見つから無いから次善の選択をしたまで。
文句があるなら、その2003年以前の分別統計とやらを
自分で探して持ってくりゃ良いだけの話。

M2A5氏にもそれは不可能だったようで、苦し紛れに
全年齢強姦件数と児童誘拐件数を持ち出してきた。

そして、その目論見はものの見事に粉砕された。



274 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/02(火) 22:47:16 ID:aqGXo4e6 [4/10]

>> (※ちなみに「Unlawful sexual intercourse (合意による) 性交
>>     : 16歳未満」  について、1978年に3,491件。
>> その後一時的に減ったが、2004年では2,958件 (= 436 + 2,522 ) 件
>>    と、増加しつつ近年回復傾向に。


Sexual Offences Act 2003
The 2003 Act provides that the age of consent is 16.
  Sections 9-13
clarify that any sexual activity involving consenting children
under 16 is unlawful.

セクション9-13は、16の下で同意する子供たちが関係している
どんな性行動でも不法であることをはっきりさせます。


1956年の時点には存在していた例外規定が削除されている。
すなわち、いかなる理由があろうと16歳未満に対する性行為は
違法となった = 性犯罪の範囲が拡大した、という事であり、
認知件数が増えるのは当然の話。

ちなみに、賢明なる当スレROMのみなさんなら、>>220 のような主張は

 「児ポ法の処罰範囲が拡大して摘発件数が増えた事実をもって、
  あたかも同じ条件下で児ポ法違反が増加しているとの
   印象操作を行い、体感治安の悪化を煽る」

という、規制反対派が非難の的に挙げるレトリックと同種の欺瞞に
貫かれていることを看破していただけたことだろう。



275 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/02(火) 22:48:08 ID:aqGXo4e6 [5/10]

ついでにもうひとつ断罪しておこう。
「その後一時的に減った」 というのも随分恣意的な物言いだ。
俺のブログのグラフを見れば分かるとおり、
16歳未満の不法性的交流の認知件数は、
5180件あった1973年から、1237件の2000年まで、
一貫して減少傾向を示しているのだ。28年間が 「一時的」 なのか?

このような姑息な印象操作は、他の規制反対派の
名誉と信頼を著しく貶める行為と断言して間違いないだろう。

>>この統計が氷山の一角であるのも、否定できない。

その、 「否定できない氷山の一角」 という潜在性犯罪件数が
どのくらいあって、どのような推移を見せているのかの根拠が
全く提示されていない。

無視できないほど多いのか、無視していいほど少ないのか、
M2A5氏があげたソースでは全く判別できない。

したがって、このような推測は無意味。



294 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/03(水) 23:32:21 ID:hOiJ+CUs [1/3]

>>274 に関して、訂正がある。

>>いかなる理由があろうと16歳未満に対する性行為は違法となった

これは間違いで、加害者が被害児童を16歳以上と判断するに足る
合理的理由があれば、違法性は阻却される。

ただ、1956年には存在したいくつかの例外規定は
上の一件を除いて、全て削除されている。

また、1956年では挿入行為のみを不法性的交流の構成要件としたが、
2003年では一気に拡大し、たとえば加害者の肛門に被害児童の
体の一部 (指など) を挿入させる行為も、その定義に含まれるようになった。

したがって、

>>性犯罪の範囲が拡大した、という事であり、
>>認知件数が増えるのは当然の話。

という結論自体は変わらない。



295 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/03(水) 23:34:52 ID:hOiJ+CUs [2/3]

それから、>>271 で13歳未満の年度別強姦件数のデータが
見つからないと言っていた件だが、よくよく考えてみると、
13歳未満に対する性交はいかなる理由があろうと違法なので、
俺が >>272 で 「比較しても無意味」 としていた、
13歳未満に対する不法性的交流が、強姦罪にあたるのではないだろうか?

その辺は、日本の刑法もそのような扱いになっている事だし。

ということは、

  全年齢強姦件数          →        右肩上がり
  13歳未満不法性的交流件数 (=強姦?) →  ほぼ横ばい

なのだから、13歳未満が全年齢に占める比率は、
年々減少のカーブを描くという事になる。

ちなみに、 >>219 では Sexual assault を強姦としているようだが、

Sexual Offences Act 2003

↑ を見ると、構成要件は the touching is sexual なので、
これは日本で言う強制わいせつのようなものと考えていいだろう。








333 名前:218[]
     投稿日:2008/09/05(金) 15:05:43 ID:OmRWlj7S [3/8]


減少減少と目論んで必死な「Unlawful sexual intercourse (合意による)性交」
も2004年では2,958件 ( = 436 + 2,522 ) 件と、
増加しつつ近年回復傾向。
何度も繰りかえさせないでください(苦笑)


>>275

>>「その後一時的に減った」 というのも随分恣意的な物言いだ。
>>16歳未満の不法性的交流の認知件数は、
>>5180件あった1973年から、1237件の2000年まで、
>>一貫して減少傾向を示しているのだ。28年間が 「一時的」 なのか?

「一時的」でok。2004年までに2,958件と、増加傾向がまた戻ってきてるし。








362 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/06(土) 02:59:27 ID:t233N9l8 [8/11]

>> 2004年では2,958件 ( = 436 + 2,522 ) 件と、増加しつつ
>>近年回復傾向。何度も繰りかえさせないでください(苦笑)


繰り返されたくなきゃ、間違いを認めればいい。

>>「一時的」でok。2004年までに2,958件と、増加傾向がまた戻ってきてるし。

28年間という注釈をいれとけ。誤解を招くだろうが。
それとも、一時的であると印象操作したいという意図でもあるのか?

大体、増加傾向が戻ったから28年間は一時的でOKという
思考自体がおかしい。おのれの妄想に固執しすぎて、
論理的にモノを考えれなくなっているのだろう。








382 名前:331[]
     投稿日:2008/09/06(土) 18:45:19 ID:1ezXoZJO [2/2]


>>繰り返されたくなきゃ、間違いを認めればいい。
>>それとも、一時的であると印象操作したいという意図でもあるのか?

間違いと思っていないし印象操作つもりもないです
「一時的に」減少傾向が2004年に増加傾向、という解釈を行ったのも私の自由。


Unlawful sexual intercourse とは16歳未満との合意性交であり、
レイプ、性的暴行など同意のない行為に分類されていない。
すなわち、売買春や恋人同士、双方合意の親戚同士間などによる
性行為であり、本人らに被害者としての自覚はなく、自白や自首もなく、
発覚も難しく、ゆえに検挙率の増減の起伏は容易に起こりうる。

nemo 氏はこの Unlawful sexual intercourse の減少傾向を
児ポ事件減の事由としてブログに展開しているが、
一般にイメージされる 「性犯罪被害減少」 の実態を示す指標と
できるかどうかは大いに疑問である。

また、Counting Rules -countsexual08.pdf によると、主に恋人・婚姻間の
行為であると定義づけがなされているが、nemo 氏は理解していないようだ。


men who are legally married to girls under 16;
"those who are not but believe to be so;
and men under 24, not previously charged with such an offence, who believed the girl to be 16
or over and had reasonable grounds for this belief."
i.e.,"A man has sex with his girlfriend, knowing her to be under 16 but over 13."


 (以下拙訳。私の英語能力のせいか、M2A5 氏が原文を切り貼りして
   提示しているためか、今いち意味が通りませんが)


16歳未満の少女と合法的に結婚している男性 ;
 していなくとも結婚しているのと同じと認識している (内縁関係) ;
そして彼が24歳未満であり、同様の罪で前科がなく、
   少女が16歳かそれ以上であると彼が信ずるに足る合理的理由がある
すなわち、”少女が13歳以上16歳未満であると知りながら性行為に
 及んだ男性”










428 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/09(火) 01:43:34 ID:uDYhkpaB [5/12]

>>「一時的に」 減少傾向が2004年に増加傾向、
>>という解釈を行ったのも私の自由。


なんだか、 「一時的に」 が増加傾向のほうにかかっているような言い方だが、
>>220 をみれば、「一時的」 はあくまで減少傾向のほう。念を押しておく。

さて、28年間の減少傾向に対し、増加傾向はたったの1年間ってことか。
君の 「28年間は一時的」 によるなら、1年間などほんの一瞬だな。
少なくともあと5~60年は様子を見ないと増加傾向と確定できない、
という事になるな。

ところが、君はたった1年間の増加傾向こそ本来あるべき姿で、
28年間の減少傾向は偶然か何かの間違いか、くらいに軽く扱っている。
自分に都合の良い解釈を披瀝しているとしか言いようが無い。

それから、何度も言うが、君の解釈は2003年の法改正を
ちゃんと繰り込んだ上で増加傾向と結論付けているのか?

>>Unlawful sexual intercourse とは16歳未満との合意性交であり、
>>レイプ、性的暴行など同意のない行為に分類されていない。
>>一般にイメージされる 「性犯罪被害減少」 の実態を示す指標と
>>できるかどうかは大いに疑問である。


少女の同意は違法性を阻却せず、少なくとも君がこじつけに躍起になってる
児童誘拐なんぞよりよっぽど立派に性犯罪の一類として成立している。



429 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/09(火) 01:45:33 ID:uDYhkpaB [6/12]

>>また、Counting Rules -countsexual08.pdf によると、主に恋人・婚姻間
>>の行為であると定義づけがなされているが、
>>nemo 氏は理解していないようだ。


君が上げている英文は Sexual Offences Act, 1956 における
intercourse with girls under sixteen の違法性阻却要件と
ほぼ同内容で、9月3日にyahoo掲示板に和訳を投稿してある。

Sexual Offences Act, 1956 と 2003 の不法性的交流 原文と拙訳

(上記 yahoo 掲示板の投稿と同内容です。
  ちなみに yahoo 掲示板のリンクは切れてます)


もちろん、それを理解したうえで、16歳未満に対する性犯罪推移の
指標としている。

君が引用している英文は Sexual Offences Act, 1956 からのものでは
無いな。
ほぼ同内容でも、あちこちで記述が違う部分が見受けられる。

i.e.,"A man has sex with his girlfriend, knowing her to be under 16
   but over 13."
 (すなわち、女友達が13歳以上16歳未満と知りながら性交渉を持った男)

という文章も同様に、Sexual Offences Act, 1956 には見当たらず、
それが違法性阻却要件とどうつながっているのか、
すなわちその男の行為が違法なのか合法なのかは不明。

全文を見てみたいので、直リンクを張ってくれ。
わかってるだろうが、それを拒否するようなら、
全文を見られたくない理由が君の側に存在するとみなす。




430 名前:captain_nemo_1982 ◆Rkh.UWPg4k [sage]
     投稿日:2008/09/09(火) 01:47:12 ID:uDYhkpaB [7/12]

>>nemo 氏はこの Unlawful sexual intercourse の減少傾向を
>>児ポ事件減の事由としてブログに展開しているが、


児ポ事件なんて、どこで言ってるんだい?
俺は intercourse with girls under sixteen の減少傾向すら、
英国児ポ法の影響を受けていないと言ってるんだが。










443 名前:401[仕事前カキコ。次から名無しに戻ります]
     投稿日:2008/09/10(水) 10:27:13 ID:CZeetmd/ [1/2]


>>全文を見てみたいので、直リンクを張ってくれ。

 それが項目内、全文抜粋ですよ。PDF名も添えてましたし、もっと真面目に調べたらどうですか?



M2A5 氏は、ソース元を ”Counting Rules -countsexual08.pdf” としか
記しませんでしたが、私はなんとかそのPDFを探りあてて、
氏が原文の一部を隠蔽したり、元は無かった文言を付け加えるなどして
「例外規定」 を 「構成要件」 にすり替えるという悪辣なデータ捏造を
行っていた事実を立証したのですが、
これを含む連投が25を数え、ROMに顰蹙を買う結果となりました。

カタルシス理論批判というより、M2A5氏の議論姿勢批判に論点が
移ってしまっているため、ここには掲載しませんが、興味のある方は
内閣府スレ★6 の447から始まる
私の投稿をご覧ください。




                                (2012/2/5 entry)




       前の記事 : 児童誘拐と重比率の問題  このカテゴリの目次 次の記事 : カタルシス理論支持者は性犯罪被害の増加を心から望んでいる!








トップページに移動











captain_nemo_1982 の書き直し部分 ・ 原文と修正分

382 名前:331[]
     投稿日:2008/09/06(土) 18:45:19 ID:1ezXoZJO [2/2]


Rape、SexualAssault、w/o consent にも分類されていない Unlawful (合意)性交
= 買売春か,恋人間柄・双方合意の親戚間柄と……合意上なのに通報?
…それに本人らは"被害者"としての自覚&自白&自発通報も無く、発覚も難しく
検挙率にも増減の起伏は容易に起こりうるとみなしました。被害傾向を示すものか、大いに疑問。

本日、他文書にてやはり以下の定義付。nemo氏はこの定義を理解してないままブログ展開(苦笑)
"men who are legally married to girls under 16; those who are not but believe to be so;
and men under 24, not previously charged with such an offence, who believed the girl to be 16
or over and had reasonable grounds for this belief."
i.e.,"A man has sex with his girlfriend, knowing her to be under 16 but over 13."

主に、恋人・婚姻関係等としてCounting Rules -countsexual08.pdf-に。
とりあえずこれが児ポ事件減の事由としてnemo氏はしきりに使っているみたいですが(爆笑)



↓  ↓  以下修正後 ↓  ↓

Unlawful sexual intercourse とは16歳未満との合意性交であり、
レイプ、性的暴行など同意のない行為に分類されていない。
すなわち、売買春や恋人同士、双方合意の親戚同士間などによる
性行為であり、本人らに被害者としての自覚はなく、自白や自首もなく、
発覚も難しく、ゆえに検挙率の増減の起伏は容易に起こりうる。

nemo 氏はこの Unlawful sexual intercourse の減少傾向を
児ポ事件減の事由としてブログに展開しているが、
一般にイメージされる 「性犯罪被害減少」 の実態を示す指標と
できるかどうかは大いに疑問である。

また、Counting Rules -countsexual08.pdf によると、主に恋人・婚姻間の
行為であると定義づけがなされているが、nemo 氏は理解していないようだ。


men who are legally married to girls under 16; those who are not but believe to be so;
and men under 24, not previously charged with such an offence, who believed the girl to be 16
or over and had reasonable grounds for this belief."
i.e.,"A man has sex with his girlfriend, knowing her to be under 16 but over 13."

 (以下拙訳。私の英語能力のせいか、M2A5 氏が原文を切り貼りして
   提示しているためか、今いち意味が通りませんが)

16歳未満の少女と合法的に結婚している男性 ;
 していなくとも結婚しているのと同じと認識している (内縁関係) ;
そして彼が24歳未満であり、同様の罪で前科がなく、
   少女が16歳かそれ以上であると彼が信ずるに足る合理的理由がある
すなわち、”少女が13歳以上16歳未満であると知りながら性行為に及んだ男性”













captain_nemo_1982 at 10:00│Comments(4)TrackBack(0)間違いだらけのカタルシス理論 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2013年06月04日 01:41
http://www.unodc.org/unodc/en/data-and-analysis/statistics/crime.html
のsex violence とkidnappingの項目で付き合わせるしかないかね?
わたしゃこのデータしか知らんのでね。OECDので見つけたのはレイプ全体の件数だけだったし

元データ探してみるか
2. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月27日 17:50

児童ポルノ規制した国では、依然、子供の誘拐が多い。
これは児童ポルノ規制の影響としか考えられん
本当に児童ポルノ規制の影響ではない、と言うなら
何故、児童ポルノ規制した国では、依然、子供の誘拐が多いのか?説明できるか?

 
未成年だって「全年齢強姦件数」の一部に所属してるだろ
まさか未成年の強姦被害は、「全年齢強姦件数」にカウントされないとでも思ってるのか?

必死だね。単純所持規制した88年以降、ずーっと強姦、誘拐数が増えてる
これで因果関係は見出せないとか・・・
だから規制派は馬鹿なんだよ
データすら無視するから話にならんwな

3. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月27日 17:59

>>さらに >>219 の英国統計エクセルファイルには、
>> 2003年以前の分別統計は全く記載されていないから
>>ブログにあるような判断付けもおかしいのにも要注意。

上記の通り、データが見つから無いから次善の選択をしたまで。
文句があるなら、その2003年以前の分別統計とやらを
自分で探して持ってくりゃ良いだけの話。

>M2A5氏にもそれは不可能だったようで、苦し紛れに
>全年齢強姦件数と児童誘拐件数を持ち出してきた。
>そして、その目論見はものの見事に粉砕された。

増えてるじゃん、強姦も誘拐数もw

>1956年の時点には存在していた例外規定が削除されている。
>すなわち、いかなる理由があろうと16歳未満に対する性行為は
>違法となった = 性犯罪の範囲が拡大した、という事であり、
>認知件数が増えるのは当然の話。

16歳未満に対する性行為が違法になったのは「2003年」から
そして、データでは2002年まで、強姦などの性犯罪がずーっと伸びていた
よって
「2003年の法改正で、性犯罪の範囲が拡大した、という事であり、
認知件数が増えるのは当然の話」
という主張は通用しない

そもそも、性犯罪の範囲が拡大したからなに?
性犯罪をやらない奴には関係ない
性犯罪をする奴が多いっていう証拠じゃねえかw

>16歳未満の不法性的交流の認知件数は、
>5180件あった1973年から、1237件の2000年まで、
>一貫して減少傾向を示しているのだ。28年間が 「一時的」 なのか?

70年代から、2000年まで何があったか?
ポルノ普及、ネット普及だ
ポルノを見て、性欲を発散できるからこそ
16歳未満の不法性的交流の認知件数が、下がった、というべきだ


4. Posted by わらぽん村の名無しさん   2013年07月27日 18:02

>また、1956年では挿入行為のみを不法性的交流の構成要件としたが、
>2003年では一気に拡大し、たとえば加害者の肛門に被害児童の
>体の一部 (指など) を挿入させる行為も、その定義に含まれるようになった。

性犯罪の範囲が拡大したからなに?
性犯罪をやらない奴には関係ない
性犯罪をする奴が多いっていう証拠じゃねえかw
どれだけ拡大してもな、肛門に挿入する奴がそれだけ多いって証拠じゃねえかw

>全年齢強姦件数          →        右肩上がり
>13歳未満不法性的交流件数 (=強姦?) →  ほぼ横ばい

ほぼ横ばい、ってことは「規制の効果はない」ってことじゃねえかw

>減少減少と目論んで必死な「Unlawful sexual intercourse (合意による)性交」
>も2004年では2,958件 ( = 436 + 2,522 ) 件と、
>増加しつつ近年回復傾向。
>何度も繰りかえさせないでください(苦笑)

増加している。
つまり、規制のせいで性犯罪が増加したじゃねえかw

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔